捨てる前の古スポンジ!排水口、絨毯の毛玉、靴のソール…使い道は盛だくさん

古スポンジでシンクを掃除

食器洗いをはじめ、お風呂や洗面所の掃除にも大活躍のスポンジ。使い続けていると、だんだんへたってきますが、ついつい無理して長く使って、効率悪いお掃除をしがちです。

「古くなってきたら、あちこちの掃除に使いまわして汚れをとり、十分使いきってから捨てます」。掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさんに、スポンジを使い倒して、家じゅうの気になる汚れをスッキリ落とす方法を教えてもらいました。

使いまわしその1:食器洗い用スポンジ→排水口掃除

シンクで食器洗いに使っていると、1か月ほどでスポンジが傷んできたり、不織布部分がはがれてきたりします。そうなると交換どき。処分する前に、まずはシンク掃除に使います。

古スポンジで排水口を掃除

その後、排水口の掃除に使います。排水口のゴミ受けを外し、排水トラップ椀を外すと水封の水がたまっています。水が多いとお掃除しにくいので、スポンジに水を含ませて、排水管に捨てると水位が下がり、中の汚れが見えやすくなります。

そこに洗剤をかけて、スポンジで汚れをこすり落とします。スポンジを縦半分にカットすると、隙間に入り込んで掃除しやすくなります。

古スポンジで排水管を掃除

そして最後は奥の排水管掃除に使い、捨てています。排水管にスポンジを押し当ててクルクルと回して汚れをとります。ここでも、縦にカットしたスポンジが重宝。あまり細くカットすると汚れが取れにくくなるので、排水管の大きさにピッタリの幅か少し大きめがオススメです。

使いまわしその2:絨毯の毛玉とり→サッシレール→フェンス

古スポンジで絨毯の毛玉とり

掃除用のスポンジがへたってきたら、乾いた状態で絨毯の毛玉とりに使います。不織布部分の固いところでこするとよくとれます。そのほか、床や巾木の掃除などにも使えます。乾いたスポンジでホコリをなでると、サッと落とせます。

不織布部分がへたれてきたら、スポンジにカッターナイフで切れ目を入れて、サッシレールを掃除します。

古スポンジでサッシレールの溝を掃除

レールの幅に合わせてカットすると、たまった砂ぼこりがかきだしやすくなります。古スポンジでフェンスを掃除

スポンジの中に砂汚れが入り込むと、取り出すのは難しいので、あとは外回りの掃除に使います。たとえばフェンス掃除では、クロスにカットしておけば、カビや苔がついたフェンスにスポンジがフィットして取れやすいです。

使いまわしその3:洗面ボウル→靴洗い→外回りの掃除

最初は、洗面所の洗面ボウル掃除に使います。

古スポンジで靴洗い

次に、靴を洗うのに使います。不織布部分が硬いので、ソール部分の汚れがよく落ちます。

古スポンジで室外機を掃除

靴洗いに使っていると、不織布部分がへたってくるので、そのあとは外回りの掃除にまわします。例えば室外機についた砂汚れや、プランターや植木鉢の砂落としなどに便利。

そろそろ捨てどきかな?と思ったスポンジは、汚れが軽めなところから掃除して、最後は外回りの掃除に使って処分。とことん使いまわせたら、おうちもすっきり! スポンジも気持ちよく新品に交換できます。

●教えてくれた人/よしママさん
元小学校・家庭科教諭。時短&家族にやさしい掃除、洗濯を日々研究し、ブログ「節約ママのこだわり掃除」で発信。著書に『家族が笑顔になる おそうじの魔法』(日本文芸社刊)

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です