メルカリの新サービス「梱包・発送たのメル便」で家具を出品してみた!

フリマアプリ「メルカリ」で、自宅の不用品一掃に挑戦中のライターshiga asakoさん。メルカリが2020年2月28日からスタートした新サービス「梱包・発送たのメル便」を活用して、大型家具の売却にも成功したそうです。

引っ越しシーズンまっただ中の不用品が出やすいこの時期におすすめという、新サービスのメリットをレポートしてもらいます。

メルカリで売りたくても、家具の出品はハードルが高かった

スチールの作業台

上の写真は、筆者が長年パソコンデスクとして使っていたスチールの作業台です。自宅のリフォームを機に不要になってしまい、メルカリで売りたいと思っていました。

スチールの作業台

でも、脚をたたんでも結構な大きさのあるこの作業台。しっかり安全に梱包できる資材も持ち合わせておらず、重量が20キロもあって発送依頼をするコンビニに持ち込むのもひと仕事。送料がどれくらいかかるものかも事前にははっきり分からず、メルカリに出品するのは面倒&大変そうと、あきらめかけていました。

梱包は不要。家で待っているだけでOKの新サービスがスタート!

アプリ「梱包・発送たのメル便」

そんなとき、メルカリの新サービス情報をキャッチ。ヤマト運輸のドライバーが自宅に来てくれて、売れた商品の梱包と発送を代行してくれる、その名も「梱包・発送たのメル便」が新たに登場したというのです。

渡りに船とは、まさにこのこと。筆者の作業台は縦・横・高さの3辺の長さの合計が180センチだったため、「梱包・発送たのメル便」の「200サイズ・送料5,000円」が利用できるようです(脚をたためる作業台だったため送料が節約できました)。

梱包&発送の心配がなくなったので、安心していざ出品!

アプリ上で「梱包・発送たのメル便」を選択して、送料5,000円を考慮して売り値を12,000円に設定。エイッと出品したところ、なんと2時間ほどで売れてしまいました。

商品が売れた画面

「梱包・発送たのメル便」は送料をのぞいた売り上げの10%が手数料として引かれるため、売り上げ7,000円-手数料700円で、筆者が手にする純利益は6,300円になります。商品が売れたらヤマト運輸に来てもらう希望日時をアプリから送信して、あとは当日を待つだけです。

ドライバーの滞在時間はわずか2、3分

商品の引き取り当日、ヤマト運輸のドライバーがわが家に来てくれました。梱包材やガムテープをたくさん持って現れるのかと思ったのですが、なぜかとても身軽。聞けば、梱包作業はヤマト運輸の営業所で行うため家で梱包資材を広げたりはせず、手早く養生して商品を持ち出すだけなのだそう。

部屋に案内すると「ジャバラ(蛇腹)」と呼ばれるキルティングカバーを取り出し、作業台にかぶせたかと思うと…、

ドライバーの梱包作業

あっという間に全体をくるんでしまいました(このご時世、マスクをしてくれています)。ジャバラもヤマト運輸カラー(!?)の緑×黄色なのはさすがです。

ドライバーの梱包作業

そして、そのままテキパキと外へ運び出してくれました。20キロもあるので筆者1人では無理。助かります!

ドライバーの梱包作業

売上票(お客様控え)を受け取る時間も含めて、ドライバーの滞在時間はものの2、3分。出品者側の負担はまったくといっていいほどありません。あとは、購入者のお宅に配送されるのを待ち、出品者としての評価を受けるだけです。

「大物」の出品が断然ラクに!

メルカリには以前から家具などを発送できる「大型らくらくメルカリ便」というものがありましたが、「匿名配送」には対応しておらず、出品者の住所や氏名を伏せて送ることはできませんでした。

メルカリの特長の1つである匿名配送が、大型家具でもできるようになったのは画期的。知らない人とのやりとりに躊躇を感じる人も、今後は気軽に大物を出品できるのではないでしょうか。

値段表

「80サイズ」から「450サイズ」までサイズバリエーションも豊富なので、冷蔵庫、ソファ、ベッドなども手軽に出品できます。なにより、それらの大きなものを自分で梱包する手間が一切必要ないのが本当にラクだと思います。

卒業&入学、入社&転職、転勤などで、不用な家具や家電が出やすいこの時期。手間いらずの「梱包・発送たのメル便」で、サイズの大きなものの出品にチャレンジしてみませんか? エコにも、部屋の片づけにも、お小遣い稼ぎにも効果的です!

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です