街中でも小さな家でも、心地よい緑を取り入れるには?プラン、窓、敷地選びについて解説

大屋根が印象的な家と呉屋さん親子

家で過ごす時間が増えている今、「在宅していても自然を感じたい」という声が高まっています。この流れを意識した家づくりも行われるように。

敷地が自然に恵まれていなければ実現できない、と諦める必要はありません。公園の借景を利用したり、敷地の庭の様子を取り入れたり。生活にグリーンを取り込む方法は、じつはいろいろあります。家づくりの計画の際には、ぜひ、専門家と一緒に検討してみましょう。

気軽に緑を楽しめる家づくりのテクニックを紹介。一級建築士の山縣洋さんが12個の項目について解説します。

1. 景色を切り取る窓を設ける

はめ殺し窓は緑を眺めるために有効

住まいに緑を取り込む方法として、まず考えられるのが窓を設けて外が見えるようにすること。窓にはさまざまなタイプがありますが、緑を眺めるために有効なのが、はめ殺し窓です。

窓といっても風を通したり出入りしたりはできませんが、視覚的には外とつながりますし、サッシの桟が邪魔しないので、景色を楽しむには効果的。

この写真のように、緑あふれる美しい景色を大きく切り取り、絵画のように楽しむことができます。

2. 見たいもの、見たくないものによって窓の位置を決める

窓を設ける際は目線の高さを意識する

窓を設ける際は、見たい景色と見たくない景色をどう切り取るかがポイント。目線の高さを意識することが必要です。

たとえば、和風建築に多く見られる地窓。床から1mの窓を設定すると、畳に座ったときの目線の高さになり、立っているときはあまり美しくない景色でも、下の部分だけを切り取ることができます。

また、床から1m60㎝より上に窓を設ければ、目線より高いので自然と見上げる形になり、空や樹木の上の部分だけを眺められます。

3. 窓の目的に合わせてサッシを選ぶ

はめ殺しと片開きサッシの組み合わせ

景色を楽しむ場合ははめ殺し窓を選びますが、テラスなどに出入りしたり風を通したりしたい場合には、はめ殺しと片開きサッシを組み合わせると、緑を楽しみつつ出入りもできます。フォールディングサッシなどの全開放できるタイプもあります。

外側に窓がせり出す横すべり出し窓

水回りなどには、外側に窓がせり出す横すべり出し窓が有効。デザイン的にすっきりしているので、風を通しつつ、建物にも違和感なくなじみます。

4. 中間領域をつくって内と外とをつなげる

庇を深く出し、ウッドデッキを設置

昔の日本の住宅では、縁側があったり障子でやんわり仕切ったりと、建物の内側と外側があいまいにつながっていました。現代の建築においても、この「中間領域」と呼ばれるあいまいな空間をつくることで、内と外をつなげて緑を楽しむことが可能。

中間領域のつくり方としては、写真のように庇を深く出し、ウッドデッキを設置するなどの方法があります。中と外をより自然につなげるには、室内の床と外の床のレベルをそろえることも重要なポイント。

5. 玄関や浴室からも緑を楽しむ

視線を上げると緑と空が見えて開放的な玄関

緑の眺めを重視する場所としては、やはり滞在時間の長いLDKを中心に考えるのが一般的ですが、おすすめの場所は、玄関やバスルーム。写真は玄関を入ったところで、視線を上げると空と木が見え、とても開放的です。

浴室から緑を楽しむ

バスルームの場合はのぞかれないようにするため小さい坪庭をつくることが多いです。

バスルームにウッドデッキを設ける

ただし、環境が整えばウッドデッキを設けて外に出られるようにすることもできます。

6. 目線の高さの違いによる風景の変化を意識する

2階の窓から見える庭

緑の見え方は、どこから見るかによって大きく変わってくるので、断面で考えることも大切です。たとえば、上の写真は2階の窓から見える庭で、同じ庭を1階から見たのが、下の写真です。

1階の窓から見た庭

2階は光を浴びた緑の葉が生い茂っていますが、1階は葉が少なく光も遮られています。これが樹木の面白さで、視点が変わると同じ庭とは思えないくらい風景が違って見えますから、それを意識して間取りや窓の位置を考えていく必要があります。

7. 公園や緑地などに面した土地を選ぶ

緑が見える土地を借景として取り込む

緑を楽しみたい人におすすめなのは、どこか1か所でもいいので、公園や緑地などの緑に接している土地です。

敷地が広くて庭をたっぷり設けられるのであれば理想的ですが、それほど大きくつくれない場合がほとんど。借景は非常に重要なポイントになります。これは自邸ですが、西側が緑地に面していたので、ここに決めました。これから土地を探すのであれば、少しでも緑に接していたり、緑が見えたりするような土地を選ぶといいでしょう。

8. 起伏のある土地をうまく生かす

斜面に建つ平屋

この住宅は20度くらいの斜面に建つ平屋です。

スリット状の開口から竹林を眺める

スリット状の開口から隣の竹林を眺められるようになっています。傾斜があったり段差があったり、起伏があったりする土地は、家を建てにくいことから宅地として分譲する際に平坦に造成されることが多いですが、地形をうまく生かせば、より緑を楽しむことができます。

ちなみに、この住宅の場合は造成する前に土地を買ったので、そのぶん値段を下げてもらうことができました。このような土地を探してみるのもおすすめです。

9. 中庭でプライバシーを確保しつつ緑を楽しむ

中庭を作って緑を楽しむ

借景を得られない敷地の場合は、中庭をつくって緑を楽しむことも可能。このケースでは、中庭を囲う2辺の壁の足元を1mくらい開けることで、目線のラインは壁で遮りつつ、風が抜けるようなイメージで圧迫感をなくしています。

三角形の中庭

こちらは周囲を建物に囲まれた小さな住宅。北側に三角形の中庭をつくり、太陽光を壁に反射させて室内に光を取り込みつつ緑を楽しみます。小さな敷地でも、工夫次第で緑を楽しむことは可能です。

10. 既存の樹木を尊重して庭をつくる

既存の樹木を尊重したプラン

木は生き物なので、その土地の日当たりや土壌の質、水はけなどに合ったものを選ぶことが大切。敷地にもともと生えていた木は、その環境に合っているわけですから、できるだけ切らずに尊重してプランをつくりましょう。

地元の植木屋さんや近所の人に話を聞いたり、庭を見せてもらったりしてもいいかもしれません。また、ある程度起伏があると緑の面積が増えるので、工事の際に出た土などを利用して写真のように丘をつくり、緑で覆うのもおすすめです。

11. 眺めるだけでなく緑に近づくことも大切

2階テラス

中間領域を1階につくるか2階につくるかは、それぞれにメリット・デメリットがあります。

庭いじりなど積極的に緑を楽しみたい人は1階のほうがいいのですが、プライバシーという点では2階より劣ります。中間領域を2階に設ける場合でも、眺めるだけでなく、外に出て緑に近づくことは大切。

写真の2階テラスは、じつは道路に面していますが、腰壁により道路からは見えないので、お茶などを飲みながら借景の緑とつながることができます。

12. 手入れがラクな庭もつくれる

手入れがいらない庭

「緑は楽しみたいけれど、お手入れは苦手」という人もたくさんいます。じつは、工夫次第で、ほとんどお手入れがいらない庭をつくることもできるのです。

写真の庭は、コンクリートで囲んだ中に築山のような庭をつくり、サルスベリを1本だけ植えて、足元にアイビーを配しています。アイビーはすごく強くて地面を覆ってしまうので、雑草もほとんど生えません。サルスベリは落葉樹ですが、地面に落ちた葉っぱは腐って土になります。

まとめ 緑を取り入れて豊かな暮らしを楽しんで

緑を楽しむ家をつくるときにいちばん気になるのは、やはりプライバシーだと思います。外から見られてしまうのが気になって、カーテンやブラインドを下ろしたまま暮らしている家をよく見かけますが、そうなってしまうのはできれば避けたいですね。

窓の配置や中庭のつくり方など、プライバシーを確保する方法はたくさんあります。どんなに敷地が狭くても、庭のお手入れが苦手な人でも、生活を豊かにしてくれる、緑を取り入れた住まいをおすすめしたいです。

●教えてくれた人/山縣 洋さん
1985年東京工業大学建築学科卒業、1987年同大学大学院修士課程修了。竹中工務店、OMA(オランダ)勤務を経て、2002年山縣洋建築設計事務所設立

撮影/フォワードストローク、松井 進 ※情報は「住まいの設計2021年8月号」取材時のものです

Source: 日刊住まい

タイル汚れに苦戦して9年。たどり着いた答えは「目地クリーン」でなぞるだけ

モザイクタイルの目地

水回りをおしゃれな雰囲気にしたいと、モザイクタイルを使う人が増えています。しかし、毎日使っていると、目地の汚れが目立つようになり、掃除が大変なのが難点。

9年前に家を建てた日刊住まいライターも、洗面台にモザイクタイルを使用。使っているうちに、目地の汚れや黄ばみが気になり悪戦苦闘。そしてたどりついたのが、修正液のようなペンタイプの塗料「目地クリーン」でした。

実際に使ってみると、目地が新築当時と同じ白さになり感動。さっそくレポートします。

モザイクタイルを採用するだけで、特別な空間になる洗面台

TOTOの丸型の洗面ボウルと組み合わせたモザイクタイル
わが家の洗面台に採用したのは、一辺が2.5㎝の青味がかかった小ぶりのタイル。TOTOの丸型の洗面ボールと組み合わせました。

タイル選びはサンプルで小さなもので見るのと、広範囲で取りつけた場合とでは、大きく印象も変わります。そこで、あまり主張しすぎないカラーのものを選びました。

実際に施工してもらったときには「なんてすてきなんだろう」と感動。タイルの光沢も清潔感があって、汚れてもふき取ればいいのかなくらいに思っていました。

目地の汚れは、クエン酸や重曹を使っても十分にきれいにならず

モザイクタイルの目地は汚れやすい

予想通りタイルについた汚れもふき取るだけで落ちますが、問題は目地の汚れでした。

建って間もない数年は、あまり気にならなかったのですが、使っているうちに目地の汚れが目立つように。そして、気づいた時には「しまった!」と思うほど黒ずみが発生。目地にはホコリもたまりやすく、長時間放っておくとふき取るだけでは落ちません。

少しでも掃除をおこたると、目地の汚れはすぐに黒ずみに変わります。さらに水アカもなかなか取れない状態に。手洗いや歯磨きあとの水はねをそのままにしていたことが、原因だったようです。

汚れに応じてクエン酸や重曹を使い分けて歯ブラシ等で汚れを落とす

お掃除で万能なウタマロクリーナーを試したこともありましたが、効果はあまり感じられない結果に。研磨剤も使ったことがありましたが、汚れに応じてクエン酸や重曹を使い分けて歯ブラシ等で汚れを落とす方がベターだなと思いました。

タイルのサイズにもよりますが、大きいブラシだと目地をしっかり掃除できないので歯ブラシの大きさがぴったり。
ゴシゴシと磨いたらぞうきんやタオルでふき取る、を繰り返すとある程度きれいになります。

飛び散った水や目地にたまったホコリをふき取る

ホコリがたまると見た目が悪いだけでなく掃除もしにくいし、一度ついた水アカは落とすのに苦労します。できるだけ毎日飛び散った水や目地にたまったホコリをふき取っていました。

たどり着いたのが「目地クリーン」。目地の黄ばみが真っ白に

タイルの目地の黄ばみ
掃除はしたものの9年も毎日使っていたこともあって、一部目地が黄ばんでいるところがあります。
こすったりオキシクリーンや漂白剤など使ったりしても、なかなか取れません。

東山工業の「目地クリーン」

そして最後にたどり着いたのが、東山工業の「目地クリーン」(容量8g入り、550円・税込み)です。

東山工業の「目地クリーン」で目地を塗っているところ

ペンタイプの修正液のような仕組み。ペン先が角型になっていて、目地に沿って白いインクを簡単に目地に塗れます。

「汚れを落とす」という根本的な解決にはなりませんが、インキには防カビ剤が配合されているので、防カビの効果も期待できます。

今までは、黄ばみや黒ずみのある場所と、汚れの少ない白い場所の差が気になっていたのですが、目地クリーンをペンでなぞるように軽く塗っていくと統一された白さに。

近くで見るとやや塗った感がありますが、長年掃除に苦戦してきたのがうそのよう。10年近く使用した洗面台が、きれいになり大満足です。

モザイクタイルのオリジナリティあふれる雰囲気は、9年たった今も気にいっています。お手入れとメンテナンスをしながら、大事に使っていきたいと思っています。

Source: 日刊住まい

マスクや使い捨ての日用品の収納に、ダイソーの「ウェットティッシュケース」を活用

机に置いたダイソーのウェットティッシュケース

使い捨てマスクやスポンジなど、こまごまとした使い捨ての日用品の収納。「どう保管したらスッキリする?」と悩んでいる方もいると思います。

マスクをもっとスムーズに取り出す方法や、清潔にまとめて収納する方法はないかと悩んでいた日刊住まいライターが見つけたのは、ダイソーの「ウェットティッシュケース」。使ってみたらメラミンスポンジや、ポリエチレン手袋などもスッキリ収納できて感激したそう。これは試してみる価値ありです!

アイテムをひとつづつ、取り出しやすくしたい

毎日使うマスクや使い捨ての日用品。筆者はこれらを収納する際、以下のようなことに悩んでいました。

袋入りの使い捨てマスク

20枚以上のマスクがひとつの袋に入っている、袋入りの使い捨てマスク。取り出す際、耳にかけるゴムがほかのマスクのゴムに引っかかり、なかなか出てきません。何枚も一緒に出てきてしまうこともあり、余分なマスクを入れ直すのも、けっこう面倒でプチストレス。袋をあける部分の粘着力が弱まったり、袋自体が破れてしまったり。あけっ放しになることで衛生面に対する不安もありました。

箱入りの使い捨てマスク

袋入りよりは取り出しやすい箱入りの使い捨てマスク。しかし、枚数が減ってくるとやっぱり取りにくい。箱入りで販売されている使い捨てマスクは、50〜60枚程度のものが多いため、箱にはそれなりの深さがあります。取り出し口も比較的狭いつくりになっているので、残りが少なくなると箱の深さがじゃまをして、手を中まで入れる必要があるのです。

メラミンスポンジ

袋入りのものがほとんどなので、袋をあけたあとは輪ゴムで止めておくか、そのまま保管しておくしかありません。引き出しをあけたときにスポンジが何個か出てきてしまったり、輪ゴムを外して取り出し、また止め直したり…といった作業が手間に感じていました。

ポリエチレン手袋

さっと取り出して使いたいポリエチレン手袋。しかし、くっつきやすくて、使いたいときにプチストレス。置き場所にも困っていました。

コスパよし!110円で大活躍の救世主「ウェットティッシュケース」

ウェットティッシュケースの本体と底部分

使い捨てグッズをスッキリ収納させるべく見つけたのが、ダイソーの「ウェットティッシュケース」です。価格はもちろん110円(税込み)。サイズは、縦11.1×横17.6×高さ7.4cmです。

ウェットティッシュケース本体の裏面

フタはワンプッシュになっているので、片手での開閉が可能です。

使い方も簡単。底部分を外して中身を入れたあと、フタを被せるように底部分と合わせるだけでOK。ケース本体はプラスチックなので、汚れてもふき取りや丸洗いができます。

マスクがぴったり収まり取り出しも簡単!水きりネットや手袋の収納にも

ウェットティッシュケースに入れた使い捨てマスク

「ウェットティッシュケース」は、使い捨てマスクなら40枚程度の収納ができます。1枚ずつの取り出しがスムーズにできるため、取り出しの際のストレスが解消しました。補充も簡単にできます。

ケースは白の無地なので、名前を書いたり目印をつけたりすることで、だれのマスクケースか、なにが入っているかなどもひと目でわかります。好みにデコレーションして、インテリアのひとつにしても!

使い捨てマスクがシンデレラフィットするコンパクトなサイズなので、置く場所にも困りません。玄関に置いておくことで、マスクを忘れて外出してしまうことも防げています!

ウェットティッシュケースに入れたメラミンスポンジ

どう収納すべきか悩んでいたメラミンスポンジも入れてみました。大きさにもよりますが、取り出し口のサイズに合わせて8〜10個分を半分に切って収納しています。

使い捨ての日用品

このほかにも、取り出しにくかったポリエチレン手袋を収納してみたところ、半分に折り曲げた状態で40枚程度の収納ができました。
どれもスムーズに取り出せるので、これからも収納するものを増やしていけそうです。

紹介したもののほかに、水きりネットやフローリングシート、ビニール袋なども「ウェットティッシュケース」に収納して便利に使えそうです!ぜひみなさんもお試しください。

Source: 日刊住まい

いきなりステーキ『目玉焼き付チーズトマトハンバーグ』を食べる際に注意しなければならない “3つ” のこと

いきなりステーキが2021年9月13日から10月31日までの間、ハンバーグフェアを開催するそうだ。それに合わせ同店の看板商品である “ワイルドハンバーグ” の進化系『目玉焼き付チーズトマトハンバーグ』が販売される。 さっ […]
Source: ロケットニュース24

【美味い】話題のロッテ「紗々」とコージーコーナー「ミルクレープ」がコラボした「紗々ミルクレープ」を食べてみた / 驚異の競争率

「開店から20分か30分くらいで売り切れました」 ネットで話題の、チョコ菓子「紗々」と銀座コージーコーナーがコラボした「紗々ミルクレープ」。2021年9月14日から販売が開始された新作だ。しかし販売初日に最寄りの取り扱い […]
Source: ロケットニュース24

【付録】アウトドアでもテレワークでも使える! 雑誌『MonoMax』最新号に付いてくる「ロゴス」の吊り下げ収納ケースが機能的でイイ感じ!

アウトドアブランドの物ってちょっと高価で良いものってイメージがある。チャムスとかコールマンとか。だから付録でそういったものが付いてくる雑誌を見つけるとついついチェックしちゃうんだよね。 今回気になったのは『MonoMax […]
Source: ロケットニュース24

据置型ガスコンロと壁の隙間を埋める山崎実業のラック。道具のちょい置き&汚れ防止に

ガスコンロ奥に設置したtowerコンロ奥隙間ラック

毎日使うキッチンは、少しでもラクに掃除をしてキレイに保ちたい場所。しかし、据置型ガスコンロの場合、周りには隙間に、飛び散る油汚れや調理カスがたまってしまいがち。掃除しにくいことも難点です。

そんな悩みを抱えていた日刊住まいライターが見つけたのが、towerの「コンロ奥隙間ラック」。据置型ガスコンロのデメリットを解消し、コンロ回りがぐっと使いやすく、掃除もしやすくなりました。さっそくその使い勝手のよさをレポートします。あわせて、掃除がラクになるプチプラグッズも紹介。据置型ガスコンロを使用している方は必見です。

据置型ガスコンロの悩み!段差があって使いにくい&掃除がしにくい

コンロ台に置いた据置型ガスコンロ

転勤族のわが家は、賃貸マンション住まい。キッチンでは、コンロ台に置いて使う据置型ガスコンロを使用しています。そのため、どうしても背面に隙間ができてしまうのが気になっていました。

ここに油汚れや調理汚れが飛び散ってしまうと掃除にもひと苦労。コンロ回りの汚れ防止のため、油はねガードを使ってみたりもしましたが、どうもスッキリしないうえに、だんだん汚れが目立ってきます。

また、コンロと台に段差があるため、コンロに調味料や鍋をちょい置きすることもできず、プチストレスとなっていました。

ガスコンロの奥にシンデレラフィット!towerの「コンロ奥隙間ラック」

towerのコンロ奥隙間ラック

そんなときに見つけたのがtowerの「コンロ奥隙間ラック」です。大きさが幅58㎝、高さ19.5㎝、奥行き11㎝で、コンロ奥にぴったりなところが購入の決め手でした。
価格は3465円(税込み)です。

towerのコンロ奥隙間ラックをガスコンロ奥に設置

ぱっと見は、ただのシンプルなラックですが、「コンロ奥隙間ラック」をコンロ奥に設置するとビックリ。

ガスコンロ奥にピッタリのコンロ奥隙間ラック

この通り、シンデレラフィット!コンロ台との隙間や段差がなくなり、まるでフラットタイプのコンロのよう。

コンロの色と隙間ラックの色を合わせることで統一感が生まれました。それだけではありません。飛び散る汚れを防止してくれ、スッキリ広く見せることができます。

調理中ガスコンロ奥に調味料やミルクパンを一時置き

使用中の調味料やちょい置きしたいミルクパンなどを、一時置きできるようになりました!段差がなくなるだけでこんなに便利になるんだ!と実感。

コンロ奥隙間ラック上部の棚が開く様子

「コンロ奥隙間ラック」は上部の棚が扉タイプになっているため、開けて元栓を確認したり、サッとふき掃除をしたりするのにも、手間がかからず便利です。スチール製なので、汚れても簡単にふき取れます。

この商品を購入したおかげで、悩んでいた据置型ガスコンロのプチストレスから解放されました。

最初にガードがポイント!100均グッズをあわせて掃除もラクラク

筆者は、さきほど紹介した「コンロ奥隙間ラック」とともに汚れ防止のための100均グッズも使っています。
ガスコンロの周りを、きれいな状態のときにガードしておくと、その後、多少汚れてもラクに掃除ができます。そこで活躍するのが、2つの100均グッズです。
使用状況にもよりますが、半年に1回ほどの頻度で取り替えることできれいな状態を保つことが可能です。

アルミガス台シート

アルミガス台シートをコンロの下に敷く

アルミニウムはく製で、熱に強いガス台シートを、ガスコンロのサイズに合わせて折り曲げて使用しています。

アルミテープ

コンロとキッチン台の隙間をうめるアルミテープ

100均で買えるアルミテープで、コンロとキッチン台の隙間に貼って隙間に汚れが落下するのを防止しています。好きな長さに切ることができ調整しやすい!筆者はアルミテープを使用していますが、隙間を埋めるテープには透明、柄物などさまざまな種類があります。

コンロ回りがスッキリしたことで掃除がしやすくなり、きれいな状態を保てるようになりました。

Source: 日刊住まい

通勤時間が長くても、自然に囲まれて暮らしたい!子育て30代夫婦の大屋根の家

玄関からアプローチと土間を見たところ

「子どもには、自然を身近に感じてほしい」「室内にいながら、戸外ののびのびとした雰囲気を味わいたい」…。そんな建主の要望をかなえた注文住宅をご紹介します。

山も海も眺められる絶好のロケーションが気に入って、住まい手が購入したのは、山の斜面に擁壁を築いて造成された高低差のある敷地。一見マイナスに思える要素を逆手に取り、のびのびと子育てできる大らかな住まいを建てました。

写真は、玄関からアプローチと土間を見たところ。前庭にモミジなどの樹木を植えることでプライバシーを確保。樹木の成長を考慮して設けた屋根のスリットから、木漏れ日が降り注いでいます。

自然を身近に感じながら、ストレスなく子育てしています

呉屋さんの家 愛知県 家族構成/夫30代 妻30代 長女幼稚園児 次女幼稚園児 長男幼児
設計/鈴木貴之建築製作所

《この家のこだわりポイント》

  1. 大きな吹き抜けが開放的なLDK
  2. リビングから出られる庭
  3. 落ち着いた雰囲気の畳スペース
  4. LDKと一体化するオープンな子ども部屋

敷地南側の芝生の庭からの眺め

敷地南側の芝生の庭からの眺め。高低差のある敷地を大きな屋根によって包み、左手の道路側から徐々に腰壁を立てて建物へとつなげています。

右側の擁壁の一部と車庫、左手の階段は残した

左隣の住宅と同じように道路側に設けられていた高さ3mほどの石積みの擁壁を撤去。右側の擁壁の一部と車庫、左手の階段は残し、コストを軽減しつつ周囲の街並みに溶け込ませています。既存の車庫は物置として利用。

広い土間や吹き抜けも緑との一体感を演出

道路まで伸びた大屋根が印象的な呉屋さんの家。緑の小道のような階段を上ると木々が屋根を突き抜けている前庭があり、窓と腰壁で囲われた玄関土間につながります。

土間と一体化したLDKは、吹き抜けを持つ大空間。光を反射し風に揺れる天井の布も、内と外との一体感を強調しています。

「緑はもちろん、遠くに海が見えたり、飛んでいる鳥が見えたりと、室内にいても外とのつながりが感じられるので、子育てでストレスがたまりそうなときも気持ちが落ち着きます」(妻)

建物は道路面よりも高いうえ、大屋根と植栽でカバーされているので視線は気にならず、庭でも室内でも、子どもたちをのびのび遊ばせることができます。

「通勤時間が多少長くなっても、自然に囲まれた暮らしがしたい」との思いから、山の斜面を造成した敷地を購入した呉屋さん夫妻。古家が建っていた敷地には高さ3mの擁壁があり、閉鎖的な印象でした。

「普通の工務店では難しいと思ったので」(夫)と、設計を依頼された建築家の鈴木貴之さんは、道路側に築かれていた既存の擁壁を半分ほど撤去。片流れの大屋根を架けてプライバシーを確保しつつ、庭や街、風景と緩やかにつながる住まいをつくり上げました。

当初は模型を見てビックリしたという夫妻。でも、吹き抜けや仕切りのないオープンな空間など要望したことがすべて盛り込まれており、緑に囲まれた暮らしに大満足だそうです。

戸外の緑、光、風…存分に楽しむためにこだわったポイントは?

POINT 1 前庭の植栽と大屋根でプライバシーを確保

前庭の植栽と大屋根でプライバシーを確保

一部を残して既存の擁壁を撤去し、圧迫感をなくしつつ片流れの大屋根を架けています。

片流れの大屋根

大屋根は背景の緑と調和する色に。前庭の植栽も道路からの視線をやわらげています。

POINT 2 斜面のアプローチも季節の変化を楽しむスペースに

大屋根のおかげで、雨の日も駐車場から濡れずに家に入れる

駐車場横の階段にはグラウンドカバーにダイコンドラを配し、その上の前庭にはモミジなど季節を楽しめる樹木を配置。大屋根のおかげで、雨の日も駐車場から濡れずに家に入れます。

POINT 3 リビングから行き来できる芝生の庭

既存のクロガネモチの木を生かした南の庭

既存のクロガネモチの木を生かした南の庭は、庭石も再利用。芝生を張り、リビングから直接出て遊べるスペースに。「子どもを外に連れていかなくてもいいので助かります」と妻。

POINT 4 LDKと外部空間とを緩やかにつなぐ土間

腰壁によって適度に視線をカット

LDKの西側に配された土間は、外と内とをつなぐ中間領域。LDKと一体の空間でありながら、腰壁によって適度に視線をカットしています。

LDKの西側に配された土間は子どものかけっこにも最適

ここは、子どものかけっこの場にも。

POINT 5 緑に囲まれたガラス張りのLDK

大きな開口部により、緑とつながるLDK

大きな開口部により、緑とつながるLDK。土間側には前庭の緑、正面は芝生の庭とその向こうの街並みや海まで眺められます。また、キッチンからは家全体も見渡せます。

POINT 6 床や壁などの仕上げには緑と相性のいい木を多用

床や壁には木を使用

夫妻の要望により、床や壁には木を使用。窓の外の緑との相性も抜群です。

外側は家と一体に見えるように、外壁に合わせてグレーに塗装

壁は、部屋側から見ると木そのものの色ですが、外側は家と一体に見えるように、外壁に合わせてグレーに塗装されています。

POINT 7 2階からも吹き抜けを介して緑を堪能

吹き抜けでつながる1・2階

「でっかいワンルームのよう」との夫の言葉どおり、吹き抜けでつながる1、2階は、大らかな空間。吹き抜けに面した2階の子ども部屋からは、1階の窓越しの緑も眺めることができます。

POINT 8 天井に吊るした布が光や風、緑の心地よさを増幅

日よけなどに用いられる屋外用の布を天井から吊るす

天井には日よけなどに用いられる屋外用の布をつるすことで仕上げを省略。布に光が反射したり、風で揺らいだり、緑が映えたりと、より自然を身近に感じられます。

どこにいても緑を感じられて快適です

吹き抜けにより2階とも一体化するLDK

土間を介して外の緑を感じ、吹き抜けにより2階とも一体化するLDK。天井の布も外とのつながりを強調し、仕上げを省くことでコストダウンも実現しました。布の内側には照明を配し、配線を隠しつつ布を通したやわらかな光を伝えています。

油跳ねを考慮して壁側にIH調理器を配置したキッチン

オープンなキッチンは油跳ねを考慮して壁側にIH調理器を配置。左手の腰壁の向こうは玄関なので、買い物から帰って荷物をしまうのもスムーズ。子どもたちが帰ってきたらすぐに顔を見られます。

食器などを収納したキッチンカウンター。子どもも自分で出し入れができる。

キッチンカウンターのダイニング側は食器などの収納に活用。子どもも自分で出し入れができます。

リビングから一段下がったところに設けられた畳スペース

手前のリビングから一段下がったところに設けられた畳スペースは、扉を閉めると個室になり、シアタールームにもなる多目的な空間。子どもがおもちゃを広げて遊ぶのにも最適で、左手の畳ベンチは腰掛けても、寝ながら映画を観てもOK。

洗面・浴室やトイレなどを配した1階東側からLDKを見たところ

洗面・浴室やトイレなどを配した1階東側からLDKを見たところ。明るさがぐっと抑えられており、開放感あふれるLDKとのコントラストも印象的です。

東側の小さな庭を眺めながらくつろげる浴室

東側の小さな庭を眺めながらくつろげる浴室。コンパクトな空間ですが、手前の脱衣スペースとの仕切りはカーテンのみなので広がりが感じられ、家族が一緒にお風呂タイムを楽しめます。

広いカウンターを備えた洗面スペース

浴室の手前側には、広いカウンターを備えた洗面スペースを配置。左手は階段下を利用した収納になっており、奥には洗濯機も配されています。

日当たりがよく、冬でも昼間は暖房いらず

LDKとつながる2階子ども部屋と、その奥の寝室を見たところ

LDKとつながる2階子ども部屋と、その奥の寝室を見たところ。吹き抜け側には、3人の子どもたちが並んで勉強できる長いデスクをつくりつけ。反対側には3人それぞれのベッドなどを置くスペースとロフトが設けられています。将来はカーテンなどで仕切ることも可能。

ロフトからの眺め

ロフトからの眺めも抜群。左手(東側)の高窓からは隣接する公園の緑が見えます。

天井までの窓が開放感をもたらす寝室

天井までの窓が開放感をもたらす寝室。クロゼットも扉のないオープンなスタイル。

ロフト上部の高窓から光が降り注ぐ子ども部屋

ロフト上部の高窓から光が降り注ぐ子ども部屋は、子どもたちのお気に入りのスペース。机の落書きやロフトの壁に貼られた子どもたちの作品も、楽しい雰囲気を演出しています。

1階にいる家族との会話も可能

1階にいる家族との会話も可能。吹き抜けの大空間は風通しも抜群で、エアコンはLDKの1台+サーキュレーターでOK。「冬は日当たりがいいので暖かくて、昼間は暖房を使いません」と夫。

間取図

呉屋さん邸の間取図

DATA

敷地面積/251.19㎡(76.12坪)
延床面積/101.57㎡(30.78坪)
1階/67.91㎡(20.58坪)
2階/33.66㎡(10.20坪)
用途地域/市街化調整区域
建ぺい率/60%
容積率/200%
構造/木造軸組工法
竣工/2017年10月

素材

[外部仕上げ]
屋根/アスファルトシングル
外壁/針葉樹合板+塗装、ガルバリウム鋼板小波
[内部仕上げ]
1階 床/フレンチパイン
壁/針葉樹合板、ラワン合板
天井/針葉樹合板、布
2階 床/チェリー
壁/針葉樹合板、ラワン合板
天井/針葉樹合板、布

設備

厨房機器/オリジナル(寿々源)
衛生機器/LIXIL
窓・サッシ/オリジナル、LIXIL

施工/豊中建設、スタジオハルガ
設計/鈴木貴之建築製作所

撮影/松井 進 ※情報は「住まいの設計2021年8月号」取材時のものです

Source: 日刊住まい