頼んだリフォーム会社のよかった点は、生活の共感、イラスト、LINEだった

リフォーム会社と実際にやりとりして、「ここがよかった」とはじめてわかることもあるもの。もしそうしたポイントを事前に知っていれば、あなたのリフォーム会社選びにも、きっと役に立つはずです。
頼んだリフォーム会社の「ここがよかった」点を、実家を二世帯住宅へリフォーム中のライター・小林ユリさんに体験談をもとに語ってもらいました。

1.ライフスタイルに理解がある

自宅のワークスペース

筆者は自宅で仕事をすることが多く、リフォームでワークスペースを設けることは必須条件でした。

しかしそれほど広くない家の中にワークスペースをとることは難しく、見積もりを依頼した他のリフォーム会社はプラン提案に苦戦していたようです。

キッチン横にちょっとしたスペースを作るプランや、リビングの一角をワークスペースにするプランを提案されました。

筆者の場合、仕事の資料や機材などを置くスペースも必要なので、それなりのスペースが必要です。それについてもしっかりと伝えてあったのですが、理解が得られず「主婦業優先」での間取りとなってしまったようです。

一方、依頼を決めたリフォーム会社はしっかりとしたワークスペースを確保するプランを提案。自分たちのライフスタイルに理解を示し、寄り添ってくれたところに好感を持ちました。

2.専門用語を噛み砕いて説明してくれる

夜遅くまで調べ物

初めてのリフォームということもあり、意味がわからない専門用語が多く、最初は苦労しました。打ち合わせが終わった後に、毎回インターネットで専門用語を調べる時間を確保しなければなりませんでした。

本格的なプランの打ち合わせが始まる前からこれではまずいと思い、リフォーム会社の担当者に「専門用語を噛み砕いて説明してもらえますか」とお願いしてみました。

用語を説明しながらの打ち合わせは通常よりも時間がかかったと思いますが、真摯に向き合ってくれたおかげで、その後の打ち合わせがスムーズに。

また、「支払いの時期について教えてください」と質問した際もとてもわかりやすく説明してくれました。

「支払いは3回に分けてお願いしています。初回の支払いは一番少額になっていますが、それで資材や材料費などを賄います。2回目と3回目の支払い時には職人さんたちへの支払い分などをはじめ、資材以外の部分を分割して支払っていただきます。ちなみに最後の支払い額が最も高額です」と支払いの具体的な時期や内訳までわかりやすく説明くださり、この点も安心材料に。

3.イメージをイラストで伝えてくれる

ワークスペースのイメージイラスト

筆者は「こんな家に住みたい」という希望が明確にイメージできていたため、最初は箇条書きでイメージを伝えていました。ですが、それだけでは完成形をイメージするのが非常に難しく、限界を感じていたのも事実です。

そこで担当者は筆者の頭の中のイメージを汲み、イメージ共有のためにわかりやすくイラストを描いてくれました。一気に完成形をイメージしやすくなり、リフォームに対するモチベーションアップにも繋がったと思います。

4.ホームインスペクション(住宅診断)を快諾してくれる

リフォームの様子

筆者が依頼したリフォーム会社は、工事後にホームインスペクション(住宅診断)をしたいと相談した時に快く承諾してくれました。

通常は購入前に行うことが多いようですが、筆者宅の場合は築年の古い実家をリフォームしたので、必要な修繕がしっかりと行われているかどうかを確認するため、工事後にホームインスペクション(住宅診断)を実施。

目視での検査だけでしたので金額は5万円程度でした。所要時間は2時間程度です。

自信のある業者なら快く承諾してくれると思うので、ホームインスペクション(住宅診断)に対する反応は、ひとつのチェックポイントになると筆者は思いました。

5.LINEで情報共有してくれるから安心。時間のロスもなし

LINEで情報共有

muu / PIXTA(ピクスタ)

今回依頼したリフォーム会社は建築士、デザイナー、現場監督などを含めた筆者宅のリフォームに関わる人たち全員でグループLINEを作成してくれました。

最初は「連絡が迅速にできるのはありがたい」くらいにしか思っていませんでしたが、一度の連絡で全員と情報共有できること、打ち合わせで生まれた疑問点や追加点などについても簡単かつ迅速に連絡できるので助かりました。

また、急遽工事内容が変更になったり延期になる場面も多数ありましたが、すぐにLINEでお知らせが届くので、非常に安心感が。

そのおかげで家族間の連携もとりやすく、気持ちの面でも負担が少なくて済んだ印象です。グループLINEの存在は思っていた以上にメリットが多かったように思います。

質問やこちらの要望に誠実に対応してくださり、施主の気持ちに寄り添ってくれる会社と出会えてよかったと感じています。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です