壁一面の本棚がLDKの主役。収納たっぷり、ビタミンカラーが楽しいマンションリノベ

2室をつなげて1室にリノベーション

リビングの一角にはワイドなワークデスクと天井まで高さのある本棚を配置し、グラフィックデザイナーである夫のアトリエスペースに。鮮やかなイエローの本棚には本だけでなく、雑貨やカメラなどをディスプレイするように収納しています。

キッチンや玄関、寝室にたっぷりの収納を設けた、機能的かつ自由で楽しい住まいがリノベーションで完成しました。

壁一面の黄色い本棚がLDKの主役に

プチギャラリーのようなイエローの本棚

夫のアトリエスペースにある本棚は本や好きなもので埋め尽くされ、「収納」という機能を超えた「プチギャラリー」のよう。本や雑誌、プリンターなど、置きたいもののエリアを大まかに決めてデザインしました。

収納もディスプレイもできる本棚

棚の奥行きを意識的に深くしたことで、雑貨やカメラなどもゆったりディスプレイできます。棚板は可動式で、自由にレイアウトができるのも魅力。「本の背表紙のフォントやタイプフェーズが目に入るだけでアイデアがわいてきます」と夫。

白っぽく仕上げたオークの床で明るいLDKに

LDKの床は白っぽく仕上げたオーク材。日当たりのよい空間をより明るく演出しています。白を基調にしたLDKには時計やガーランドなどのカラフルなアイテムが映え、自由で楽しげな雰囲気に。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫41歳 妻35歳 長男2歳 次男0歳

▼リノベを選んだ理由
長男の妊娠を機に家探しをしていたところ、知人の紹介でこの物件を紹介された。立地も建物の条件も良かったことから、隣り合う2戸をつなげて1つの住戸に変える大規模なリノベーションに踏み切った。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/98.00㎡

オープン収納が便利なコの字型キッチン

使いやすいコの字型キッチン

オリジナルデザインのキッチンは、オープン収納と引き出しをバランスよく配置されています。カウンターの下のオープン収納は、冷蔵庫の扉のポケットから発想したのだそう。引き戸の取っ手は亜鉛版でつくりアクセントに。

ゴミ箱置き場も考慮されたキッチン

見えにくく使いやすい場所にゴミ箱置き場を設けました。

優しい色合いの壁紙で心地いい眠りを

植物モチーフのアクセントクロス

寝室の壁の一面には、植物モチーフの壁紙を取り入れました。

亜鉛メッキを施したスチール製ハンガーパイプ

別の壁面には亜鉛メッキを施したスチール製ハンガーパイプを設置。よく着る物を掛けたり、ゲストのコート掛けにしたりと活躍しています。また、ハンガーパイプの下には市販の引き出し収納を置いています。

右側の白いルーバー扉の先には、大型のウォークインクロゼットがあり、衣類をまとめて収納しています。

亜鉛板&ビタミンカラーの扉たち

亜鉛版で造作した建具で統一

玄関扉の内側は、元気の出るビタミンカラーで塗装しました。廊下沿いに並ぶ扉は亜鉛版で造作。金属の硬くラフな質感が、全体に明るくやさしい印象のインテリアを引き締めています。

ビタミンカラーで塗装した玄関扉内側

靴収納は土間と廊下の段差をうまく生かしたデザイン。下の隙間にも靴が置けます。その上部の壁は、隣接するウォークインクロゼットに光と風を送るためにルーバーにしています。

亜鉛版に鏡を張った玄関収納

また、玄関にも大きな収納があります。引き戸の中には靴をはじめ、リネン類や掃除機などさまざまなものを収めています。

ゆったり身支度できるサニタリー

家族みんなで使いやすい大型ミラーの洗面台

以前は各住戸ごとにあった洗面室と浴室、トイレをひとつにまとめ、ゆったり使えるようにスペースを広げました。「使うものは使う場所に」をコンセプトに、各所に十分な収納を設けています。

また、大型のミラーが使いやすそうな洗面室は、カウンター下にカゴやワゴンを置いて工夫しながら使っています。

タンクレスを採用しスッキリまとめたトイレ

トイレはタンクレスタイプを採用してスッキリした空間に。

亜鉛板でつくったトイレットペーパーストック

トイレットペーパーをストックしておくオープン棚も、亜鉛板を用いて統一感を出しました。

亜鉛版の取っ手がアクセントのオリジナルキッチン

イエローの本棚があるアトリエスペースとカウンター付きキッチンが、ごく自然に共存するT邸。「ようやく最近、私たちなりの色が出せてきたかなあと感じています」と妻。

玄関収納・キッチン収納・ウォークインクロゼットなど、充実した収納スペースが、増え続けるモノをしっかり受け入れて、家族4人の生活をスッキリ快適に保っていました。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図

リノベーション前

リノベーション後の間取り図

リノベーション後

設計/ Sohei Nakanishi Design
代表の中西宗平さんは1979年、東京生まれ。ロンドンのRavensbourne College of Design and Communicationの建築コースを卒業後、イギリスのデザイン会社で経験を積み、帰国。新築、リノベーション、家具デザインなどを手掛ける

撮影/遠藤 宏 ※情報は「リライフプラスvol.24」取材時のものです

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です