【祝】3月10日は「佐藤の日」! ロケットニュース名物記者「佐藤英典」のスゴいところ5連発

突然ですが、質問です。3月10日は何の日でしょう? そうです皆さん、即答レベルで分かりますね。今日はミントの日であり、サボテンの日でもあり、松田聖子さんの誕生日……なんですが、年に一度の祭典「佐藤の日」を忘れてはいけません。そして佐藤といえば、当編集部の名物記者・佐藤英典です。

ふなっしーやスラ◯ムなどのコスプレもあって「オモシロおじさん」と認識している方も多いでしょう。自らを「世界の佐藤」と名乗る佐藤の中の佐藤である佐藤英典。それだけに、せっかくの「佐藤の日」となれば何かするしかありません。ということで、佐藤英典のスゴさを310連発……とも思ったが、そんなにないので5つ厳選してお伝えしましょう。

スゴさその1:神対応

名前と顔を出して記事を執筆していると、ありがたいことに街中で声をかけられる。まぁ私のような小物だと全くといっていいほどないのだが、佐藤クラスになると話は別。「ロケットニュースの佐藤さんですよね?」「いつも見てます!」なんてことはしょっちゅうだ。で、私は佐藤と自宅の方向が同じため、一緒に帰ることがよくあるのだが……

とある帰り道、30〜40代と思われる男性が佐藤に話かけてきた。本物の佐藤と対面した彼は感動を隠せず、まるで芸能人に会ったかのように声を震わせていた。通常であれば会話をしてサヨナラ……という流れだろうが、佐藤は違った。握手した後、こう続けたのだ。

写真、撮りましょうか?

これはなかなか自分から言い出せることではないだろう。しかし、平然とやってのけるのが佐藤が佐藤たる所以。スマートさが神対応に繋がり、男性が喜んで写真撮影したことは言うまでもない。もしA◯Bグループに佐藤がいたとしたら、「神対応すぎる」とネットのトレンドになったことだろう。塩対応ともっとも遠い男、それが佐藤英典。そこにしびれる、憧れる!

ちなみに現在、コロナウイルスの影響から当編集部はテレワークで作業中なのであまり出歩かないが、街中で佐藤を見つけたときは遠慮なく声をかけてほしい。

スゴさその2:海外ファンとの距離が近い

佐藤といえば「世界の佐藤」というだけに、海外にもファンが多い。そして佐藤は自分を訪ねてきた海外ファンと実際に会ってしまうのだが、英語が堪能ではないにもかかわらず距離を縮めていくからまたスゴい。

今の時代、翻訳機能などがスマホについているが、佐藤はすべてを駆使して待ち合わせからお茶まで完璧にエスコートする。それに先ほどの神対応まで加わるのだから、そりゃアメリカにファンクラブさえあるのも納得だ。とにかくファンのためなら何でもするのが佐藤英典。さすがである。

スゴさその3:40代にして肉体改造

通常40代のオッサンというと、ぽっこりお腹で中年太り──そんなイメージがあるが、数年前まで漏れなく佐藤も中年体型であった。しかし、ポールダンスを始めるとみるみるうちに体が変化。今じゃ引き締まって “イイ体” になった。

それからというもの、佐藤は当編集部メンバーに対して運動と健康の大切さを説き続けている。無類のタバコ好きというところが矛盾しているが、そんな無邪気さが佐藤らしさなのだ。40代で肉体改造した男・佐藤英典。さすがである。

スゴさその4:自信

自分を愛せることは素晴らしいが、佐藤はとにかく自分大好き人間で自信と書いて「さとう」と読むくらい自信の塊だ。もはやSNSでの自撮り投稿は日常茶飯事。インスタにおいては、2〜3枚に1枚という超ハイペースで自分の写真を投下していくほど。

しかし、そんな佐藤にも致命的な弱点はある。圧倒的な破壊力を持つ静止画に対し、動画だと本来の力が発揮できないのだ。意外かもしれないが、根は超がつくほど真面目。オッサンでありながらカワイイも兼ね備えている佐藤英典。さすがである。

スゴさその5:お金の使い方が豪快

肉を吐くほど食べる豪快さがウリの佐藤だが、実はお金の面でも豪快。特に後輩の面倒見がよく、飲みに行って会計しようとしたらすでに佐藤が払っていた──なんて男らしい一面もあるのだ。

諭吉数人分の会計になった時こそ泣きそうな顔になっていたのは気のせいかもだが、今年の元旦には編集部メンバーにお年玉という名の豪華弁当をくれたりと豪快さは健在。当編集部……いや、地球を回しているのは佐藤と言ってもいい。

……以上が佐藤英典のスゴいところ5連発だ。とにもかくにも3月10日は「佐藤の日」だから改めて祝うとしよう。佐藤英典、そして世の中の佐藤さん、おめでとう!!

執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です