無印のポリプロピレン収納シリーズを上級者が使うと?小技も紹介

無印良品のポリプロピレン収納ケースの引き出しを開けているところ
収納グッズには、部屋をスッキリさせることだけではなく、機能的であることも必要です。それを兼ね備えているのが無印良品のポリプロピレン収納シリーズ。

そのまま使っても優秀ですが、上級者は小技を足して、便利さをパワーアップして使っています。ケースをキッチンカウンターに置いて前後両方から使えるようにしたり、ラックを個人用ラックにカスタマイズするといった、なるほどのアイデアを日刊住まいライターが紹介します。

無印良品のポリプロピレン収納シリーズは、シンプルで機能的

無印良品のポリピロピレン収納ケースを、キャビネットに収めている様子

無印良品にはたくさんの名品がありますが、ポリプロピレン収納シリーズは、100均や量販店が類似品を出すほど有名な商品です。

そのシンプルな見た目は、どの部屋に置いてもインテリアの邪魔になることはなく、馴染んでくれます。

  • 単体でも、組み合わせても使える
  • サイズやデザインのバリエーションが豊富だから、合わせて使うと統一感が出る
  • 直線的なものが多く、置いた時のフィット感がよい

どれもシンプルで機能的、まさに無印良品らしい商品だなと感じています。

カラーはクリアとホワイトグレーの2種類あるため、中が見やすい収納、隠す収納のどちらにも対応できます。わが家ではクリアタイプを使っていますが、半透明なのでラベリングをしなくとも中身が把握でき気に入っています。

種類も豊富だから、入れるモノも使う場所も自由自在!

無印良品のポリプロピレンケースと、ポリプロピレン収納ラックを組みあわせて使っている様子

無印良品のポリエチレン収納シリーズは種類が豊富!

使いたい場所や入れたいモノに合わせて、大きさや形状が選べるところがうれしいです。

わが家の収納で使っている商品は以下の通りです。

  • ポリプロピレンケース引き出し式
  • ポリプロピレン収納ラック
  • ポリプロピレンストッカーワゴン

それぞれの使い方をご紹介します。

「ポリプロピレン収納ケース」は両方向から開けられるように!

無印良品のポリプロピレンケース引き出し式を、キッチンカウンターで使っている様子

たとえばキッチンカウンターで使うときは、上段はキッチン側から取り出せるように、下段はリビング側から取り出せるように、という使い方ができます。この使い方、とても便利なのでおすすめです。

横面も背面も、前面と同じように仕上げてあるので、こんな使い方ができます。

また直線的なつくりなので、壁にピッタリと付けて使用可。無駄なスペースが生まれません。

「ポリプロピレン収納ラック」は、カスタマイズして個人用ラックとして使う!

無印良品のポリプロピレン収納ラックを、個人用ラックとして使っている様子

ポリプロピレン収納ラックは、引き出しのないオープンラックです。それぞれのパーツは逆さまにしても使えるため、収納したいものが変わったときにも対応しやすいです。

また、ポリプロピレン収納ケースと組み合わせて使うこともできます。

わが家では、子どもの個人用ラックとして使っています。子どもの成長に合わせて必要なパーツを足していけるのが魅力的です。

「ポリプロピレンストッカーワゴン」は隙間収納として使う!

無印良品のポリプロピレンストッカーを洗面所で使っている様子

ポリプロピレンストッカーワゴンは、横幅が狭く、奥行きがある形状です。

この特徴を生かして隙間収納に使っています。わが家では、洗面台と洗濯機の間に設置しました。深型の引き出しは詰め替え用の洗剤などを、浅型の引き出しにはティッシュを入れています。

洗面所の床は、ホコリや髪の毛がたまりやすい場所ですが、キャスター付きなので掃除するときに軽々動かせます。

置き方を選べるから、暮らしに合わせて使い方を変えられる

無印良品のポリプロピレンケースの別売りキャスター
床の上に固定したいのか、可動式にしたいのか、使う人の好みや場所に応じてカスタマイズできます。

別売りの滑り止めを付けると、ケースが横にズレるのを防げますし、別売りのキャスターを付けると、あっという間に可動式の棚に早変わりです。

使う人の暮らし方に合わせて、使い方を選べるのが無印良品らしいなと思います。

無印良品の「ポリプロピレン収納」シリーズは、大きさ違いでたくさんの種類が出ているので、自分の暮らしに合った商品が見つかるはずです。

新生活が始まる方や収納に悩んでいる方は、ぜひ一度手に取ってみてください。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です