キッチンの収納量を簡単に増やすワザ。食器や保存容器が取り出しやすく

キッチンの収納に入りきらない食器

「いつの間にか増えた保存容器や食器が、収納に収まりきらない」「食器を積み上げたことで、取り出しにくく。結果、使う食器がいつも同じに」…。キッチンの収納にまつわる悩みは尽きないものです。
そこで今回は、家事研究家でライフオーガナイザーの香村薫さんによる解消法を紹介。実践していることと、おすすめのグッズについて語ってもらいました。参考にすれば、あなたのキッチンの収納量がぐっとアップしますよ。

上部に空いた空間を有効利用。100均グッズで棚を増やす

突っ張り棒と金網を組み合わせて収納量を増やす

ぜひご自宅の収納をじっくりと眺め、上のほうにムダな空間が空いていないかどうかをチェックしてみてください。

わが家では、上部が空いた空間に、100円ショップの突っ張り棒と金網・ファイルトレーを置き、その上にファイルトレーを載せ、タッパーのフタをまとめておいています。
これならタッパー本体部分は重ねて置いておけるので、かさばり感も軽減できます。
突っ張り棒はあまり強度が高くないので、重いモノを載せるのは避けてください。軽いモノがおすすめです。

引き出しの中を2段にして、タッパーを収納

ファイルトレーの下に金網を置くことで、引っかかることなくスムーズに動きます。出し入れしやすく、奥のほうまで有効に使えますよ。

「ワイヤーバスケット」で引き出しの収納力を2倍に

引き出しの中を2段にするためのワイヤーバスケット

次におすすめなのが、1段しかない引き出し収納を2段収納に変える方法。
ここで活用するのは「ワイヤーバスケット」です。

2段にしてもワイヤーなので、下の段に入っているモノが見える

背の高いものを入れる1段の引き出し収納の上部が空いている場合は、この方法で2段にすることができます。
引き出しサイドの板が貼ってある部分に、写真のようにワイヤーバスケットを置きます。すると持ち手部分が両サイドにひっかかり、収納が2段になるというわけ。
購入前には、各ご家庭の引き出しの横幅を測って、そこに合う横幅のワイヤーバスケットを探してくださいね。また奥行きも測っておき、引き出しにバスケットがいくつ収まるのかを計算してください。
ワイヤーなので、下に入っているモノが見えなくなることもありません。

食器を入れるときは余裕をもって入れる

食器を置く場合は、スペースに余白を設けることで、スライドさせればしたの段の食器も取れやすくなります。

左右の引っ掛け部分に余裕があるニトリのワイヤーバスケット

様々なワイヤーバスケットがありますが、なかでもイチオシなのが、ニトリの「積み重ねもできるカラボ用ワイヤーバスケット」です。

通常のバスケットよりも、ひっかける部分に余裕がある(もともとは、カラボの引き出しレール向けの部位)
ので、様々なサイズの棚や引き出しの幅と合いやすいかもしれません。候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

コの字型ラックや、オーブンレンジのコの字型グリル用金網を活用して

食器を取り出しやすくするコの字ラック

次は「コの字型ラック」を使用して、収納をもっと使いやすくした例です。
食器を何枚も重ねて収納していると、ついつい上の食器だけを使いがちに。
そんなときには、アクリルのコの字型ラックを使って、食器を取り出しやすくしてみては?

コの字型ラックを使って、食器を取り出しやすくしたところ

上下に分けた食器の間にラックを入れるだけのことですが、食器が片手でサッと取り出しやすくなりますよ。
しかもラックは透明なので、圧迫感もなくスッキリと見えます。

その際の注意点は、「食器の数を重ねすぎないこと」。片手で取り出しやすい食器の数を目安にするといいでしょう。食器の大きさや形、重さなどにもよりますが、詰め込みすぎにはご注意を。

グリル用金網を代用して収納を2段にする方法

またコの字型ラック以外にも、オーブンレンジのグリル用金網を代用するのもおすすめです。

この写真では、下の段にグリル用金網を置き、その下には普段あまり使わない皿を、上の段にはよく使うお皿を立てて収納しています。もちろん、グリル調理をする際は、金網としても使います。

グリル用金網は調理器具の収納にも使える

ちなみにわが家のグリル用金網は横幅が大きいので、お鍋収納にも向いています。

今回は保存容器や食器の量が増えても使いやすい、収納方法とグッズをご紹介しました。どれも簡単にできるものばかりです。お試しください。

●教えてくれた人/香村薫さん
家事研究家/ライフオーガナイザー、株式会社ミニマライフ代表取締役。大学卒業後、トヨタグループのAT・ナビ専門メーカー・アイシンAWに入社、商品企画・統括業務を担当。結婚後には夫と一緒に、モノの適正数を決め、しくみで維持する片づけ方を考案。「トヨタ式おうち片づけ」と名づける。著書は「トヨタ式おうち片づけ」をはじめ多数

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です