「ここに照明があったら」を100均&ニトリグッズで実現。生活の質をサクっと上げる

ニトリ「LEDセンサーライト」を点灯

夜、トイレに行く時に通路に小さな明かりがほしい、クロゼットや物置などに簡単な照明がほしい、という経験はありませんか。そんな時に便利なのが、人感センサーライトや自動点灯ライト。

コンセントに差し込むだけのものや、電池式ですぐ使えるものも多く、気軽に好きな場所に照明を増やすことができます。暗くて不便な場所に簡単に明かりを増やせる、おすすめの簡易ライトを紹介します。

ダイソー「COBクローゼットライト」のおかげで夜でも作業しやすく

ダイソー「COBクローゼットライト」
筆者宅では階段下収納にプリンターなどを置いています。階段下収納は奥行きがあるので、夜に収納を開けると真っ暗。夜にプリンターを使う時に限って、インク切れや用紙切れが起きることも多く、とても不便でした。

ダイソーやセリアで売っているこちらの「COBクローゼットライト」は単4電池を3本入れて、スイッチをオンにするだけで使えます。この小さなライトが、ストレスを解消してくれました。

ダイソー「COBクローゼットライト」はフック穴が付いている

壁掛けできるようにフック穴が付いているので、階段下収納の壁に設置しています。1つでもしっかりと明るく、夜の階段下収納での作業もとてもスムーズになりました。他にも押し入れや物置などにも使いたいので、追加で購入予定です。

ダイソー「センサーライト」は夜トイレに起きた時に便利

ダイソー「センサーライト」
夜トイレに起きた時などは、あまりまぶしいと目が覚めてしまうので、できるだけ照明を点けたくないもの。そんな時に便利なのが足元灯。ダイソーで人感センサータイプのライトを購入しました。こちらは300円商品で、単4電池3本で使用できます

ダイソー「センサーライト」を廊下に設置

AUTOモードにしておけば、モーションセンサー範囲内(約4m、上下左右約100°)に入った動きに反応して自動で点灯、消灯してくれます。暗い時のみ作動し、30秒で消灯するようになっています。
トイレ付近の通路や玄関、階段などに設置しておくと、照明を点けなくても足元をほんのり照らしてくれます。

ダイソー「LEDセンサー付ナイトライト」は寝室で活用

ダイソー「LEDセンサー付ナイトライト」
こちらはコンセントに差し込んで使用するタイプのナイトライトです。暗くなると自動で点灯するので、スイッチを切り替える必要がありません。こちらは200円商品で、ダイソーで購入しました。

色は電球色相当なので、寝室や夜の玄関などに便利です。消費電力も約1Wほどと省エネ。筆者宅では真っ暗だと眠れない子どもたちのために、こちらを寝室で使用しています。赤ちゃんがいるご家庭では、夜の授乳の時などに、家族の眠りを妨げることなく使えそうです。

ダイソー「LEDセンサー付ナイトライト」を点灯

こちらのナイトライトは陰影も楽しめるタイプで、少しおしゃれな空間を演出してくれるすぐれものです。観葉植物などの近くに置けば、優しい明かりで植物を照らしてくれるので、小さな間接照明としてもおすすめです。

ニトリ「LEDセンサーライト」は停電時に自動点灯。誘導灯としても活躍する

ニトリ「LEDセンサーライト」
最後にご紹介するのはニトリの「LEDセンサーライト」です。こちらは2085円(税込)とやや値が張りますが、多機能でとても便利なライトです。普段はコンセントに差し込み、暗くなると人の動きに反応して20秒間自動点灯します。

ここまではよくあるライトですが、停電時に自動で点灯するので、懐中電灯として緊急時に使うことができます。

ニトリ「LEDセンサーライト」上部の2灯が点灯

電源プラグをコンセントに差し込んでいる間に充電されているので、ホルダーから取り外せばそのまま手に持って使用できます。サイドに電源スイッチがあり、スイッチを押すと上部の2灯が点灯。

ニトリ「LEDセンサーライト」ライト9灯が点灯

もう1度スイッチを押すとライト9灯が点灯。周囲全体を明るくするので、ランタンのような使い方をすることも可能です。連続点灯時間は、フル充電時で上部2灯が10時間、前面の9灯が3時間使用可能です。

停電すると同時に点灯するので、誘導灯として玄関などに設置しておけば、すぐ手に取って避難することができます。簡易ライトのメリットは、簡単に好きな場所に明かりを増やせるだけでなく、ライトの種類によっては停電時の備えにもなることです。

「ここにちょっと照明があったらいいのに」というストレスを感じている方は、参考にしてみてください。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です