神棚にも!無印「壁に付けられる家具」を意外な場所で活用するアイデア集

無印良品「壁に付けられる家具」を神棚として使用している様子
無印良品の「壁に付けられる家具」は、殺風景になりがちな壁にちょっとした収納スペースを設置できる便利なアイテム。実用的な棚として使ってもよし、部屋のアクセントとしてもよし。その使い方は無限大です。

家じゅうで活用しているという日刊住まいライターが、おすすめの使い方を紹介します。

続々と新商品が追加されており、形状だけでなく色のバリエーションも増えているそう。これは使わない手はありません。

無印の「壁に付けられる家具」は簡単に設置できて空間を広く使える!

無印良品「壁に付けられる家具」に衣類を掛けている様子

無印良品の「壁に付けられる家具」は、石膏ボードの壁に取り付ける家具です。
この商品の特徴は以下の通りです。

  • 壁を有効活用するため、空間が広く使える
  • 設置後は、どの方向から見ても留め具が見えない
  • 工具を用意する必要がなく、女性でも簡単に設置可能
  • 使用するピンの針が細いため、跡が目立ちにくい

商品そのものだけでなく、取り外したときのことまで考えられているあたりが、さすがは無印良品の品だなと感じます。

テレビの裏のゲーム置き場、寝室のヘッドボード、そして神棚にも!

無印良品「壁に付けられる家具」をゲーム置き場として使用している様子

無印良品の「壁に付けられる家具」シリーズは、大人気商品のため、店舗で目にする機会が多いかと思います。

しかし実際の店舗では、何も載せていない状態で飾ってあることが多いため、実際に使っているところをイメージしにくいかもしれません。

そこでわが家での使い方をご紹介します!

ゲーム機器置き場として

ゲーム機器は、コントローラーなどの周辺アイテムが増えると、どうしても散らかった印象を与えがちです。子どもにとって、使いやすく戻しやすい場所を…と考えて、テレビ裏の壁を利用することに。

無印良品「壁に付けられる家具」をゲーム機置き場として使っている様子を上から見たところ

ここで使用しているアイテムは無印良品「壁に付けられる家具・棚・幅44㎝」と「壁に付けられる家具フック」の2種類。

棚には、ゲーム機本体とコントローラーを置き、フックには、リングコンとレッグバンドを掛けています。

テレビの正面からは、棚もフックも見えないので、スッキリとしています。

羽織りもの置き場として

朝起きて肌寒いなというときやお風呂上がりなど、すぐに羽織れるものが手の届く場所にあると便利ですよね。

わが家ではそれらの服を、階段の登り口に設置しています。

階段の登り口に設置した無印良品「壁に付けられる家具」

予め定位置があると、脱ぎっぱなしになったり、ついつい背もたれに掛けてしまうということが防げます。

神棚として

「洋室しかない家だけど、御札を飾る場所(神棚)が欲しいな」って思っている方は、少なくないのでは?わが家では無印良品「壁に付けられる家具コーナー」を使って、御札など、神社でいただいたものを飾っています。

無印の「壁に付けられる家具」は下から見てもきれい

裏側まで丁寧につくられているおかげで、目線より高い場所に設置することができます。また、壁のコーナー部分を利用するため、長さのある御札や破魔矢など、倒れる心配が少なく済みます。

コーナータイプは、ベース型で面積が広いため、小物も置けちゃいますよ!

枕元の棚として使う

寝室ではベッドサイドに設置して、ヘッドボード代わりとして使っています。

ここでは、無印良品「壁に付けられる家具・棚・幅44㎝」(写真手前)と「壁に付けられる家具コーナー」(写真奥)の2種類設置。

無印良品「壁に付けられる家具」をヘッドボードとして使っている様子

枕元にあると便利な、エアコンのリモコンやティッシュ、そして非常時用の懐中電灯などを置いています。部屋が狭く、ヘッドボード付きのベッドを置くことができないときに、おすすめですよ。

寝室の床にはホコリがたまりがちですが、床に接していないので、掃除のハードルをググッと下げられます。

増やすも減らすも自由自在!模様替えが好きな人にこそおすすめしたい商品

無印良品「壁に付けられる家具」に水切りマット、エプロン、エルゴを掛けている様子

子どもの成長や暮らし方に合わせて、部屋の模様替えが必要になるときもありますよね。無印良品「壁に付けられる家具」シリーズだったらすぐに模様替えできますよ。

実際にわが家では、半年に1回ほどのスパンで設置場所を変えています。模様替え好きとしては、思い立ったらすぐに取り掛かれるのが魅力的。どれもスリムなサイズなので、使わない期間も収納を圧迫しないのがうれしいです。

無印良品の「壁に付けられる家具」は、1つだけ使うと部屋のアクセントに、組み合わせて使うと部屋に統一感が出せます。

石膏ボードの壁ならば、どこでも設置できるので、使う人のセンスがキラリと光ります。

1000円以下のお値段で購入できるものもあるので、気になる方はぜひ使ってみてくださいね。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です