有孔ボードは狭いクロゼットでこそ威力を発揮。断然使いやすくなった

有孔ボードを取り付けたクロゼットの内部

「有孔(ゆうこう)ボード」や「パンチングボード」と呼ばれる板を、壁の一部に取り付けるのが人気です。

好きな場所にフックを付けられるので、壁面全体を「掛ける収納」や「吊るす収納」に利用でき、アトリエやガレージ風のラフな雰囲気が演出できるのもポイント。

リノベーションでクロゼットの内部に有孔ボードを取り付けて、収納量をアップさせた成功例をご紹介します。

クロゼット内の「ただの壁」を有孔ボードで収納スペースに!

白い有孔ボード

上の画像は、3年前にリノベーションした筆者宅のウォークインクロゼットです。引き戸の左右にハンガーパイプと枕棚をそれぞれ設置したのですが、正面の壁は「ただの壁」にしかならないことがプランニング中に分かり、なんとなく「もったいないな…」と思っていました。

そんなとき、インテリア雑誌で壁一面を有効ボードで仕上げたお宅を発見! わが家のウォークインクロゼットの壁にも応用できるのでは?と心が躍りました。

有孔ボードというと無塗装のものをよく目にしますが、雑誌のお宅はラフすぎない白を選んでいて、落ち着いた雰囲気。色までマネさせてもらうことにしました。

収納に困るアイテムを、見やすく、出し入れしやすくしまえる救世主

バッグや帽子などの定位置

「ただの壁」になる予定だった部分に有孔ボードを取り付けたおかげで、バッグや帽子などの定位置をつくることができました!

これなら手持ちのバッグが一目瞭然なので、外出時にサッと選んで手に取れます。持っていることを忘れて「死蔵」してしまうこともなくなりました。

少し高い場所にフックを付けても、バッグ本体を持って手を伸ばせばバッグのハンドルをひょいっとフックに掛けられるので、有孔ボードの上のほうまでムダなく活用できます。

小さくカットした古布を肩ひも&ハンドルにくるっと巻き付ける

バッグの肩ひもやハンドルにフックの跡がつくのが気になるものは、上の画像のように、小さくカットした古布を肩ひも&ハンドルにくるっと巻き付けて掛けています。

パーツを駆使して、自分で使いやすくカスタマイズできるのが魅力

「三角吊りカン」という金具をネジ止めした姿見

ウォークインクロゼットの内部に姿見(ミラー)があるといいなと思っていたので、姿見の設置にも有孔ボードを活用することにしました。

上の画像は、以前から持っていた姿見の裏側です。上部に2か所、「三角吊りカン」という金具をネジ止めして、有孔ボードのフックに掛けられるようにしました。

姿見やネックレスを掛けた有孔ボード

姿見を掛けたフックや近くに追加したフックにはネックレスを掛けているのですが、身支度のときにすぐ手に取れてとても便利。そもそも、ウォークインクロゼットの内部(=着替える場所)に姿見があると、めちゃくちゃ便利なんです!

DIYでつくった棚

上の画像は、ホームセンターで希望のサイズにカットしてもらった板と、専用パーツを組み合わせてくった棚です。有孔ボードが住宅の内装材として人気になり、専用パーツのバリエーションが増えているのもうれしい限り。

ノーネクタイで職場に通う夫の数少ないネクタイ、筆者の腕時計&サングラスなどの小物の置き場所を作ることができました。

足元につけたコンセント

洋服をハンガーに掛けたまま使える衣類スチーマーをいずれ導入したいと思っているため、有孔ボードは床まで設置せずに、足元にコンセントをつけてもらったのもこだわりです。

有孔ボードは狭い場所でこそ威力を発揮

ウォークインクロゼットの中

なんの変哲もない壁面を収納スペースに変えてくれる有孔ボード。筆者宅のウォークインクロゼットの例のように、狭い場所でこそ威力を発揮します。

ちなみに、材料費&施工費は約3万4000円でした。リノベのプランニング時はちょっと高額な気もしましたが、便利さを実感している現在は、心から採用してよかった!と思っています。

新築&リノベーション計画のあるかたは、有孔ボードでの収納量アップを検討してみてはいかがでしょうか?

※取りつけの際には耐荷重に注意し、また地震の際などに落下してケガをしない場所を選びましょう

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です