自分でできる「エアコンの掃除」。簡単にカビを落として夏を快適に

エアコン

久しぶりにエアコンのスイッチを入れたら、ホコリっぽかったりカビ臭かったりした経験はありませんか。そうならないためにも、本格的な夏が来る前に、掃除をしておくのがベスト。エアコンの効きがよくなり節電効果も期待できます。

家庭でもできる簡単な方法を、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさんに教えてもらいました。

エアコンの掃除に必要な道具を準備する

エアコン掃除に必要な道具

エアコン掃除に必要な道具は以下。

  • 脚立
  • 掃除機
  • モップ
  • 割りばし(2~3本)
  • ウェットティッシュ(3~4枚)
  • 輪ゴム(2~3個)
  • アルコールスプレー
  • お掃除手袋(スポンジや歯ブラシなどでも可能)
  • 台所用洗剤

※脚立を使う作業は、無理をせず安全に気をつけてください。

エアコン掃除の手順

掃除に入る前に安全のためコンセントを抜いておきましょう。また取扱説明書で掃除方法を確認してください。

1.エアコンのホコリをとる

モップでエアコンのホコリをとる

エアコンは全体にホコリがまとわりつきます。特に上部の吸い込み口にホコリがたまりやすいです。マイクロファイバーモップなどでホコリをそっと取り除きましょう。モップの角度が曲がり、柄が伸びるタイプだと奥まで届いて掃除しやすいです。

2.フィルターを掃除

エアコンのフィルターを外す

フィルターのホコリを掃除機で吸いとる

フィルターを外して、掃除機で表面からホコリを吸います。お掃除機能付きエアコンの場合、複数枚フィルターがあるので説明書で確認しながら取り外します。

洗剤でフィルターを掃除

台所用洗剤を水で薄めて、残ったホコリを洗い流します。ホコリが落ちにくい枠の周りはスポンジやお掃除手袋、歯ブラシなどで優しく洗います。タオルで水気を拭きとったあと、しっかり乾燥させておきます。

3.内部のホコリをとる

エアコン内部のホコリをとる

フィルターを乾かしている間に、本体のホコリを落とします。ハンディタイプの掃除機で吸うのが簡単です。

4.内部のカビをとる

ウエットティッシュと割りばしで掃除棒を作る

ウェットティッシュを広げて、割りばしをはさむようにしてのせます。

掃除棒に中性洗剤をスプレーする

端までクルクルと丸め、輪ゴムで留めます。アルコールスプレーやウタマロクリーナーなど中性洗剤を吹き付けます。

掃除棒でエアコン内部の汚れをかき出す

吹き出し口から割りばしを入れて、かきだすように拭いてカビを取り去ります。汚れたら捨てて、新しいものに取り換えればカビが広がりにくいです。

エアコンの吹き出し口を拭き掃除

内部を掃除したら、吹き出し口の入り口の掃除をします。奥から手前に掃除をすると無駄がありません。

5.全体を拭く

前カバーが外せる場合は、全体のホコリやカビを取り除いてから戻します。外せない場合は、汚れをウェットティッシュで拭きとりましょう。

エアコンフィルターを貼る

エアコン掃除のポイントは、ホコリ取りと吹き出し口のカビ取りです。ホコリを防ぐ方法として、エアコンフィルターを貼っておくと内部のフィルターが汚れにくくなるので、掃除回数を減らせます。

天井部分は熱がこもるので、暑い季節の作業はおすすめできません。涼しい季節、時間帯をねらって行いましょう。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です