美しすぎる漢字「甃」。この言葉の意味を知ったら旅に出たくなる

読めそうで読めない甃
秋と瓦(かわら)の2つが合体した漢字。とても味わいのある漢字だと思いませんか?

訓読みで5文字。これがまた風情があります。さて何と読むでしょう?

きっと歩いたことあるかも!パリやロンドンにもあります

パリの古い町並み

KavalenkavaVolha / PIXTA(ピクスタ)

「秋・瓦」というと、紅葉シーズンに日本の古い街を旅するようなイメージがわくのではないでしょうか?それって間違ってないです。かなり正解に近いです。

京都や奈良の神社仏閣、古い宿場町をそのまま保存しているような観光地には必ずあります。日本だけではなく、ヨーロッパの古い街並みともセットになっていると言ってもいいかも!きっとこの上を歩いたこと、あるはずです。

今で言うと、アスファルトで舗装された道路のこと

京都の古い街並み

gandhi / PIXTA(ピクスタ)

正解は「いしだだみ」です。

実はもう一つ「しきがわら」という読み方もあります。こちらは、土間や平らにならした地面に敷く瓦の意味です。

どちらの意味も、土の地面だと草も生えるし、雨が降ると水たまりができてしまうのを防ぐために、昔の人が考えた画期的な舗装。今で言うところのアスファルト舗装に近い感覚だと言っていいでしょう。

この甃(いしだたみ)には、ただ風情があるとか、歴史を感じさせるだけじゃない、アスファルト舗装にはない機能があります。

それは雨水が石と石の間から地中にしみ込んでいくこと。雨水があふれてしまい道路が水浸しになるということも減ると考えられます。
また、地中にしみ込むことで地下水位も上がり、枯れてしまった井戸が復活する可能性も!復活したら、災害時にも役立ちますよね。

そう考えると、もう少し甃が評価されてもよいのかもしれません。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「鋏」
「鋏」読める?ギリシャ型とローマ型があります

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です