片づけのプロが実践!たった3つの心がけで家をきれいに保つ

すっきり整ったキッチン
モノが多い、収納が少ない、家族が協力してくれない…。片づかない悩みは人それぞれ違いますが、ちょっとした心がけで部屋はすっきり整います。
ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さんが、毎日の暮らしの中で心がけている3つのポイントを伺いました。

その1:高い場所にモノを置かない

キッチンはモノが多く、つい空いている場所にモノを置きたくなります。箱に入ったままの家電を冷蔵庫や食器棚の上に置いたり、オシャレな雑貨や調味料を換気扇の上に並べたり…。

空間を全体的に見たときに、高い場所にモノがあると圧迫感を与え、余計に狭く感じます。

棚の上のスペース
棚の上もすっきりしておくように。
キッチンの換気扇
換気扇にも何もないと、雑多な感じが消えて広く見えます。
いつか使うかもと何年も放置していると、ホコリもたまって調理場としても衛生的に気になります。

棚の上段
また、年齢が高くなってくると踏み台に乗ってモノを取るという行為が危なくなるので、棚の中も見極めが必要です。地震での落下を防ぐためにも、高いところのモノは極力、取り除いておきましょう。

その2:机にモノを置きっぱなしにしない

キッチンカウンター
キッチンカウンターやダイニングテーブルの高さは、モノを置きやすい高さなので、ついチョイ置きしがちです。
ここにモノがたまっていると雑多な感じが拭えません。机の上にモノを置きっぱなしにするのはやめましょう。

ダイニングテーブル
食事や作業で机の上にモノをのせますが、終わったらすぐに下げ、元の状態に戻します。置きっぱなしはホコリも付着し、掃除の手間もかかります。

その3:調理後は汚れを一掃

IHコンロ
取り出しやすさと、見た目のオシャレさから、調理グッズをコンロ周りに並べているおうちもありますが、調味料や雑貨に引火する可能性もあり、消防法からするとNGです。

また、液体の調味料などは、出しっぱなしだと日にあたって酸化したり劣化することも考えられるので、使い終わったら引き出しや冷蔵庫にしまうことをおすすめします。

IHコンロで調理後にアルコール除菌
ガスの五徳と違い、IHコンロは汚れないと思いがちですが、IHも放っておくと汚れがこびりつきます。わが家では、コンロを使ったら、最後にアルコール用除菌スプレーで拭き取り掃除をしています。このひと手間で、油汚れでギトギト…が防げます。

シンクの中もきれいにしておくことで、次の作業が気持ちよく行えます。

片づけが苦手、といってモノを置きっぱなしにすると、ホコリの温床になり、かえって掃除が大変。使ったら何もない状態に戻すことを習慣にしましょう。ためこまなければわずかな時間で元通りに。スペースも気分もスッキリしますよ。

●教えてくれた人/田川瑞枝さん
ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー、ファイリングデザイナー。モノの片づけを通して、生き方の整理整頓を伝える「思考の整理収納塾」代表。時間管理、書類の整理、家計管理、住育、防災片づけ、ワークライフバランスなどのアドバイスも。ブログ「思考の整理収納塾~Sapporoちょこ*スタイル~」を更新中

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です