「ふなずし味」のソフトクリームがマジで美味い!

ひと口食べた瞬間、ソフトクリームの上に乗っている魚のインパクトが吹き飛んだ。なんだこれは!? まるでマスカルポーネチーズのアイスクリームのよう。臭みはゼロである。ふなずし味なのに? 臭い料理の代表格である「ふなずし」だというのに!?

こんなことを言ったらアレだが、正直なところ味には期待していなかった。てっぺんに飾られた魚(モナカ)に惹かれて購入しただけなのだ。ななめ上のビジュアルに、「ふなずし」というクセのある風味。期待値ゼロでも仕方がないじゃないか。なのに……! マジで美味い!!

そのソフトクリームは、東京・日本橋にある『ここ滋賀』で売られている(2020年7月16日時点)。『ここ滋賀』はその名の通り滋賀県のアンテナショップで、店内には近江牛や琵琶湖で捕れる魚介類の佃煮など、滋賀県の名産品がズラリ。

「鮒ずし」は滋賀県を代表する名産品だから、そのソフトクリームが売られていることは全くもって不思議ではない。ただ、「抹茶」「ほうじ茶」「プレーン」と並んでいる中に、「ふなずし」を置くのは反則だ。

異彩を放ちすぎる。そんな状態だったら、店員さんに「何味にしますか?」と聞かれたとき、ついつい「ふなずしで」と言ってしまうじゃないか。恐る恐るスプーンを入れる羽目になるというのに……!

・上の魚は何?

ちなみに、上にのっている魚が何かを店員さんに聞いたところ……

「鮎(アユ)です」

……鮒(フナ)ちゃうんかい! と思わずにはいられなかったが、これは「ふなずし味」のソフトクリームに鮎を合わせるというシュールなボケではない。聞くところによると、どの味を選んでも漏れなく鮎になるようだ。なお、その鮎は……

半身!

というわけで、見た目のパンチ力(りょく)は結構強烈。ただ冒頭でも述べた通り、そのインパクトを吹き飛ばすほどに「ふなずし味」のソフトクリームは美味かった。『ここ滋賀』を訪れた際は是非! 価格は1つ400円だ。

・今回ご紹介した施設の詳細データ

店名 ここ滋賀
住所 東京都中央区日本橋2-7-1
時間 10:00〜20:00 ※レストランなどの営業時間は公式サイトで確認を!

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です