酷暑のときにマサイ族が行う「4つの暑さ対策」マサイ通信:第281回

スパ! 暑いらしいな、日本。すんげー暑いらしいな! オレの住むアンボセリは、そんなに暑くないよ。だいたい30度くらいかな。だから日本のほうが暑いよ今。気をつけろよ〜! 熱中症とか気をつけろよ〜!!

ということで今回は、マサイ族の戦士のオレが教える「4つの暑さ対策」だ。いつぞやかも同じようなことを教えたかもしれんけど、日本ヤバイらしいので、あらためて教えておく。オレたちは、こうやって酷暑の日を乗り越えてるぞ。

・その1:日陰に入れ

まずはコレ。日陰な。オレたちの場合は、木の下の木陰とかに行くことが多いな。とにかく温度の低い日陰に入れ。そしたらいくぶん涼がとれる。ていうか、だいたいオレたちは木陰にいるよ。直射日光の下にずっといることなんて、ほぼないな。日本にも日陰あるだろ。そこに避難しろ。

・その2:家に入れ

木陰でもキビシかったら家に入れ。オレらの場合は、真っ暗な「マサイの家」ではなく、ちょっと歩いた先にあるバー(という名の、単なる無人の小屋)に行くことが多いな。太陽ガンガンの時、このバーで涼みながら、みんなと何かを飲みながらダベるのよ。んで、日が沈んだら解散だ。

・その3:たくさん水を飲め

もちろん水分補給も忘れちゃダメだ。オレたちにとって水は貴重だけど、もったいぶらずに、ちゃーんと飲む。ガンガン飲む。だって水を飲まないと死んじゃうからな。オレたちだけじゃなく、家畜にも飲ませる。そのくらい水分補給は重要だ。「のどがかわいたー」と思う前に飲んでおけよ。

・その4:シャワーを浴びろ

最後はシャワーだ。水浴びして、体を冷やせ。暑い日は、そっせんして水浴びしろ。リフレッシュにもなるぞ。なお、マサイ族のシャワーがどんな感じなのかは、過去記事「生まれて初めてマサイ族の家でシャワーを借りたら、何から何まで予想外すぎてビックリした」を参照してくれよな。

──以上4つだ。サバンナの荒野に生きるマサイ族のオレたちでさえ、暑いときには上記の4点は守っている。暑さをナメちゃいけねえぞ。最悪、死ぬからな。とにかく「涼」をとることを忘れずにな。オレセリ〜!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です