自然素材が調和するくつろぎリノベ。家族の独立に備え、間取り変更も対応

国産の杉無垢フローリングを使用したDK

夫婦と20代の姉妹が暮らすS邸は、マンションでありながら自然素材をふんだんに使ったくつろぎの空間。柿渋塗りの杉、珪藻土塗りの壁、麻布や和紙など、複数の自然素材が調和します。

元々は3LDKだった間取り。個室を可動式家具で仕切り、家族構成の変化にも備えたリノベーションをしています。

杉、漆喰、ウール…自然素材で包まれている家

い草ユニット畳の小上がりのあるLDK

「夫妻と社会人の子どもふたりがそれぞれ快適に暮らせて、かつ家族構成の変化にも対応しやすいように」と考えてつくられたS邸は、杉の質感や香りが安らぎや癒しを演出。ほかにもメインの壁は漆喰塗り、リビングにはウールのカーペット、障子代わりの麻布、洗面室の炭化コルクなど、家じゅうが自然素材で包まれています。

将来的に間取り変更が必要になると考え、子ども室は可動式家具で仕切りを設けましたが、LDKも間取り変更ができるようひと工夫。い草ユニット畳の小上がりは、実は置き家具で、移動させて広い洋室にすることが可能です。

小上がりの奥のコーナーにカウンターを設置

小上がりの奥まったコーナーにはカウンターを設け、足を下ろしてデスクのようにも使えます。壁面は杉板の鎧張り仕上げ。柿渋塗りによる深い色合いが落ち着きをもたらしています。

また、障子の代わりに建具に貼った麻は、通気性と吸水性、保湿性に優れた天然繊維。見た目に美しく、光をやわらかく通してくれます。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫(53歳)、妻(53歳)、長女(25歳)、次女(24歳)

▼リノベを選んだ理由
新築マンションも検討したが、なるべく体にやさしく、温かみのある木などの自然素材を生かしたリノベーションをして暮らしたいと思ったため。

▼住宅の築年数
築16年(平成15年築)

▼住宅の面積
専有面積/76.28㎡

仕切りのないワンルームのようなLDK

この空間は元々仕切りがありましたが、それを撤去してワンルームのようなLDKに。そのおかげで、2か所ある掃き出し窓からの光がすみずみまで行き渡ります。

床材に使った杉はやわらかいので傷がつきやすいものの、温かみがあって室内で靴を脱ぐ日本人の暮らし向き。S邸では国産の杉無垢フローリングを採用し、経年変化による色の深みを楽しんでいます。

ポリカーボネートをはめ込んだリビング扉

LDKと廊下を仕切る建具は、片引き込みの框(かまち)戸。細い木枠にポリカーボネートをはめ込み、家族の気配をそっと感じられるようにしました。

大容量の壁面収納を備えたキッチン

壁面カウンターのあるキッチン

壁側にワイドな収納カウンターを配したⅡ型キッチンも、木のぬくもりがたっぷり。

キッチンから洗面室までつながる動線

奥に進むと、パントリー、バスルーム、子ども室や玄関へとつながる回遊性のある動線です。

オープン収納の洗面室

パントリー奥にある洗面室は脱衣所も兼ねています。洗面カウンターはボウル一体型で、清潔かつ無駄のないデザイン。カウンター下は収納に活用しています。

可動式の収納家具を活用して、可変性ある間取りに

杉板を張った廊下天井

床と天井に杉板を張った廊下に立つと、LDKまで視線がすっと伸びていきます。左側にふたつの子ども室、右側には水まわりが配置されています。

可動式家具で仕切った長女の部屋

隣り合った長女と次女の部屋を仕切るのは、可動式の収納家具。将来に備えて、可変性ある間取りを採用しました。

可動式家具で仕切った次女の部屋

こちらは次女の部屋。左側は可動式収納で、右側は隣接するウォークインクロゼットの収納ユニットの背面で仕切られています。

夫妻用のウォークインクロゼット

おもに夫妻の衣類が収納されたウォークインクロゼットは、次女の部屋との仕切にもなっている左側の収納ユニットが可動式。すべての可動式収納を移動させれば、子ども室2室とウォークインクロゼットが大きなひとつの部屋になります。「娘たちが独立したら、空間を広げて主寝室にする予定です」と妻。

やわらかい杉フローリング

杉の香りや自然素材のぬくもり、珪藻土によるカラリとした気持ちのいい空気に包まれて快適に暮らすSさん家族。「LDKはワンルームですが、いろいろな居場所があります。大人4人がそれぞれしたいことをし、くつろぎながらつながる空間。穏やかで快適な暮らしが実現できました」と新しい住まいに満足して暮らしているようです。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取図

リノベーション前

リノベーション後の間取図

リノベーション後

※情報は「リライフプラスvol.33」取材時のものです
設計/マスタープラン一級建築士事務所
撮影/水谷綾子

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です