ディズニーが7月1日から再開決定! 工事の進捗を休園前と見比べるため、リゾートライナーに乗ってきた

オリエンタルランドが、東京ディズニーランドおよびディズニーシーを2020年7月1日から再開すると発表した。USJや富士急ハイランドなどのテーマパークが先だって再開していくなかで、ディズニーファンたちは一日千秋の思いでこの発表を待っていたことだろう。

ところで、筆者はおよそ3カ月前の3月14日に、休園中の様子を見るためリゾートライナー(ディズニーリゾートライン)に乗りに行き、見える範囲で現地の様子をお伝えしている。詳しくはその時の記事をご覧頂きたいが、当時の様子は端的に言って「工事しまくり」という感じだった。この3カ月、県境を越える移動の自粛が要請されたり緊急事態宣言が出たりしたが、工事はどれくらい進んだのだろうか。再びリゾートライナーに乗って見てきたぞ!

・求心力

再開が発表されたのは6月23日だが、筆者がディズニーの様子を見に行ったのは6月21日。まだいつ再開するかわかっていない時点での話である。3か月前に来た時との違いは、舞浜駅に着いた時点で感じられた。そもそも駅の利用客に、明らかに遊びに来た感のある人が多い。

近隣住民という感じではない。まだ閉園中のはずでは? これは一体……と不思議に思ったが、その理由のほとんどはイクスピアリだったもよう。公式HPによると6月1日から再開していたようだ。入口と出口を分けて営業していた。

しかし、全ての人がイクスピアリ目当てではなかった。閉園中なのだが、結構な数の人が当たり前のようにリゾートライナーに乗り込んでいくのである。ちなみに3月14日の時点では、ミラコスタなどのディズニーホテルは営業していた。ゆえに乗客の中には宿泊客と思しき姿もあった。

しかしそれらのホテルも4月1日から休業。6月21日の時点でも営業していない。そしてホテルが閉まっているため、以前のように改札の外に出ることもできない。つまり、今リゾートライナーに乗る人は、完全に閉園中のディズニーを駅のホームか、リゾートライナーの車内から見るためだけに来ていると考えられる。

そんな限られた条件にもかかわらず、結構な数のディズニーファンが楽しそうに改札に吸い込まれていく。なんという求心力。言うまでもなくリゾートライナー車内もそれなりに混んでいた。先頭車両最前列のシートは3カ月前も油断ならない競争率だったが、少なくとも後ろの方の車両はがら空きだった。それが、今回は先頭から最後尾まで、パーク側のシートはほとんど埋まっているレベル。

・ディズニーランド前

窓の競争率の高さと、改札から外に出られないということで、前回と全く同じ位置からの観測はできなかった。それでも明らかに工事は完了 or 進みまくっており、同じ場所からのチェックなど不要なレベルだったぞ! まあ3カ月も経っているので当然といえば当然だが。まずは最もドラマチックに変わっていたディズニーランドの入り口付近の様子からいこう。

3月14日の時点では、見渡す限り工事関連の車両や資材でごった返すハイパー土木作業ランドだった。それが、今ではすっかり夢の国への入り口にふさわしい綺麗な感じに。消え去った土木作業感。工事前との主だった変更点としては、ディズニーランドに向かって左手側のゲートが1つから3つに増えていた。再開後は以前よりも入場時の混雑が改善されることだろう。

東京ディズニーランド・ステーションのホーム端からベイサイド・ステーション方面を見ると、たくさんのスタッフの方々が駐車場で何かの作業をしていた。

リゾートライナーの車内からも、多くのパーク関係者が何やら研修的なことをしている様子が確認できた。車両が上を通過するたびに手を振ってくれるという隙の無さ。

・ベイサイド ~ シー付近

ベイサイド・ステーション付近も工事が進んでいたが、こちらはまだ途中といった感じ。相変わらずクレーンが乱立するハイパー建築ランドだが、以前よりも建物の基礎などができつつあるようだった。このエリアが今後どうなっていくのか目が離せない。

絶賛工事中なのでディズニー感の希薄な光景が広がるが、クレーンの位置などの関係で微妙に見づらかった「美女と野獣」の城が見やすくなっていた気がする。そして3カ月前は改修工事中だったシンデレラ城も、遠くから見る限りでは足場やネットが外されていた。並ぶ2つの城の尖塔がこのエリアのハイライト。

東京ディズニーシー・ステーションで降りてみると、何やら窓の外を見ながら賑わうファンたちの姿が。このエリアは特に工事などしていなかったはずだが……?

窓際に行ってみると、遠くの方で手を振る白い服を着たスタッフの方々が。この後すぐに全員パーク内に戻ってしまい、何をしていたのかは不明だ。しかし、見えなくなるまで時折振り返っては、駅ホームの窓に並ぶファンに向けて手を振り続けていた。今思えば、この時からすでに7月1日からの再開に向けた準備を進めていたのだろう。

・再開までもうすぐ

6月11日には、カリフォルニアのディズニーランドが7月9日から段階的に再開すると報じられていた。そのため東京も同じくらいか、発表が無いのでもう少し遅れて再開するのだろうと思っていた筆者。発表(6月23日)からわずか1週間後に再開とは驚いたが、何にせよ多くのディズニーファンにとってはこれ以上ない朗報に違いない。

ただし東京ディズニーランド、ディズニーシー共に、いくつかの施設やプログラムやサービスを休止しての再開のようだ。チケットも、6月25日の15時から公式の予約・購入サイトにて日付指定でのみ販売して入園者数をコントロールするもよう。年間パスポート所持者の入園も抽選だとか。いち早く遊びに行きたい方は、しっかりと公式HPの詳細をチェックした方が良いだろう。

参照元:東京ディズニーリゾート、Twitter @TDR_PR@DisneyParksNews
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です