無印とフレッシュロックが「シンデレラフィット」。片付けが気持ちいい

無印良品のポリプロピレン追加用ストッカーなどを使ったキッチン収納

奇跡的にピタッと気持ちよくものが収まる「シンデレラフィット」を経験すると、収納に対するモチベーションがアップします。無印良品の収納アイテムで起きた「シンデレラフィット」の数々の例を挙げながら、キッチンまわりをスッキリさせる方法をご紹介します。

シンデレラフィット連発のポリプロピレン追加用ストッカー

無印良品のポリプロピレン追加用ストッカー

わが家で食材の収納に使っている、無印良品のポリプロピレン追加用ストッカー(税込790円)はスタッキングできるので、キッチンやランドリースペースなどの隙間収納に人気の商品です。半透明で中身が見えにくいのもうれしいポイント。

フレッシュロックの保存容器

筆者宅では、このポリプロピレン追加用ストッカー(以下PP追加用ストッカー)をキッチン収納と食品庫収納に使っています。キッチン収納では、保存容器「フレッシュロック」シリーズの商品とPP追加用ストッカーを組み合わせて乾物や調味料を収納しているのですが、この2つがまさにシンデレラフィット。

フレッシュロック角型500mlが8個収まる

フレッシュロック角型500ml(税込522円)は、PP追加用ストッカーにぴったり8個収まります。

フレッシュロック角型1.1Lが3個がぴったり収まる

フレッシュロック角型1.1L(税込731円)は、3個がぴったり収まります。

フレッシュロックを使う前は、PP追加用ストッカーに買ってきた袋のまま食品を収納していてたので、どうしても乱雑になりがちでした。現在は入れるものの定位置が決まり、ピタッと収まったフレッシュロックに詰め替えて収納しているので、いつ開けてもすっきりした状態を保っています。フレッシュロックは口が広く詰め替えがしやすいので、ストレスもありません。

レトルト食品がピタッと収まる

こちらの食品庫内に置いているPP追加用ストッカーには、レトルト食品が気持ち良いくらいピタッと収まっています。引き出したときに見つけやすく、在庫もわかりやすいので、管理がぐんと楽になりました。

ポリプロピレン整理ボックスは、冷蔵庫収納でシンデレラフィット

無印のポリプロピレン整理ボックス2

キッチンのカトラリー収納などにも便利な無印のポリプロピレン整理ボックス2(税込150円)は、冷蔵庫収納で「シンデレラフィット」が起きました。

乳酸菌飲料10本がぴったり収まる

乳酸菌飲料10本がぴったり収まるので、冷蔵庫の中でバラバラにならず重宝しています。他にもプリンやゼリーなどもこちらのボックスに入れて冷蔵庫に収納しています。取り出しやすく、ストックがひと目で分かります。

収納の「シンデレラフィット」が起きる場所は、結局のところ無理のない収納にもつながっている気がします。一度フィットした場所はスッキリした状態を保ちやすくなるので、家の中にそういう場所が増えると片付けの時短になり、ストレスが少なくなるのではないでしょうか。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です