建築設計事務所にも「ショールーム」があるって、知ってました?

キッチンやバスなどの設備機器やフローリングなどの建材のショールームは、実際に見て触れて、デザインや性能などを確認できるのは皆さんもご承知の通り。
ハウスメーカーなら住宅展示場にモデルハウスがありますよね。

実は注文住宅を手掛ける設計事務所でもショールームを構えているところがあるのです。
そこでは家づくりへの考え方やデザイン、空間の心地よさを実際に体感できます。

その一例が、2020年春にオープンした杉坂建築事務所の「SUGISAKA STUDIO」。
どんなショールームなのか、実際に訪れてみました。

本物志向の家づくりを体験できるショールーム

杉坂建築事務所のショールーム「SUGISAKA STUDIO」

「SUGISAKA STUDIO」は、杉坂建築事務所のショールーム。

杉坂建築事務所は、古民家を原点とした木造建築に先進技術を融合させ、現代的な快適さを備えた「本物志向の家づくり」に取り組む建築設計事務所です。

ショールームは木造2階建て。和モダンテイストに仕上げられた建物が街並みにしっくりと馴染じんでいます。
入り口の木製サッシや、アプローチに張られた色とりどりの孔雀石、外壁の漆喰なども立派な展示物。
また外と内とが緩やかにつながることで、室内に広がりをもたらす工夫などもプランの実際として体感できます。

内外装や建具、構造、オリジナル家具など、見どころが満載

吹きの抜けのあるショールーム1階

屋内に入ると、ダイナミックな吹き抜けやそこに渡された太い梁、自然素材を用いたリビング、キッチンなどを見ることができます。キッチンのデザインはもちろんオリジナル。

他にもオリジナルデザインの建具なども展示され、素材感や意匠美、使い心地などを体感できます。

1階にはウォールナットのローボード、2階の階段ホールには調度品を飾る収納など、造り付けられています。いずれも造作家具の参考になりそうです。

チークフローリングを張ったコーナー

土足で歩けるチークフローリングや、チークの無垢板を天井に張ったリビングダイニングの展示。木製サッシで造作したコーナー窓などは実際に開閉してみてください。
また出窓を確認するときはぜひ椅子に座って外を眺めてみて。
窓の景色もいい家をつくるための大切な要素と考える、同社の思いを感じることができるでしょう。

松の太い梁のある吹き抜け

8寸角もある檜無垢材の大黒柱に、松の太鼓丸太の梁を架けた吹き抜け。大黒柱と梁がぴたりとつながる様に、日本の伝統技術の継承を見ることができます。天井は珪藻土塗り。

細かい細工のされた建具

丁寧な職人技と格子のデザインが美しい建具。

余った木材で作ったテーブルと椅子

構造柱の余った部分を使った天板に、鋳物の脚を組み合わせたテーブル(右)や、自然樹の曲線を生かしたオリジナルの椅子など、一点物の家具も展示しています。

玉砂利洗い出しの通路

屋外のなにげない小砂利洗い出しも、左官技術を生かした展示例のひとつ。

リアルなサイズ感やアイデアが間取りの参考に

杉の無垢材を使った勾配天井

勾配天井や天窓によって開放感が味わえる2階の空間展示。杉の無垢材を張った天井も仕上げの参考になります。

2階のミニキッチン

木製カウンターにシンクや水栓、IH調理器を組み合わせたミニキッチン。障子のように見える建具の内側は収納になっています。小さなスペースでも工夫をすれば、使いやすい間取りを実現できそう。

ミニキッチンの建具を閉じたところ

木製格子とワーロンを組み合わせた建具を閉じれば、キッチンが隠れてしまう仕掛け。

小屋裏への梯子

小屋裏収納の使い勝手も実際に体感してみて。

象策家具の仕上がりを見られる洗面室

手洗いコーナーでは、丁寧につくられた仕上げや造作のカウンターなどを見ることができます。

町家を彷彿とさせる外観デザイン

外壁を漆喰で仕上げた外観

漆喰のコテ押さえでシンプルに仕上げた外壁をはじめ、軽量瓦を用いた下屋やガルバリウム鋼板を葺いた2階の屋根の建物は、和の風情を融合させたモダンな外観。
入り口のサッシは木製でも断熱性に優れているそうです。

杉坂建築事務所の設計による、暮らすほどに深まる心地よさや空間の表現力を実感できるショールーム。家づくりを決めたら様々なショールームを訪れたいですね。

【SUGISAKA STUDIO】
東京都世田谷区若林1-23-3 電話番号 03・3414・8141
営業時間 10:00~17:00 ※見学は要予約

撮影/八杉和興
※情報は「住まいの設計2020年6月号」取材時のものです

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です