お店では食べられない! 一風堂の「ちゃんぽん」が冷凍庫にストックしたくなるウマさで味変してもよし

あっ、ウマいわ。これは博多一風堂の冷凍食品を食べたときの率直な感想だ。ただ、今回取り上げる商品は誰もが想像するものではない。まさかまさかのそのまさか……ラーメンじゃなくて “ちゃんぽん” なのである。いまや一風堂は日本どころか世界でも名を知られるラーメンチェーンなのに、なぜに ちゃんぽん!?

──という一連の流れになったのは他でもない。セブンイレブンに一風堂のちゃんぽんが売っていたのだ。不思議に思って商品を手にとってみたところ……一風堂店主とセブン&アイグループ、そして日清食品冷凍(株)が共同開発したものらしい。ついでに調べたら「一風堂のちゃんぽん」の理由もきちんと存在した。なるほど、なるほど、なるほどね!

・昨年発売された冷食

セブンイレブン限定で販売されている商品の名前は「一風堂 博多ちゃんぽん!」。値段は税込386円だ。なぜ ちゃんぽん かというと、一風堂の創業者・河原成美氏が創業当時まかないとして振舞っていたのだそうな。

何ともウマそうなまかないだが、商品化するくらいだし味にも期待できそう。また、一風堂の本業は ちゃんぽん じゃないとはいえ、同じ麺のフィールドだから大きくズッコケることもないだろう。まずはじっくりとこだわりを探していくとして、外袋から取り出してみると……

レンチンで解凍するタイプの袋(麺&具材)、液体スープ、赤丸辛味噌の3つが入っていた。液体スープは解凍せずに使え、とんこつ仕込みの濃厚タイプとのこと。やはりとんこつを使ってる!

他には最近だとありがちだが、1食で1 / 3日分の野菜が摂れるなんてところも嬉しいポイントだ。そしてそして……

一風堂といえば赤丸である。どうやら付属の赤味噌で味のギアを一気に入れられるようで、こちらも期待できそう。ピリッとしたちゃんぽん……想像しただけでヨダレが出そう!

・レンチンで作ってみた

さて、商品の情報に軽く触れたところで実際に作っていくとしよう。鍋に全部放り込む、もしくはレンチンとお湯を使う方法と2択あるのだが、今回は後者で作ってみることに。

具材と麺をレンチンで解凍し〜の

液体スープを沸騰したお湯で溶かし〜の

そこに具材を入れたら完成!

レンチンのみで済む商品に比べて少しばかり準備が面倒ではあるが、その甲斐はあった。というのも、スープを飲んでみるとあっさりしていてスンナリ口に入ってくる。また、具材の方はキャベツにもやし、コーン、にんじんなどなど定番がたくさんなのだ。冷凍食品とはいえ、色とりどりでしっかり ちゃんぽん していた……というか、普通にウマい!!

・味変してよし

んで、鉄鍋で炒めたという具材はスープとの相性がよく、甘みが出ていてヨロシ。肝心の麺は、黒胡椒練り込み麺使用、デュラム粉(スパゲティなどのパスタに使用されることが多く、シコシコと食感の強いのが特徴)を配合しているとのことだが……

食べ応えもあってヨロヨロヨロシ。そして気になるのは味変だが、赤味噌を加えたら……おぉぉっ!

あっさりしていたスープが、ピリッとしたアクセントを持って切れ味のある一杯に超変化。思わず白米が欲しくなるというか、個人的にはストライクで冷凍庫にストックしておくことを決意した。

気がつけば、あっという間に完食。辛味噌は少しずつ投入していき、自分の好みで調節できるのも二重丸だった。2019年11月19日から発売しているので食べた人は多いかもだが、ササッと作れてここまでレベルが高い ちゃんぽん はなかなかない。これはリピあり、ストックあり。未体験の人は一度食べてみるべし!

参照元:セブンイレブン農林水産省
Report:レンチン原田
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です