アディダスのマスク「adidas FACE COVER」を3日間使ってみた / あるいは最も快適なマスクについて

外出時の必需品としてすっかり定着し、装着していることが当たり前になった感のあるマスク。一時期の圧倒的な品薄もすっかり解消されたのか、少なくとも都内ではその辺の薬局やコンビニでいつでも購入できるようになった。

それでも新しいマスクに対する人々の関心は依然として高いようで、2020年8月1日から予約が開始されていたアディダスのマスクは一瞬で予約分が完売。

8月7日からは店頭販売も行われたが、各地で行列の果てに完売という人気ぶりだったもよう。偶然このアディダスのマスクを入手することができたので、どんな感じか3連休のあいだ使ってみたぞ!

・アディダスのマスク

本題に入る前に、今回登場したアディダスのマスクこと「adidas FACE COVER」は医療用での使用が想定されていない。ゆえに、使い勝手や感想についても、その辺りは一切考慮していない点に注意してほしい! 

まずは気になる仕様からいこう。色とサイズはどちらも2種類。大人用と子供用で、どちらのサイズでも色は青か黒だ。色によってロゴが違う点に注意が必要だ。

お値段は1袋1390円(税抜き)で、1袋につきマスクが3つ入っている。スポーツメーカー製にしては、なかなかリーズナブルではなかろうか。ジャージみたいな生地で、割としっかりした厚みがあり、口にあたる部分にはメッシュ状の布が。そこにはタグが縫い付けられているが、簡単に外れるようになっている。

耳にかける部分は普通の細いゴム紐製。なんとなくだが、この部分が伸びきった時が、このマスクの寿命な感じがする。

大人用のサイズ感や鼻から顎にかけてのカーブの仕方は、「ピッタマスク」やその類似品のような、よくあるポリウレタン製のマスクとほぼ同じ。

そして、政府支給のマスクよりはそこそこ大きい。まあ、大人であれば男女問わず「大人用」を買っておけば大体フィットすると思われる。

・3日間使ってみた

筆者がこのマスクをゲットしたのは8月7日。そこからの3連休の間、外出時には毎回アディダスのマスクを装着して過ごしてみたが、簡単に良かった点と微妙な点。そして得た、ある意味究極的な気づきについて述べていこうと思う。

まず良かった点は、フィット感だ。かなりピッチリとフィットする。それでいて呼吸は苦しくない。これなら運動をしてもそんなに気にならないのではないかと思う。

また、耐久性や形状保持力もそこそこある気がする。耳のゴム紐がどれくらいで伸びてしまうかはわからないが、少なくとも本体部分は丈夫だ。3日間の間、毎日洗濯機と乾燥機にもかけてみたが、その程度でヨレヨレになったり縮んだり、色落ちすることも無かった。

次は微妙だった点についてだ。まず、口に触れる部分のメッシュ状の生地だが……呼吸をすると、この布が時折口や鼻に吸い寄せられるのがどうも気になった。人によっては全く気にならないことかもしれないが、個人的には不快だ。

また、これは布製のあらゆるマスクが抱える問題だと思うが、いよいよ本気を出した夏の暑さで、すぐに汗で湿ってくる。なまじ厚さのある立派で丈夫な造りのため、乾くにはそれなりに時間もかかる。

また、フィット感が抜群である反面、主に女性の場合は化粧や日焼け止めなどが大いにマスクに付着し、メイクや日焼け止めが剥がされると思う。マスクのフィット感をとるか、顔面の作画をとるか、悩ましい問題だろう。

そして耳のゴムだ。3日程度では全く問題ないが、それなりに細いのでそこまで長持ちはしないと思う。また、長時間つけていると、細さ相応に耳が痛くなる。紐を頭や首の後ろで結ぶタイプとかの方がいい気がする。

・最強のマスク

とまあいい点も悪い点もそれなりにあるが、総評としては良いマスクだと思う。3つで約1400円程度と安いのもポイントが高い。ただ、このアディダスのマスクを使ってみて実感したことがある。

ポリウレタン製が最強

「ピッタマスク」が代表的だが、最近では他にも無名のメーカーが安いコピー品じみたものを出しており、筆者も普段はその手のものを使っている。

素材が素材ゆえに圧倒的に軽く、呼吸のしやすさはぶっちぎりだ。耳が痛くなることも無く、洗っても10分程度で乾く。値段も安い。使ったことのある方なら、この辺はご存じだろう。

アディダスのマスクは、その辺の紙のマスクや布マスクより快適だった。100倍くらい快適だと思う。しかし、ポリウレタン製マスクにはどうやってもかなわない

アディダスのファンだったり、マスクコレクター的な人であればどうにか手に入れられることを祈ろう。しかし、もし快適なマスクを探していて、アディダスのマスクが気になっているのであれば……その辺のポリウレタン製マスクの方が5億倍くらい快適だと思う。

そういえば、アディダスの前にも、いろんなメーカーが高機能っぽそうだったり、なんだか良さそうなマスクを販売し、それら全てが割と高い人気で、即完売しまくってきた。

それらのマスクもまた、アディダスのマスク同様にきっと良いモノだったのだろう。しかし、快適さにおいてその辺のポリウレタン製マスクを超えるモノは一つも無かったのではなかろうか。

今後もきっと、他のメーカーから良さそうなマスクが出て、それらもまた高い競争率で売り切れる展開は続くと思われる。しかし「快適さ」という点では、我々人類はすでに最高のものを手に入れている気がする。ポリウレタンだ。

アディダスのマスクが良いモノだったがゆえに、これまで特に意識せず使っていた普遍的なポリウレタン製マスクの圧倒的強さに気づいてしまった。

素材のポテンシャルが、布とポリウレタンでは地球人とサイヤ人程にも違うのだ。より快適なマスクを求め、新しいマスクに殺到しがちな皆さん。既存のポリウレタン製マスクに今一度目を向けてみてはいかがだろう。

参考リンク:アディダスPITTA MASK
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です