掃除が断然ラク!100均の貼れるキャスターで、ゴミ箱もおもちゃ箱もス~イスイ

おもちゃ箱にキャスターを付けたら、3歳の子どもでも無理なくコロコロ
ゴミ箱やクロゼットの収納ケースが、もっとスムーズに動かせたら…と思いませんか?それだけで掃除や片付けがラクになりストレス軽減につながるはず。

そこでおすすめなのが、ダイソーの「ラクラクピタッ!とキャスター」。底の部分に簡単に貼り付けられるキャスターです。

使い始めたら掃除が断然ラクになったという日刊住まいライターが、その活用法をレポートしてくれました。なんとおもちゃ箱に付けたら、3歳のお子さんに片付ける習慣もついたそうです。

様々なアイテムに貼れる!ダイソー「ラクラクピタッ!とキャスター」

ダイソーの「ラクラクピタッ!とキャスター」
ダイソーの「ラクラクピタッ!とキャスター」はもちろん110円(税込み)。ひとつのパッケージに4つのキャスターが入っています。

裏面は粘着テープになっており、平らなプラスチックや段ボール、ステンレスなどにペタッと貼り付けられる仕様。これを箱の底面裏に貼るだけで、キャスター移動が可能になるという優れものです。

ひとつずつのキャスターは小さめで、横から見たときにも目立ちにくい控えめな存在感。カラーはアイボリーのような色味でインテリアにも馴染みやすくなっています。4つ全部使用したときの耐荷重量は8kgとなかなか頑丈。

ただ、キャスターの車輪自体は回転しないため、一方向にしか移動できない点にはご注意を。貼り付ける前に、移動させたい方向を決めて四隅にバランスよく貼るのがポイントです。

気になる悩みを解消!ゴミ箱に貼り付けて掃除もスムーズに

キッチンのゴミ箱にキャスターを貼る
わが家でまず活用したかったのがキッチンのゴミ箱。無印良品の「ポリプロピレン フタが選べるダストボックス」を2つ使用しているのですが、この背後にすぐゴミがたまってしまうのです。

ゴミ箱の底面にシールキャスターを貼り付け。はがれてこないよう、圧をしっかりと加えました。テープの粘着力が定着するよう、貼ったあとはしばらく放置。これだけの作業手順で、あっという間にゴミ箱にキャスターが付きました。本当に簡単です!
キャスターを貼り付けるとゴミ箱の中身がいっぱいでもスムーズに動く
前後に動くように貼り付けたので、ゴミ箱の中身がいっぱいでもスムーズに動かして掃除機をかけられるように。見た目はこれまでとほぼ変わりなく、掃除もぐっとラクになりました。

3歳の子どもも無理なくコロコロ!おもちゃ箱や収納ケースにも大活躍

おもちゃ箱にキャスターを貼る
そのほか、家の中の各種収納ボックスの機能性向上に「ラクラクピタッ!とキャスター」が大活躍!
無印良品の「やわらかポリエチレンケース」に貼り付けて、子どもが自分で移動させられるおもちゃ箱にしています。

キャスターを付けたおもちゃ箱

「お片付けしてね」と声をかけたら、3歳の子どもでも無理なくコロコロ。転がして持ってこられるので、毎日の片付け習慣もストレスフリーになった様子。

無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックス

ウォークインクロゼットでは大物収納ボックスにも活用。同じく無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」。底面裏に貼り付けて、クロゼットの奥のほうに収納しています。

頑丈収納ボックスにキャスターを貼る

中には夏物衣類をざっくりと入れていますが、衣替えの時期にもすっと取り出しやすく、これからの衣替えの時期がラクになりそう。こちらはボックス自体に少し重さがあるため、中には軽量な衣類や帽子しか収納しないようにしています。

ご紹介したキャスターの活用方法はわが家の一例。このほかにも、大型観葉植物の鉢や、洗面所の掃除用品入れ、薄型ボックスに取り付けて隙間収納に…などアイデア次第で幅広く活躍します。

ワンセット110円とお手ごろ価格なので、「ラクラクピタッ!とキャスター」で、家中のアイテムを一気にアップデートしてみてはいかがでしょう。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です