ゴミ袋をブックエンドで収納…ゴミ捨てをラクにする小ワザ集

生ゴミを捨てる袋、ゴミ箱にセットするビニール袋、ゴミ出しをするときに使う自治体指定のゴミ袋。ゴミ捨てグッズにもいろいろあって、それぞれしまい場所に困りがちなもの。

収納場所も含めて、ゴミ出しをスムーズにできる仕組みをつくっておくと、家事のひと手間がラクに!片づけのプロでライフオーガナイザーの安尾香奈さんに、マイルールを教えてもらいました。

キッチンのゴミ箱置き場

関連グッズは近くにまとめて作業をスムーズに

ゴミ箱置き場の近くにゴミ袋を収納

わが家では、キッチンの一角にゴミ箱置き場を決めています。ゴミ箱にセットするゴミ袋収納の距離が遠いと、取り替えがおっくうになるので、キッチンのシンク下にゴミ袋を収納しています。

ファイルボックスに突っ張り棒をとりつける

ニトリのファイルボックスに、ダイソーの短い突っ張り棒をつけて、そこにゴミ袋をかけています。引き出し内に直接突っ張り棒を取り付けてももちろんOK。引き出しの深さ的に突っ張らせるところがないときは、ファイルボックスを活用するといいです。

ゴミ箱とゴミ袋の位置関係

ゴミ箱もキャスター付きなので、移動もラク。引き出しをあけるとすぐにゴミ袋が手に取れて、一歩も動かずにセット完了!ゴミ箱がいっぱいになったら、袋ごと自治体指定のゴミ袋へ移します。

ものは、できるだけ使う場所やその近くに収納するのがコツ。動線を考えた収納は、最短距離でものの出し入れができるので、無駄な動きを減らして効率よく家事ができます。

ブックエンド収納で取り出しやすさを極める

ブックエンドでゴミ袋を立てて収納

自治体指定のゴミ袋は、背の高いブックエンドにかけるだけの簡単収納。以前は、オシャレなモノトーンケースに詰め替えていましたが、面倒になってしまい続かず…。

これなら、そっくりそのままかけるだけ。使うときもサッと取り出せて便利です。

シンク下収納の中

これもゴミ箱の近くに、上段の引き出しの左端にセットしています。

決まった大きさの袋を買うルールで管理しやすく

スーパーなどでもらうレジ袋も、全国的に有料化の方向に。エコバッグを使うのが習慣になってきましたが、それでも、うっかり忘れてレジ袋で持って帰ることも…。買うものや店ごとにも種類や大きさが違うので、その定位置も用意して、収納できる量を決めておきましょう。

レジ袋の定位置

左端のファイルボックスがそれ。キッチンのあちこちから袋が出てくる悩みもなくなります。

右側のファイルボックスは、ゴミ箱にセットするビニール袋。100均の「ダイソー スーパーさんのお買い物袋LL」(35枚入り)を定番で購入しています。計算すると1枚あたり約3円ですが、有料化することを考えれば、それほど高くはないはず。

そして、定番化することにメリットもあります。大きさが決まっているので収納スペースがごちゃごちゃせずにスッキリ保てることや、ゴミ箱にセッティングするときも袋の大きさに悩まなくてすみます。

ポリ袋は箱のまま収納して手間いらず

ポリ袋の収納場所

生ゴミ用に使用しているポリ袋は、箱のまま収納。開封してそのまま設置するだけだからラク。袋が取り出せるように少しすき間をあけておくのがコツです。

引き出しの縁にマスキングテープでラベリング

ポリ袋のストックは、ここには置くスペースがないので、玄関の日用品ストック置き場に保管。家族が手伝ってくれるときにもわかりやすいように、引き出しの縁にマスキングテープで「ポリ袋ストックは玄関収納」とラベリングしています。

このルールを決めてから、ゴミ捨てにまつわる家事がぐんとラクになりました。気になるアイディアがあったら、ぜひ試してみてください。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です