片付けやすさを重視した、90㎡超えリノベ。忙しい家族ものんびり過ごせる

ルーバー天井と無垢床が印象的なLDK

キッチン背面のキャビネットやパントリー収納やLDKの小上がり収納、洗濯の時短に役立つ洗面室の物干しバー、スペースも収納も十分に確保した玄関など、「自分たちに合った片付けやすさ」を追求した住まい。

片付けが苦手でも、それぞれのモノに居場所をつくることで、よりいっそうスッキリとゆとりある空間へと生まれ変わりました。90㎡超のマンションをリノベーションしたTさんのお宅を訪ねました。

マルチに活躍する小上がりには、収納の機能も

収納豊富なキッチン

ダイニングからキッチンを見たところ。写真左手奥に見えるのは、オーダーメイドの収納棚です。その裏は小上がりスペースに。オーダーの収納は、背板を手前と奥に交互に付けていて、キッチンからも小上がりからもアプローチできる仕組みに。

ベンチ兼収納を引き出す子どもたち

子どもたちが引き出しているのは収納を兼ねたベンチ。来客用の布団やひな人形、季節家電やおもちゃ、洋服などのかさばるものをまとめて収納しています。ベンチが収まるスペースは、裏の小上がりの床下を活用。

小上がりの収納

手前のベンチ兼収納を引き出した奥には、さらにキャスター付きの引き出しがあります。

小上がりの階段下も収納に活用

階段下も余すところなく収納スペースに活用。

子どもたちの遊び場としても活躍している小上がり

小上がりはおもにゲストルームとして使っていますが、子どもたちの遊び場としても活躍しています。将来は夫婦の寝室にする予定だそう。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫42歳 妻37歳 長男5歳 長女2歳 次男0歳

▼リノベを選んだ理由
2人目の子どもが誕生して、住んでいた賃貸住宅が手狭になったことから、住み替えの検討をスタート。3人目が生まれても十分な90㎡以上の広さを条件に中古マンションを探した。たまたま以前の住まいの近くにあったリノベーション会社・リノキューブと好みが合致し、依頼することに

▼住宅の面積やコスト
専有面積/93.34㎡ 工事費/1350万円(税・設計料込み)

収納が豊富なオリジナルのアイランドキッチン

LDKでくつろぐTさん家族

東南角部屋に位置していため、朝はダイニングの窓から日差しがたっぷり差し込みます。ダイニングキッチンがスッキリ保たれているのは、収納豊富なオーダーメイドのアイランドキッチンのおかげ。キッチン本体はダイニング側にも収納を設けました。

ダイニング側の収納

日常使いの食器はキッチン背面のキャビネットに収めつつ、ダイニング側には来客用の食器やキャンプ用のお皿、弁当箱などを収納しています。

収納豊富な背面カウンターのあるキッチン

キッチン背面のキャビネットは、どこに何を入れるかをしっかり考えてプランニングしました。「そのおかげで、キッチンを常にキレイに保てます」と妻。

キッチン奥のパントリー

さらにキッチン奥にはパントリーを設け、以前使っていた食器棚がぴったり入るように設計。食品のほか、文房具や書類なども一緒に収納しています。

収納プラスアルファの工夫で片付けやすさがアップ

家族5人分の洋服を収納できるウォークインクロゼット

ウォークインクロゼットには家族5人分の洋服をまとめて収納。光と風が入るよう、小上がりとの間仕切りに室内窓を設けました。

天井には物干しバーを設置したサニタリー

ウォークインクロゼットの向かいにあるサニタリーにも収納をしっかり設けつつ、天井には物干しバーを設置。「取り込んだ洗濯物をいったん物干しにかけて、たたみながらどんどん下の棚に片づけられるので、とても便利です」と妻。

洗面台の下には、保育園のバッグなどを掛けられるバーを取り付けています。

多目的に使えるゆとりの玄関土間

ベビーカーでそのまま入れる広々とした玄関

ベビーカーでそのまま入れる広々とした玄関。大容量のシューズクロゼットに加え、玄関ドア側にはタープやテーブル、椅子などのキャンプ用品がしまえる収納を、子ども室側には夫の工具のほか、洗剤やシャンプーなど日用品のストックが置ける棚を設けました。

玄関ホールの一角に設置した洗面台

また、玄関ホールの一角には洗面台を設置。トイレの後や帰宅後に手を洗いやすく、朝の洗面所の混雑も軽減できます。

室内窓から光が届く子ども室

玄関の向かいには子ども室につながる扉が2つ。現在はひとつながりの広々とした個室ですが、将来的には2部屋に分割する予定です。

玄関側とダイニング側、両方の壁に窓を設けたことで、光と風が通り抜ける明るい空間に。部屋の幅にぴったり収まる3台のテーブルも、オーダーメイドしたものです。

ハンモックでくつろぐ子どもたち

片付けがあまり得意ではないというTさん夫妻。片付けやすさを重視した収納計画で、90㎡超えの住まいにさらなるゆとりをプラスできました。

「もしもう一度住まいを探すとしても、絶対に中古リノベーションがいいなって思います。自分たちの思いをたくさん盛り込めたことで、愛着もひとしおです!」と夫妻は満足そうに話してくれました。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図

リノベーション前

リノベーション後の間取り図

リノベーション後
設計・施工/リノキューブ
名古屋市を中心にリノベーションを専門に手掛ける一級建築士事務所。施工実績も豊富で、中古物件探しからデザイン、アフターサービスまで、ワンストップで専任スタッフがサポートする

撮影/水谷綾子
※情報は「リライフプラスvol.24」取材時のものです

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です