6畳の部屋に置けるベッドの大きさは?理想のレイアウトをプロが解説

6畳の部屋のベッドのレイアウト

撮影/unsplash

6畳の部屋を寝室として使うとき、どれくらいの大きさのベッドが置けるのでしょうか?

イメージが難しいベッドのレイアウトについて、インテリアコーディネーターのタクミさんが3D画像を使って詳しく解説。ベッドのサイズによって、理想のレイアウトも変わってくるそうですよ。

6畳でもシングル、セミダブルなら寝室兼居室の空間が可能

6畳の部屋に置けるベッドの大きさは、最大でシングルベッドを2台置くことができます。用途に合わせてベッドのサイズやレイアウトを、解説画像をみながら確認していきましょう。

シングルベッドの場合

6畳の部屋のシングルベッドのレイアウト

シングルベッドは横幅が100㎝。1人用として利用できるコンパクトなサイズです。基本のレイアウトは壁側に寄せるか、掃き出し窓に寄せるのが基本の形になります。

6畳にシングルベッドを置いた場合、他の家具をレイアウトできる余白が生まれます。

6畳にシングルベッドを置いても余裕で家具が置ける

ベッド以外に机やデスクなどの家具を置くことができるため、寝室と居室を兼ねた使い方ができそうです。

セミダブルベッドの場合

6畳の部屋だとセミダブルでも余裕で居室スペースが取れる

セミダブルベッドの大きさは横幅が120㎝。シングルベッドより20㎝大きいため、広々とした寝心地にこだわりたい方におすすめのサイズになります。

6畳の部屋にセミダブルを置いたレイアウト

シングルベッド同様に寝室と居室を兼ねるレイアウトが可能です。

部屋に収納スペースが足りなければ、ベッドフレームに引き出しが付いているタイプを選んでもよいでしょう。

ダブルベッド以上のサイズは、部屋の中央に置くのが基本の形

シングル、もしくはセミダブルサイズのベッドまでだと、寝室+αの使い方も可能でした。ではそれより大きなサイズになるとどうでしょうか。

ダブルベッドの場合

6畳にダブルベッドを置くときは部屋の中央が基本

ダブルベッドの横幅は140㎝。セミダブルベッドより20㎝大きいサイズになります。2人で使うことができるサイズのため、ベッドに出入りがしやすい部屋の中央にレイアウトします。

両脇の通路幅およそ1mほど、ベッドに引き出しを取り付けても通路を確保することができます。

ベッド周りをスッキリさせたい場合は、ナイトテーブルを左右に設置してもよいでしょう。

クイーンベッドの場合

6畳の部屋だとクイーンベッドも余裕で置ける

クイーンベッドは横幅が160~170㎝ほどのサイズ。ダブルベッドよりも20㎝以上大きいので、2~3人掛けベッドとして使われやすいサイズです。

クイーンベッドのレイアウトも、部屋の中央に配置するのが基本の形。ベッドを部屋の中央に置いた際、両脇の通路幅はおよそ60~80㎝が予想されます。

通路幅が60㎝以下になると、ベッドの引き出しや部屋の建具の開閉に干渉してしまう可能性があるため事前にチェックしておきましょう。

シングルツインベッドの場合

6畳ならシングル2台までは置いても大丈夫

シングルサイズのベッドを2台並べると横幅は約2mほどのサイズ。一般的にはキングベッドとも呼ばれるサイズになります。クイーンベッドより20~30cm以上大きくなるため、2~3人で使うこと可能です。

ここでのチェックポイントも通路の確保ができているか確認しましょう。ベッド横の通路はおよそ60㎝ほどあれば問題ありません。

また、ベッドのボリュームが大きいので寝室に圧迫感を感じてしまうかもしれません。その場合にはベッドフレームの高さをロータイプで検討してみましょう。
ベッドが低くなれば、圧迫感は少なくなり開放的な印象に変わります。

設置する前に通路の確保と建具の開閉はチェックを!

6畳の広さにベッドをレイアウトするとき、以下の2点に注意してください。

通路の確保が60cm以上確保できているか?

ベッド脇の通路の幅は60㎝以上確保するのが理想的です。掃除のしやすさ、ベッドの収納引き出しの開閉など生活動線が確保できるからです。

もし、60㎝以下になってしまう場合はベッドの大きさを検討する必要があります。

収納扉や建具の開閉に干渉しないか?

ベッドを置いた際、室内の開き扉や折れ戸の建具が干渉しないかチェックしておきましょう。ベッドを設置してみたら、建具が開かないという失敗を防ぐためです。
建具の開閉するスペースを考慮して、ベッドサイズを選んでください。

6畳の部屋には最大でシングルベッドを2台までレイアウトすることができます。ベッドを購入する前に、部屋の用途に合わせて検討してください。

●教えてくれた人/タクミさん
インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター2級。インテリアショップにて5年間勤務後、リフォーム/リノベーションのコーディネーターに。男性目線のブルックリン、インダストリアル、西海岸風のインテリアセレクトを得意としている

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です