防水パンをやめて、キャスター付き洗濯機置き台にしたら快適だった

洗濯機の下に設置してある「防水パン(洗濯パン)」。賃貸住宅などでは、水漏れのリスクを減らすためにも設置されている場合が多いようですが、beachmamaさんは、自宅を新築するに防水パンではなくキャスター付き洗濯機置き台を選んだそう。

その理由と、キャスター付き洗濯機置き台のメリットについて聞きました。

防水パンはメリットよりデメリットが気になる

洗濯機

メリット

防水パンを設置する最大のメリットは、水漏れした時に床を守ってくれることです。

しかし最近の洗濯機は水漏れのリスクが低いので、戸建て住宅の場合、防水パンは置かず洗濯機を床に直置きする家庭も多くなっているようです。我が家の設計士さんからも「今は防水パンをあまりおすすめしていません」と言われました。

デメリット

防水パンの上に洗濯機を置くと大変なのが、掃除です。洗濯機の下や裏にはほこりがたまりやすいもの。防水パンがあると洗濯機を移動しての小まめな掃除は難しくなります。

洗濯機を買い換える際には、防水パンと洗濯機の大きさが合わない場合もあるので注意が必要です。

洗濯機を床に直置きしても掃除はしにくい

洗濯機

防水パンを採用しない場合でも、洗濯機は簡単に動かすことができないので、床に直置きするとほこりがたまりやすくなります。洗濯機を置く環境によっては、洗濯機周辺に湿気がこもりやすくなり、床材や壁紙が傷む原因につながることもあるそうです。

我が家ではなるべく掃除をしやすい空間にしたかったので、洗濯機置き台を購入して、その上に洗濯機を設置することにしました。

理想的な洗濯機置き台とは

キャスター台に載せた洗濯機

洗濯機置き台を実際に調べてみると、いろいろな商品がありました。

固定タイプ

洗濯機をかさ上げすることがメインの固定タイプは、洗濯機の四隅に設置して高さを出すことで洗濯機下の掃除がしやすくなります。掃除機なども入りやすくなるので、日常的に清潔さを保つことができます。

洗濯機の振動を少なくしてくれる機能付きも多く、振動音などが気になる家庭にもおすすめです。

キャスター付き

洗濯機を楽に動かすことができるので、洗濯機下だけでなく洗濯機の裏などまでしっかりと掃除できます。洗濯中に台が動いてしまわないように、ロックが可能な商品を選ぶと安心です。

洗濯機置き台の使い心地

キャスター付き洗濯機台

我が家ではキャスター付き洗濯機置き台を購入。洗濯機を簡単に動かして床の拭き掃除ができるようになりました。床だけでなく洗濯機の裏や配線などにもほこりがつくので、そういった細かい部分の掃除もできてとても便利です。

購入した台は幅、奥行きも伸縮自在なので、ドラム式、全自動洗濯機どちらにも対応できます。今後、洗濯機を買い換えた場合でも継続して使用できるのも購入の決め手でした。前面にあるジャッキで固定もできるため、振動も軽減され音も気になりません。

キャスター付き洗濯機台

洗濯機置き台を設置したことで洗濯機周りを丁寧に掃除できるようになっただけでなく、掃除の時に排水ホースの接続不良がないか、ホースに亀裂がないかもチェックできるようになりました。

洗濯機の防水パンがなくともプラスの点検をすることで漏水トラブルは防止できるので、掃除が大変そうかなと感じる場合は防水パンなしの選択も検討してみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です