貼ればゴミ箱が減る!ダイソー「どこでもペタッとゴミ袋」はここで活躍

ダイソー「どこでもペタッとゴミ袋」を取り付けたところ

ゴミ箱を置くほどたくさんゴミが出るわけではないけど、ちょっとしたゴミを捨てたい時ってありますよね。そんな時に便利なのが、ダイソーの「どこでもペタッとゴミ袋」。シールで貼れるゴミ袋です。これが想像以上に便利。ゴミ箱を置かなくて済むので省スペースにもなります。どんな商品なのか、さっそく見ていきましょう。

たまにしかゴミが出ない場所に最適

ダイソー「どこでもペタッとゴミ袋」

ダイソーの「どこでもペタッとゴミ袋」は18枚入り。縦23㎝×横25㎝×底マチ4㎝と使いやすいサイズです。持ち手部分に付いているシール部分のフィルムをはがして、好きな場所にペタリと貼り付けるだけでゴミ箱代わりに。

床に置くゴミ箱と違って、掃除機をかける時に邪魔にならないのもうれしいポイント。モノトーンの英字がプリントれたおしゃれなデザインなので、インテリアにも馴染みます。

冒頭の写真は、わが家の2階のベランダに出る扉の近く。2階はゴミがほとんど出ないので、今までゴミ箱を置いていなかったのですが、たまにティッシュなどのゴミを捨てたい、でもゴミ箱がない…、というプチストレスを感じていた場所だったので、とても重宝しています。

持ち手を通す穴

持ち手を通す穴があるので、捨てる時も簡単にまとめることができます。ちょっとしたことですが、こういった工夫がされているだけでより使いやすくなります。

キッチンや車内など様々な場所で活躍

キッチン

キッチンに取り付けた「どこでもペタッとゴミ袋」

キッチンのシンク周辺に貼り付けると、カウンターを広く使うことができ、調理中に出たゴミも捨てやすくなります。

デスクやテーブル周り

デスクに取り付けた「どこでもペタッとゴミ袋」

子どもが宿題をしたりお絵描きをしたりするデスクやテーブルにも最適。ゴミ箱に入れにくく、床に落ちやすい消しゴムのカスなどもさっと捨てることができます。

車の中

車内に取り付けた「どこでもペタッとゴミ袋」

今まで車に置いていたゴミ箱も、ペタッとゴミ袋に変更。車の床にゴミ箱を置いていると、子どもたちが座っているチャイルドシートからは捨てにくかったり、運転中にゴミ箱が転がって中身が散らばってしまう、ということがよくありました。

少し高い位置にこのペタッとゴミ袋を貼り付けることで、子どもたちもゴミを捨てやすくなり、床を広く使えるようになったので、車内がとても快適になりました。

玄関

玄関に取り付けた「どこでもペタッとゴミ袋」

毎朝子どもの幼稚園バスの待ち時間を利用して、簡単な玄関掃除をしています。玄関にこのゴミ袋があることで、玄関掃除がとてもラクになりました。掃き掃除で出た砂ボコりを集めたり、使い捨ての掃除シートを捨てたりするのに役立っています。

庭の雑草なども気づいた時に抜くようにしているので、少量の雑草や枯れ葉などを、玄関に入ったタイミングでさっと捨てられます。

キャンプや子どもとの外食時のゴミ袋としても活躍

テーブルに広げた「どこでもペタッとゴミ袋」

掃除の時に邪魔になるので、なるべく床に物を置きたくないわが家は、ゴミ箱の数を必要最低限にしています。私のように家の中のゴミ箱を増やしたくない方にはぴったりのアイテムだと思います。

また、キャンプや子どもとの外食時のゴミ袋としても活躍しますので、バッグの中に入れておくと、いざという時に役立ちます。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です