ドコモ口座事件の謝罪会見翌日に「NTT株を約24万円」買ってみた結果……

NTTドコモが運営する電子決済サービス「ドコモ口座」。2020年9月10日、そんなドコモ口座をかいした不正出金事件が発生していることについてドコモが謝罪会見を行った。ざっくり言うと、犯人がドコモ口座のシステムを利用し、様々な銀行口座から金を盗み取っているということである。

ドコモ関係なく、銀行口座を持っている人なら誰でも被害に遭う可能性があるこの事件。会見の翌日、ドコモならびにNTT(日本電信電話)の株価は当然急落していたが、あれ? これ逆に考えると株の買い時なのでは? そこで日本電信電話の株を買ってみた!

・会見翌日の株価

繰り返すが、銀行口座を持っている人なら誰でも被害に遭う可能性がある本事件。ドコモいわく引き落としの名義は「ドコモコウザ」や「デイーバライ」となるとのこと。全員1度、謎の引き落としがないかチェックしといた方が良いだろう。ちなみに、会見によると、被害は全額補償する形で対応していくとのこと。

そんなわけで、会見翌日の9月11日金曜日、ドコモと日本電信電話2社の株価がこちらです。

ドコモは、ひと株3100円前後を行き来していたのが2800円台に、日本電信電話はひと株2600円前後だったものが2370円台に。ギューンと下落。アイスクリームが溶けたかのようなチャートの形になっている。

・買うしかねえ

数日前、私がノー知識で株式市場に殴り込みをかけたことは以前の記事でお伝えした通り。初心者かつ資金力のない私は大手の株に手が出なかったわけだが、大幅下落でドコモはともかく日本電信電話の株ならギリ買うことができるようになった

しかも、1分ごとのチャートを見てみると、すでに株価が回復しつつあるように見える。これはひょっとして今が「底」なのではないか? 神が「買え」と言っているとしか思えない。そこで、手持ちの株をほぼ売って資金を作り、約24万円日本電信電話の株を購入

・ブラッディマンデイ

購入後、さらに少し下がったが、そこから反発するように徐々に上がってくる株価!! 金曜日はチャートが上昇する形で市場が閉まる15時を迎えた。やっぱり今日が「底」だったんだ!

ここから土・日と市場が休みになり続きは月曜日となるが、あとは価格が徐々に上がるだけのはず。勝ったなガハハ。いまだかつて月曜日がこんなに楽しみになったことがあっただろうか。イッケェェェエエエ!!

そして、待ちに待った月曜日──

下がんのかーーーーーーい!!!!!

・神などいない

朝起きてチャートを見たら、日本電信電話の株がさらに急落しているではないか! この時点ですでに4000円の損となってしまった。でもでも!! さすがに今日が底だろ? 明日は信じていいよね? 祈るような火曜日の朝……

ギョエェェェエエエエエエエェェェエエエ

月曜日からさらに下がってるゥゥゥウウウウ!? もはや緊急事態宣言が出た3月より株価が低くなっているではないか!! 確かに、ドコモ口座事件の被害額が2542万円に広がったって報じられていたけどもー!

・勉強

底だと思ってもまだ下がる。また1つ勉強させてもらった気分だ。今回の授業料は24万円となったが、返す返す、株は資産なのでゼロになったわけではないため切り替えていきたい。伸びしろ伸びしろォォォオオオ! 現在の資産は38万3892円で損益は「-1万6108円」。

・ドコモの対策

なお、ドコモは事件の当面の対処として、銀行口座の登録・変更などのサービスを停止。再発防止策として「eKYC」(本人確認をウェブ上で行うシステム)を9月末にも実装する方針で、SMS認証についても「速やかに対応を開始していきたい」としている。ここはぜひともしっかりした対応をして株を上げてもらいたいものだ。

参照元:ドコモ[1][2]、NHK
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です