【猛暑】8月の日本列島、平年を上回る灼熱大フィーバーに突入か? 気温予報「お盆休みに合わせて本気を出していく」

2020年8月1日、ようやく梅雨明けが発表された関東甲信地方。思えば今年の7月はずーーっと雨が降っていたような気がする。迷惑なタイプな泣き上戸かよ! いい加減にしろ!! でもこれでやっと夏本番だ。洗濯物も外で干せるぞ~い。

だがしかし……どうやら我らが日本列島さん。梅雨が明けるや否や、いきなりブチ込んでくるようです。気象庁発表の2週間気温予報を見てみますと、来週からお盆にかけて全国的に激しくヤバイことになっているではありませんか。これは灼熱大フィーバー突入待ったなしですことよ。

・暑さも本番へ

梅雨が明けたのはいいけど、なんだか一気に暑苦しくなったと思うのは私(あひるねこ)だけではあるまい。本日8月3日の東京は最高気温30度超えの真夏日で、残念ながらこの暑さはしばらく続くようである。というより……むしろ来週からが本番と言っていい。

気象庁発表の2週間気温予報によれば(8月3日17時時点)、向こう1週間の東京の最高気温は「平年並」か、もしくは「高い」という感じなのだが、8月11日以降は一気にアクセル全開で「かなり高い」を連発。35度超えの猛暑日の襲来をも予想しているのだ。ぎゃああああああああ!

・西も東も

全国の皆さん、何もこれは東京に限った話ではないぞ。試しに大阪の予報を見てみよう。東京は11日が猛暑日の予想だったのに対し……う、嘘やろ。

毎日猛暑日やないか……!

そう、とにかく全国的にクソ暑いのだ。tenki.jpによれば、9日頃から17日頃にかけて、沖縄と九州~東北の広い範囲で平年を上回る暑さが予想されるとのこと。もはや強制ステイホームである。照準をお盆休みに合わせてきているとしか思えないが、これは外に出ず家にいろというメッセージなんだろうか? やり方が手荒すぎるぞ……。

・例年以上に注意を

さらに今年は深刻なマスク問題もある。ただでさえサウナ状態の屋外にマスクを着けて出るとなると、熱中症になる確率も各段に跳ね上がるはずだ。今年は例年以上にこまめな水分補給や温度調節を意識する必要があるだろう。各自、どうかくれぐれも注意していただきたい。

参照元:気象庁tenki.jp
執筆:お天気観測者・あひるねこ


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です