人気芸人バービーさんの東京おうち遍歴、紅一点のルームシェア!?

バービーさん(フォーリンラブ)

冬場は朝起きるとまつ毛が凍っていた…という極寒の北海道 栗山町で生まれ育ったバービーさん。大学進学を期に念願叶って上京し、初めてのひとり暮らしをスタートさせます。東京で暮らした街や住まいの話をお伺いすると、仰天の暮らしぶりが次々と…!?

北海道を離れ、念願の上京

志木

※写真はイメージです

「なにせ北海道じゃないところへ行きたかった」というバービーさんは、大学進学時に中国留学を考えますが、親が反対。「それなら東京かな」と東京の大学を調べるなか、チベット密教に惹かれて、その研究の第一人者のがいる東洋大学に推薦入学を果たします。

そして念願叶って上京。大学時代は埼玉県志木市に4年間住みました。「寂しい気持ちは全然なくて、とても快適でした。北海道みたいに、真冬の朝でも火を起こさなくてもいいですしね(笑)。エアコン最高! でも、洗濯は不便だし苦手でした。洗濯機が外にあるので、取り出すのを忘れてそのまま数日放置したりもしていて」。この家ではインターネット契約の営業で訪問してきた男性と連絡先を交換し、その後お付き合いをした、という若者らしい(!?)エピソードも。

大学卒業後は、サブカル感に憧れて高円寺へ

高円寺

※写真はイメージです

大学卒業後に暮らしの拠点として選んだのは、「サブカル感のある中央線に住みたかった」という東京・杉並区の高円寺。家賃5.2万円の6畳ワンルームで、洗濯機はなし。肩がちぎれそうになりながらコインランドリーまで洗濯物を往復させる日々で、ここでも洗濯には苦労したのだそう。

「ここをスタートにどんどんステップアップをして、家賃の高い、いい家に引っ越していこう」と志しながら活動をしてきたバービーさん。その決心を実現させ、高円寺の次は梅が丘、駒沢大学、渋谷、そして現在と、住まいは次第に都心に近づいていき、高い家賃も払えるようになっていきました。

紅一点のルームシェアライフは、宴のような毎日

梅ヶ丘

※写真はイメージです

いくつもの街で暮らしてきたバービーさんが最もハマった街は、東京・世田谷区の梅が丘。「家族経営みたいな飲み屋が多くて、一晩で7軒はハシゴできますね」といいます。そうして飲んでいるときに偶然知り合ったのは、“梅が丘のドン”。その方にたくさんの人を紹介してもらったことで、梅が丘の飲み友達がぐっと増え、さらに居心地のいい街になっていったのだそう。

そんな梅が丘にどっぷりはまって、梅が丘内で引っ越しをして住み着いていたというバービーさん。そのうちひとつの家は、芸人仲間の男性5人とルームシェアをする形で借りた、家賃28万円の一軒家。紅一点で暮らしにくくなかったか尋ねると、「毎日が宴みたいで、いちいち楽しかったです。ただ、私の1万円もした洗顔石鹸に、100円の牛乳石鹸をドッキングされた時はブチ切れましたけどね」と、終始笑顔。

「もしや、そのなかに彼氏が…?」という不躾な質問にも、「いやいや! そこにはいませんよ(笑)」とさらなる笑顔で答えてくれました。

でも、そんな宴のような毎日は長くは続きませんでした。自宅ロケをきっかけに退去を余儀なくされて、6人暮らしは数か月で終了。そして、そのなかの2人とともに駒沢大学で改めてルームシェアをスタートさせます。

賑やかな毎日から、穏やかなひとり暮らしへ

テラスでティーパーティ

しばらくは複数人でのルームシェアを繰り返していたバービーさんですが、「そろそろ山手線上の都心に!」と思いたち、渋谷でひとり暮らしをスタート。宴のような毎日から一転、家がくつろぎの場所に変化していきます。古くてレトロだけど大好きだったという渋谷の家。引っ越し直前に番組でDr.コパさんに家を見てもらうと、「よくこんなに運気が悪いところでご活躍を…」と言われたのだとか。

そして現在の家は、広いウッドデッキの庭付き。そこでのんびりとヨガやティータイムを楽しみながら、「ひとりの家時間」に癒されているそうです。

バービー(フォーリンラブ)
1984年北海道生まれ。
2007年、お笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成しデビュー。
男女の恋愛模様をネタにした「イエス、フォーリンラブ!」の決め台詞で人気を得る。
TV、ラジオ、雑誌と多数出演。
昨年末開設したYouTube「バービーちゃんねる」が好評配信中。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です