初めてイギリスに行って良かったこと悪かったこと / 10月19日は海外旅行の日!

本日10月19日は海外旅行の日だ。見たことがない景色や光景に出会える海外旅行は、目からウロコなことが連続の特別な体験。私(中澤)は、先日初めてイギリスに行ったのだが、本当に行けてよかったと思う

一方で、日本で当たり前と化していることが全く通用しないのも海外だ。そこで、イギリスで良かったことと悪かったことを以下にまとめてお伝えしよう。

【イギリスの良かったとこ】

・その1「景色」

まず、感動したのが景色である。巨大な歴史ある建築物が並ぶロンドンは、日本の都市部とは違うガチのお洒落さがあった。ヒースローからロンドンに向かうエアポートラインの景色は、誰しもが最初に「イギリスに来たなあ」という実感が湧く瞬間だと思う。

しかし、特に私がオススメしたいのは田舎の景色。日本のような高い山がないイギリスは、都市部を離れると永遠と平地が続いている。地平の果てまで続く黄金の麦畑や、丘に散らばる羊や牛、ガチの城など、イギリスの田舎に残る原風景はまさにファンタジーの世界! おそらく感動しない人はいないだろう。

・その2「人が優しい

次に、イメージが180度変わったのが人がめちゃくちゃ優しかったということ。英語のできない私はイギリスに渡る前、人と話すつもりが全くなかったのだが、結果として色んな人と触れ合う旅になった

道に迷ったり困った時、助けてくれる人が多かったためだ。また、コープの警備員さんとかもフランクに話しかけてきたり、外国人に慣れている感じがする。

渡英前は、「海外で日本人の私に話しかけてくるヤツは全員詐欺」くらいに思っていたがイギリスは全然違った。基本的にはかなりおおらかでピースフルな国である。

・その3「料理がウマイ」

イギリスと言えば「メシがマズイ」で有名だ。私も覚悟して行ったわけだが、総合的に見ると基本的にはメシはウマかった。特に、田舎のイギリス飯は抜群

私が食べたものは、マッシュルームや目玉焼きなどなんでもないメニューだったのだが、素材の良さを引き出しまくった味は日本では味わえないウマさがあった。ふわサクのクロワッサンとの相性も抜群で、日本に戻って来て2カ月が経った今、一番恋しいものとなっている

・その4「スイーツもウマイ」

お菓子の本場・ヨーロッパ。私は特に高級なスイーツ店に行ったわけではないが、庶民レベルでもやはり日本とはオーラが違った

私がそれを感じたのはスーパーなのだが、コープのスイーツコーナーにホールケーキみたいなのが普通に置かれていたり、とにかく品揃えが半端ないのである。しかも、日本で言う「明治の板チョコ」みたいな100円くらいのチョコでも激ウマ! ゴディバありがたがってる場合じゃねェ!!

【イギリスの悪かったとこ】

・その1「水回りが弱い」

続いて、悪かった部分に移りたい。まず、衝撃を受けたのが水回りの弱さだった。シャワーの水圧からトイレの洗浄までとにかく水圧が激弱。どこに行っても、シャワーは「シャー!」ではなく「じょぼじょぼ」という感じだし、トイレなんて詰まってるのかと思うレベルである。

これまで日本のシャワーやトイレに何も感じていなかった私だが、イギリスから帰ってきて初めて自宅でシャワーを浴びた時はめちゃくちゃ気持ち良かった。日本のインフラSUGEEEEEEE! 多分、イギリス人が日本に来たら衝撃を受けると思う。

・その2「店員さんが素っ気ない」

人が優しいと前述したが、店員さんはかなり素っ気ない。実際、私が空港で荷物を預けようとした時、カウンターにいた女性は、ちょっと会話でマゴついた時点で私をスルーし他の客の対応を始めた。こちらを理解してくれようという気は全然ない。

しかしこれは、親切な接客も求められる日本とは、求められている仕事の質が違うだけな感じがする。その証拠に、何回も預けているうちにその女性も笑顔を見せてくれるようになった。シャイかよ

・その3「料理がクソまずい」

イギリスは店によっては料理がクソまずいところがある。イギリスの料理は総合的に振り返るとウマかったと前述したが、そんな私もいくつかクソまずい店に入ってしまった。

特に、ラーメン寿司などの日本食は要注意。ロンドンに多い観光客狙いっぽい店も気をつけろ。しかし、ロンドンを離れたら、そういう店はあんまりなかったイメージだ。ブライトンで食べたカルボナーラは激ウマだったし。

・その4「鉄道がヤバイ

イギリスに行ったことがある日本人は、とりあえず一度は鉄道に衝撃を受けるのではないだろうか。何せ、遅延どころか、キャンセルさえも日常茶飯事なのである。終電間際であろうと普通にキャンセル。予定通りに運行してる電車の方が少ないんじゃないだろうか。

しかも、ロンドンの地下鉄は、車両が狭い上に電波も通じず、ものによっては冷房もないという地獄の三重苦である。その設備で混むものだから、ラッシュ時はマジ地獄。日本の電車は凄い

──以上、全て自分の体験を元に書かせていただいた。良い点も悪い点も同じくらいあったけど、繰り返すが、私はイギリスに行けてよかったと思っている。

その理由は、イギリスの良さだけではなく、当たり前すぎて忘れがちな日本の良さも再発見できたからだ。改めて日常に感動できるようになる海外旅行。それは日本を知れる旅でもあると思う。あなたも一歩踏み出して当たり前を輝かせてみませんか?

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です