マサイ族の「政治集会」ではどんなことが話し合われているのか? マサイ通信:第423回

スパ! ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。みんなは政治に関心はあるかい? オレはある。というか、これまでにも何度か書いた気もするが、マサイ族はみんな、政治には熱心だ。

つい先日も大集会があったんで参加してきた。そんで、日本のゴー(羽鳥)に写真を送った。そしたら、あいつ、「ま〜た集会か。いったい何を話しているんだ?」と。よし、教えてやろう。たとえば今回の集会のネタは……

「ジョセフ・オレ・レンク(Joseph ole Lenku)って男が今の知事なんだけども、こいつはダメだ。ダメダメだ。なぜって、選挙前に宣言した公約を1つも果たしていない!

……ってことから始まって、

「次の選挙で入れるべきはジョセフではなく、カトゥー・オレ・メティト(Katoo Ole Metito)氏しかいないっ! 彼こそがオレたちマサイ族のリーダーだァッ!!」

……みたいな感じ。ちなみに次の選挙が行われるのは2年後の2022年で、選挙前になると毎月のように今回みたいなミーティングが開かれる。そんでカトゥー氏を応援するんだ。

オレたちマサイ族が期待する未来は、「食べ物と教育が無料」で「学校と病院の建設」と「道路と水源の掘削」だ。それらを実現させるため、政治にも熱心なわけだ。わかったかな? ではオレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です