「味変セット」でアレンジ自由! びっくりドンキーの400g「ガリバーバーグ」今年は11月17日まで!!

びっくりドンキーの巨大ハンバーグ「ガリバーバーグ」が今年もやってきた。大人の顔ほどもある大きさながら、さらっと食べられるジューシーな味わいは過去記事でも報じたとおり。

でも400gなんて食べられない……というあなた。鍋やラーメンなど、ちょっと多いなと思っても調味料や追加食材で「味変」すると味覚がリセットされて完食できた、という経験があるはず。

びっくりドンキーでは、昨年からガリバーバーグ用「味変セット」を用意。最近のガリバーバーグはひと味、いや、ふた味以上も違うぞ。

・「味変セット」とは?

ガリバーバーグを注文すると無料で提供される「味変セット」。「ホワイトペッパー」 「ハバネロソース」「粉チーズ」のセットがテーブルに届けられる。さらにハンバーグ本来の風味をとことん味わいたい人向けに「追加ハンバーグソース」もあり。

ほどなくガリバーバーグディッシュ(税抜1268円)が到着。わかってはいるけれど……デカい!

定番の比較構図。通常の150gハンバーグと比べるとその大きさが際立っている。

大きいだけじゃない、厚みもあるぞ。

ソースもたっっっぷりかかっている。肉汁の海に浮かぶハンバーグだ。

では、いただきます。びっくりドンキーは基本的にジューシーでふわふわ系のハンバーグ。大きく見えても食べるのに苦労することはあまりない。筆者のようにいつもの癖で「びっくりフライドポテト」を頼んでしまうような愚行さえなければ食べきれるだろう。デフォルト状態でも箸は難なく進む。

……進むのだけれども、もう我慢できない!

「味変」は飽きたときだけじゃない。それじゃあ、守りに徹するばかりで攻撃がおろそかになっているのと同じだ。もっと攻めていかなければ。出会いを求めて自ら「味変」したっていいじゃないか!

まずはホワイトペッパー。ホワイトなので自己主張は控えめながら、味がピリッと締まる。

続いて粉チーズ。「イタリアン風にも楽しめる」という触れ込みどおり、チーズの風味で一気に洋食風に! ハンバーグが隠れるくらい、惜しみなくがっつりかけた方がいい。

そして期待のハバネロソース。激辛ハンバーグって実際どうなの?

辛い! 白いご飯がめちゃくちゃ進む。一応「中辛」なので、罰ゲームで使われるような殺人的な辛さではない。量も加減できるので、多くの人が楽しめると思う。

ひらめいた。これ、組み合わせちゃってもいいんじゃないの? ハバネロ+粉チーズだ。

めちゃめちゃ美味しい!!

チーズのまろやかさの中に、ハバネロのパンチのきいた辛み。辛いはずなのに、なぜか甘みを感じる。いつものドンキーのハンバーグとは違う新たな食べ物が誕生した!

・11月17日までの期間限定

今年はテイクアウトにも対応。ただし「味変セット」は店内限定なので注意して欲しい。

店内飲食なら「エッグ」「おろしそ」「パイン」「チーズ」と通常のトッピングメニューもオーダーできるので、「自分だけのガリバーバーグにアレンジ可能」とのこと。

しかしこの「味変セット」、レギュラーメニューのときにも出して欲しいなぁ。ガリバーバーグ時だけとはもったいない。ハンバーグをいろいろな味にして食べるアレンジ、「大あり」だ。

参考リンク:びっくりドンキー
Report :冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です