【恥さらし】上野アメ横で「D&G」のキャップを買おうとしたら、全然違うものを買ってしまったでござる!

今年の流行語大賞にノミネートされる可能性のある言葉の1つに、『香水』が挙げられるだろう。これは歌手・瑛人(えいと)さんのデビューシングルで今年大ヒットした。いまだに新しいカバー動画がYouTubeなどに投稿されている。

この曲といえば「D&G」。そうイタリアのブランド「ドルチェ & ガッバーナ」である。ファッションや流行に疎(うと)い私(佐藤)にとって、かろうじて名前だけは知っている存在なのだが、上野・アメ横でD&Gのキャップを買おうとしたら結果として全然違うモノを買っていた。モノを知らないとこんなところで思わぬ恥をさらしてしまう……。

・外国人のブランドショップ

賢い人ならすでにお気づきかと思う。私は「DG」と書かれたキャップを手にしたと思っていた。しかしそれは違うものだと後から気づくことになる

さて、詳しく状況を説明しよう。アメ横で、外国人がショップ店員をしているお店の入り口に「DG」と書いてある気がしたキャップを発見した。これはドルガバでしょ! 買うなら今しかない! と即断して「コレください!」とお願いすると、「中に入って」と言われてしまった。

ヤバい、余計なものを買わされる!! そう察した私は「コレしか買わない!」と先に強めに伝えて入店した。食い下がってくるかな? と思ったら、それ以上は特に何も言わず他の商品を勧めてもこなかった。なんだ、警戒しすぎたか……。

そして彼は電卓を手に持つと、私に見えるように金額を打ち込んだ。最初「5900円」と打ったものに、ナゾの割引が働いて「3825円」になった。そこで一旦数字をクリアして改めて「3500円」と打ち込んだ。

「コレでいいよ」と彼は言う。なぜ安くなったのかは全く不明だが、有難く購入させて頂いた。やったぜ、DGのキャップ買ったぞ!

・ツバに何か書いてある……

私は喜んでキャップの画像をInstagramに投稿した。

「アメ横で超カッコいいキャップ買った! やったね」

持ち帰って着用してみると、オッサンの私が被るにはちょっと派手な気もしたけど、ドルガバならいいか。そう思っていた……

ところが! キャップのツバの裏に何か書いてあることに気づいた。あれ? 何か書いてあるぞ。

そこには「DC SHOES」って書いてあるじゃないか! 「DG」じゃなかったのかよ!!

調べてみると、このロゴはアメリカのスポーツ用品メーカー「DCシューズ」のものだった。恥ずかしながら、私はこのロゴをずっと「D&G」と表記されていると思っていた。ドルチェ & ガッバーナのロゴだと真剣に思っていたのだ。だって「C」の下の部分がちょっと曲がってて「G」に見えたんだもん! っていうか、知らなかったんだよ、マジで!! 46年の人生で今日初めて気づいたんだよ!

幸いだったのはInstagramに「D&Gのキャップ買った」と書かなかったことだ。誰も気づいていないはず、私がDGとDCを勘違いしていたことを。ということで、ブランドをあまり知らない人は、この2つのブランドを間違えないようにしてほしい。たまにメルカリとかで、勘違いしている出品者を見かけるので買う時に気をつけよう。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です