【100均検証】震え上がる商品名! ダイソーの「ふわふわうんち 香り付」の香りとは一体どんなニオイなのか? 嗅いでみた!

いつからだろう。やたらとダイソーが「うんち推し」になったのは。ちょっと大きめのダイソーに行くと、けっこうな確率でうんちコーナーがあったりする。さらに「売れています!」とも書いてある。売れてるんか!!

しかし、そんな華やかなうんちコーナーではなく、普通のオモチャコーナーの、さらに大人の目線からでは届かないくらいの低い位置に……

問題のうんちは陳列されていた。

いったいなぜこのうんちは、うんちの殿堂「うんちコーナー」から外れてしまったのか。なぜ、隠されるように陳列されているのか。謎多きうんちだ。しかし、実際に手にしてみて、その理由が少しわかった気がする。

まず……

色がエグい。

うんちコーナーのうんちたちは、なんというか「ぱああぁっ!」と明るい色した明るいうんちだ。なかには黄金のうんちもある。とってもきらびやかで、スター性を感じるうんちたちだ。しかし、今回のは……

ダーク系……。

数あるダイソーのうんち商品の中でも、“かわいげがない” というか、若干の “本気さ” を感じる。オレは遊びのうんちじゃねえ。マジだ。と。

しかし、もしもマジだったら本当に困ってしまう事実も発覚。というのも、商品名が……

ふわふわうんち 香り付

見た目が全然「ふわふわ」していないうえ、パッケージに描かれた赤うんち君が……

さらりと「香り付」と言い放つ衝撃。

もしもこれが「本気の香り」だったらタダゴトでは済まされない。下手したら回収騒ぎになる。

ともあれ……

緊張しながら開封したところ……

──まだ、香りは漂ってこない。

ちなみに「ふわふわ」の名の通り……ではないが、モミモミするとブニュブニュする。

よって体感的に「ふわふわ」ではないのだが、仮に正直に名付けてしまうと「ブニュブニュうんち 香り付」とシャレにならない商品名になってしまうため、断腸の思いで「ふわふわ」にしたのだと思われる。

それはさておき、いよいよ……

実嗅(じっきゅう)……!!

すると……

!!!!!!!

甘い……!!

甘いのだ。ものすごく甘い。決して「甘いうんちのニオイ」ではなく、誰もが「甘い」と感じるニオイであり、まるで「洋菓子屋さんかな?」ってくらいに甘くて懐かしい香りがする。なんだろう、このニオイ。なんだっけ……と思い出した結果、

「マフィン」の香りだということに気がついた。

目を閉じれば、目の前のうんちがマフィンに感じる。なんて美味しそうなニオイなのだろう、このマフィン。なんだかもう、食べちゃいたいくらい……

ぱくっ。

……と噛んでみたが、無味だった。しかし、噛み心地は非常に良い。ハムハムすると、ムニムニ戻る。これはハマりそう……だが、成分的にも心配だし、大人げないのでやめといた。

そしてあらためて嗅いでみた。

くさい!

だが、

くさいのは、おれのツバだった。

<完>

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む | 次回へ »


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です