マクドナルドの肉ざんまいバーガー「ベーコンラバーズ」を食べてみた結果 → 将来が不安になった

世界に広がるマクドナルド。私(中澤)がイギリスに行った時も、バッチリ街角にマクドナルドがあり、見慣れた外見に安心したものだ。現在、そんな世界のマクドナルドからビーフバーガーが日本に集結している。すでに、日本、イギリス、カナダのビーフバーガーが発売されたのは以前の記事でお伝えしている通りだ。

そして、2020年7月15日からオーストラリア『ベーコンラバーズ(税込490円)』の販売が開始された。名前の通り、ベーコンが特徴のこのハンバーガーは、マクドナルドいわく「肉ざんまい!」。はたして、その味はどれほどのものなのか

・イギリス代表がリーグ落ち

現在展開されている世界のビーフバーガーは、日本、カナダ、オーストラリアの3種類。ベーコンラバーズと入れ替わる形でリーグ落ちしたのはイギリス代表『スモーキーバーベキュー』だ。味のレビューに関しては以前の記事を見ていただければと思うが、個人的にはカナダ代表『マイティビーフオリジナル』が残るのは順当だと思う。それほどに完成度が違った。

・新加入のベーコンラバーズ

リーグ新加入のオーストラリア代表『ベーコンラバーズ』は、イギリス代表『スモーキーバーベキュー』の野菜を抜いて代わりにもっとベーコンを入れた感じ。よりパワー系に全振りしている。はたして、その攻撃力はカナダの壁を破るのか? 食べてみると……

確かにベーコンすげぇ

3枚重ねているだけありベーコンの旨みがにじみ出まくり。そこにBBQソースが甘みをプラスし、チーズとからしマヨが全体をまろやかに仕上げている。おまけにバンズはふんわりと柔らかくウマイ。

そのボリュームとパワーは、広大な大地に佇むエアーズロックのような雄大さを感じさせる。野菜なんていらなかったんだ……。さすがオーストラリア、国1つでも大陸である。

まあ、『マイティビーフオリジナル』の方がウマかったけどね

ベーコンラバーズの肉の波状攻撃は確かに圧倒的だが、単調になりがち。マイティビーフオリジナルの最後まで飽きずに食べられる各々の素材を最大限に生かした組織力の前に一歩及ばずという印象である。第2回のマクドナルドビーフバーガーワールドカップもマイティの優勝と言えるのではないだろうか。

・不安になったこと

ただ、ここで1つ不安になったことがある。それは「次はマイティが消えるのではないか?」ということ。個人的な感想で恐縮だが、実力から言えば、第1回のメンツも日本代表『かるびマック』が消えて良かったと思う。しかし、リーグから落ちたのはイギリスだった。疑惑の判定というヤツである。

もし、第3回でマイティが消えたなら、それは世紀の誤審と言えるのではないか。主役不在のW杯となってしまう前に、私は声をあげたい。「マクドナルドよ気をつけろ!」と。私個人の感想としてはマイティは素晴らしいチームなんですが、どうでしょうか? セルジオ越後さん?

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です