USB充電式LEDセンサーライトで「収納奥が暗くて見づらい問題」を解消

中が暗くなりがちな収納棚

収納棚やクロゼット、押入れの中はどうしても暗くなりがち。モノを探して取り出すとき、もうちょっと明るければラクなのに、と感じることが多いでしょう。

整理収納アドバイザーのmidoriさんは、USB充電式で人感センサータイプの「LEDセンサーライト」を収納棚に取り付けたところ、モノの出し入れがしやすくなり、とても快適になったそうです。また、電池式のタイプより使い勝手が良く、停電時などにも役立つので防災グッズとしてもおすすめ、と言います。詳しく聞いてみました。

日中でも暗い廊下にある収納棚は中が見づらい…

日用雑貨や食品のストック、工具類などを収納

筆者宅には廊下沿いに収納棚があります。大きな収納棚なので重宝していて、日用雑貨や食品のストック、工具類など様々なモノを収納しています。

照明を点けないととても暗い廊下

ですが、この収納棚がある廊下は照明を点けないととても暗いのです。日中でもこんな感じです。

照明を点けていない状態で収納棚の中を見た様子

照明を点けていない状態で収納棚の中を見た様子がこちら。暗くてほとんど見えません。

収納棚から遠い位置にある照明のスイッチ

もちろん廊下の照明を点ければ見やすくはなりますが、それでも棚の奥の方は見づらいです。

また、廊下の照明スイッチ(写真右手)が収納棚から遠いのです。正確にはちょっとの距離なのですが、わざわざスイッチを押しに行くのが億劫なのです。

そのため、以前も人感センサー式のLEDライトを取り付けたことがあるのですが、電池式だったので、電池交換が面倒なのと、両面テープで貼り付けていたので取り外しができないため、電池が切れたままずっと放置していました。

USB充電、マグネット式だから面倒くさがりな人でも大丈夫

LEDセンサーライト

もっといい商品がないものかと探した結果、見つけたのがこちら。価格は1690円(税込み)ほどでした。軽い気持ちで使い始めましたが、日に日にその良さを実感しています。

USB充電式だから電池交換のわずらわしさがない

LEDセンサーライトを充電する

電池式ではなくUSB充電式なので、電池交換のわずらわしさがありません。電池交換が面倒で以前買ったLEDライトを放置してしまった面倒くさがりの私にはぴったりです。

マグネット式だから取り外しがしやすい

付属の小さな金属プレートを、ライトを付けたいところに両面テープで貼る

マグネット式なので気軽に取り外しができます。付属の小さな金属プレートを、ライトを付けたいところに両面テープで貼るだけ。

LEDセンサーライトを好きな場所に取り付ける

扉の裏や棚の上の方など、好きな場所に簡単に取り付けられます。

LEDセンサーライトを取り外す

取り外しが簡単なので、充電もさっとできます。

収納棚を開くと自動でLEDセンサーライトが点灯

人感センサーで、収納棚を開くと自動で点灯してくれるので、中が見やすくなってとても助かっています。

停電時にはそのまま懐中電灯としても使える

レンジーフードにセンサーライトを付ける

マグネット式の良いところは、取り外しが自由自在なところ。停電時にはそのまま懐中電灯として使えます。

レンジーフードにセンサーライトを付けて点灯

たとえばキッチンに移動させてレンジフードに付けるとこんな感じ。調理中に手元を照らすライトとしても活躍してくれます。

収納棚やクロゼット、押入れの中が暗くて不便に感じていた、という方は試してみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人/midoriさん
整理収納アドバイザー。3LDKマンション暮らし、二人の男の子の母。おしゃれなモノ選びや収納の工夫をInstagramなどで発信中

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です