【王将じゃない】熊本には「餃子の王国」という餃子がある / 気になる味はなんと…!!

餃子の早押しクイズで店名を答えなさいという質問があるとしよう。餃子の王……とお題が出てきたら、この時点でボタンプッシュ。続く答えは「王将」という人がほとんどだろう。しかし、この世の中そうじゃないケースもあるらしい。 とい […]
Source: ロケットニュース24

【穴場】フライングタイガーは小型扇風機の宝庫だった! コスパ抜群の実力派からあまり見ない珍品まで色々揃ってるぞ!

梅雨のシーズンが到来し、ジメジメムシムシとした日が多くなってきたように感じる。私の住んでる地域なんて、晴れている日はふつうに25度を越えてきているからな。このままだと夏が来るまえに夏バテしかねない。 そんな時に重宝するの […]
Source: ロケットニュース24

【チェケラ】見せつけろ成功の証! マイク一本で成り上がった男のインタビュー! 四コマサボタージュR第154回「サクセスしたラッパーのインタビューで起こりそうなこと」

たしか昔のラッパーって、キャップの下にドゥ―ラグっていう水泳帽みたいなの被っていたんだけど、今のラッパーの人は被っていないね。もう、そういうスタイルがダサくなっちゃったのかな。 漫画:ザックKT-4
Source: ロケットニュース24

【追及】YouTube広告のサムネイルに勝手に画像を使われていたので、「こっちの写真使え!」と送りつけた結果が予想外だった!!

「これ佐藤さんですよね? 画像、使われてますよ」。またか、また使われているのか。断っておくが私(佐藤)はフリー素材ではない。だが、無断で顔写真を使われるケースがよくある。最近でも2021年3月頃に「使われてますよ報告」が […]
Source: ロケットニュース24

50代になり、大容量ボトルシャンプーを見直し。お風呂が心から楽しめるようになれた

少量サイズのシャンプーを使う

成長期の家族から、夫婦2人やひとりきりの暮らしへ。そうなると、かつては大活躍していたものが、ライフスタイルに合わなくなることも。

50代に入り、ものの持ち方を見直すことで、身軽になったというライフオーガナイザー&整理収納のプロ・田川瑞枝さん。変わることは、暮らしやすさを手に入れるよいきっかけになるといいます。今回は、その一例として、身近な生活必需品であるシャンプーについて、語ります。

ボトルシャンプーはサイズが大きすぎて使い切れない

ボトルシャンプー

子どもたちが独立して、夫婦2人の生活になったわが家では、ボトルシャンプーを使うのをやめました。理由のひとつは、その大きさです。

家族が多い場合、大容量なのはありがたいもの。子どもと一緒に4人で暮らしていた時に使っていたシャンプー類は、ポンプ式の400~500mlの大容量ボトルでした。4人だと、1か月ぐらいで使い切ります。毎月詰め替え用を購入していました。

しかし、夫婦2人で使うには、ボトルサイズは大きすぎてなかなか消費できません。数か月もつのは経済的な面で見るとありがたいのですが、終わりかけの頃には、なんとなく不衛生なような気がしてしまいます。だんだん使いきるのが難しく感じるように。ボトルの中を洗ってから詰め替え用を入れる、といった作業も地味に手間がかかります。

そこで今は、旅行用やハンディタイプといった少量サイズのシャンプーを使うことに。清潔なうちに使いきることを目安にしています。

ボトルの底にヌメリがついて掃除が面倒

浴室に置いたボトルシャンプー

やめた理由のもうひとつが、置きっぱなしにより発生するヌメリです。シャンプー類はお風呂場に置きっぱなし、というのが当たり前だと思っていた頃は、ボトルの底や棚のヌメリ掃除が常でした。

お風呂に入る時に少量タイプのシャンプーを持ち込む「銭湯方式」
そこで、お風呂に入る時に持ち込む「銭湯方式」にし、ヌメリ問題を解消。お風呂場の掃除もラクになり、きれいな状態を保てるようになりました。

ボトルをやめてミニサイズにしたことで、お風呂に入る時の持ち物がグンと軽くなり快適です。これが、たっぷり入った状態の大容量ボトルとなると、50代の握力では負担になってしまうでしょう。

鏡裏の収納棚にミニシャンプーを収納
ミニサイズであることは、収納にとってもメリットが。必要なスペースは小さくてすむうえに、重くないので低い位置に置く必要もなし。わが家では洗面の鏡裏の収納スペースにキープしています。もしも大容量ボトルだったら、こうはいきません。

ポンプ式の便利さは今の暮らしに必要ない

ポンプ式のボトルシャンプー

ポンプ式の大容量ボトルは、確かに便利です。ワンプッシュでシャンプーが出てくるのは快適といえるでしょう。子育てに忙しい時は、助けてもらったと感じています。でも今は、ゆっくりとバス時間を楽しむ余裕があります。気持ちのいい時間に、時短は必要ありません。ポンプでなくても大丈夫。

大容量から小ぶりのものに変えることで、今は自分好みのシャンプーを選ぶのが楽しみです。大容量のものだったときは、家族みんなの好みを優先していました。でも、これからは、50代の自分の髪質に合ったものが使えます。

石鹸

また、ボトルタイプでは詰め替えなどのプラスチックごみが出ますが、最近は、髪も洗える石けんを使ってみて、ごみを少なくする取り組みもしています。

身の回りのものは、いつまでも同じものを使い続けがちですが、家族の人数に合わせて選ぶものを変えてみると、暮らしやすさが変わります。小さなことですが、この積み重ねも意外と大切。毎日の暮らしをスムーズに、ストレスなく送れるようになります。

●教えてくれた人/田川瑞枝さん
ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー、ファイリングデザイナー。モノの片づけを通して、生き方の整理整頓を伝える「思考の整理収納塾」代表。時間管理、書類の整理、家計管理、住育、防災片づけ、ワークライフバランスなどのアドバイスも。ブログ「思考の整理収納塾~Sapporoちょこ*スタイル~」を更新中

Source: 日刊住まい

テレワークしながら料理もしやすい。新しい生活にフィットする間取りの考え方

リビングダイニングを見渡せるオープンな対面キッチン

コロナ禍をきっかけにすっかり増えてきたテレワーク。通勤時間がなくなる分、家事や趣味に時間を使えるメリットや、食事をゆったり楽しむこともできるように。

となると、ますます大切になるのは家の環境です。テレワークをしながら仕事がはかどり、料理もしやすい。これから建てる家には、そんな性格が求められています。新しい住宅のあり方について、建築家の新井崇文さんが自身の作例を交えながら解説してくれました。

仕事の気分転換に料理!オープンな対面キッチンで心地よく家事を

オープンな対面キッチンに立つ夫
テレワークでは、朝・昼・晩と一日三食料理をつくって食べる機会も増えるでしょう。特に昼食は、仕事時間の合間における貴重な気分転換にもなります。食べる時だけでなく、どうせなら、つくる時間も快適で楽しいものになれば最高です。

リビングダイニングから庭まで眺めながら作業できるキッチン

例として取り上げたこちらの家では、オープンな対面キッチンのプランに。シンク前に立った時に、リビングダイニングから庭まで眺めながら作業できます。明るく広々した空間を感じながら、心地よく料理ができる仕掛けに。

庭や眺望が楽しめる間取り

特にお庭や眺望を重視して家づくりをする方にとって、在宅ワークはいいチャンスと言えます。仕事の日でも、昼間からわが家の庭や眺望が楽しめるのですから。

庭や眺望に感心を持っていなかった方でも、在宅ワークが多いのなら「キッチンやワークスペースからお庭や眺望が楽しめる間取り」を検討する価値はあると思います。また、敷地選びの際に、意識してみるのもよいのではないでしょうか。

ワークスペースには、籠もり感と開放感のバランスが大事

ワークスペース
同じお宅のワークスペースです。ここは、一日の大半を過ごす場所。仕事に集中でき、かつ快適な空間であれば理想的です。

ダイニングキッチンのそばにワークスペースを設置

ワークスペースは、ダイニングキッチンに面しています。家事や休憩など、何かと過ごす時間の多いのがダイニングキッチン。その近くにワークスペースを設けることで、動線が短縮され、日常の移動がラクな間取りになっています。

籠れる雰囲気のワークスペース

ワークスペースとダイニングの間は腰壁や垂れ壁で柔らかく仕切り、少し籠れる雰囲気にしました。ワークスペースの床をダイニングから1段上げることで、仕事モードへと気持ちの切り替えができる仕掛けに。

ワークスペースからダイニングごしに庭の緑がよく見渡すことができる

ワークスペースの床をダイニングから1段上げた効果は、ワークスペースに座った時の見え方にも表れます。奥まった位置にあるワークスペースの椅子に座っても、ダイニングごしに庭の緑をよく見渡すことができるのです。
仕事の合間にふと前を見ると庭の緑が目に入ってくる…そんな環境であれば、仕事の疲れも癒されそうです。

ワークスペースのデスク背面に壁面収納を設置

気持ちよさも大事ですが、ワークスペースには機能性も求められます。在宅ワークでは、仕事の書類や道具類がお家に持ち込まれることに。適切な収納場所がないと、それらがリビングやダイニングなどくつろぎの空間にあふれてしまいかねません。
このおでは、ワークスペースのデスク背面に壁一面の収納棚を造りつけることにしました。書類や道具等を十分収納できるようにしています。

ピクチャーウィンドウにもなっている高窓

ちなみに、収納棚上部には高窓が。北側からの優しい光がワークスペースに降り注ぎます。また、この高窓はピクチャーウィンドウにもなっており、隣地の緑を借景として美しく切り取っています。

ワークスペースとキッチンが繋がると毎日がとても便利に

パントリーを介して直接行き来できる間取り
この家では、ワークスペースとキッチンが、パントリーを介して直接行き来できる間取りになっています。仕事をしながら、料理のお湯を沸かし始めたり、ワークスペースのパソコンモニターで料理レシピを確認しながらキッチンと行き来したり。この位置関係が「使いやすいです!」と住まい手さんにも好評です。

回遊できる間取り

「ダイニング→キッチン→パントリー→ワークスペース」と間取り全体を回遊できる動線することにはほかにもメリットが。ご夫妻はもちろん、訪問者など複数人で共同作業をしても、キッチンへの出入りや動作がしやすくなっています。

在宅ワーク中の昼食を楽しむ二人

こちらでは、夫婦ともに在宅ワーク。息の合った2人で、さっと昼食をつくり、楽しく食べているそう。そんな暮らしも素敵ですね。

●教えてくれた人/新井崇文さん
「新井アトリエ一級建築士事務所」主宰。横浜市在住。植栽を大切に外部から内部までトータルで考える心地よい空間デザイン、暮らしやすさに配慮した収納計画や造作家具、健康で快適な自然素材を大切にした住宅の設計を手がけている

Source: 日刊住まい

「梣」読める?プロ野球選手も使うバットの材料で、シンボルツリーとしても大人気

野球のバットにも使われる木の名前
木の名前です。実は野球のバットは、この木を使ったものが多いそう。最近は住宅のシンボルツリーとしても大人気。

さて何と読むでしょう?

名前の由来は「戸に塗る木」。敷居の溝に塗るとス~イスイ!

敷居の溝
名前の由来には諸説あります。最も有力なのは「戸に塗る木」説。樹皮につくイボタロウムシが分泌する「いぼた蝋(ロウ)」という物質を、滑りが悪くなった敷居の溝に塗るとスイスイ開くようになることから転じて言われるようになったという説です。

樹皮は民間薬としても使われ、止瀉薬(下痢止め)や結膜炎になったときの洗浄剤として重宝されていました。

木製バット

強じんで弾力性に優れていることから、同じ属のアオダモとともに野球のバットやステッキ、家具の材料としても使われてきました。
英語ではアッシュといい、大谷選手が活躍するMLBにおいても、多くの選手が愛用しています。

なんの木だか、分かりましたか?

常緑種の仲間は、住宅のシンボルツリーとして大人気

トネリコ

正解は「トネリコ」です。

先ほど紹介した名前の由来を読んで、すぐ分かった人もいるかと思いますが、「?」だった人のために、ちょっと解説しましょう。

  • 「戸に塗る木」▶「戸塗る木」▶「トヌルキ」▶「トネリコ」

ということです。

トネリコはモクセイ科・トネリコ属の落葉樹です。西洋トネリコ、アメリカトネリコもありますが、私たちが目にする「梣(トネリコ)」は日本原産。ちょうど今の季節(6月頃)に、白い小さな花を咲かせます。

シンボルツリーのシマトネリコ
この仲間の「シマトネリコ」という木はご存知でしょうか?こちらは常緑樹です。葉の緑の色がやさしい印象なので、和の庭にも洋の庭にも合います。丈夫で育てやすく、葉っぱも樹形も美しいので、シンボルツリーとして大人気です。

きっと近所にもこの木を植えているお宅があるはず。散歩したときに探してみてください。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「鵆」
「鵆」読める?人気お笑い芸人のコンビ名、歩き方にクセがある鳥の名前です

画像/PIXTA(漢字画像を除く)

Source: 日刊住まい

切ってOKなのはどっち?お隣の木の枝と根が、自分の敷地に侵入してきた

相隣関係の問題
土地の取り引きをするための国家資格・土地建物取引士の試験問題から、知っておいて損はない!問題。今回は「相隣関係(隣接する不動産の所有者間において、互いに土地の利用について調整し合う関係)」についての問題です。

お隣さんから境界線を越えて伸びてきた枝や、地面から出てきた根っこ。自分の敷地に侵入している部分については、勝手に切っていいのでしょうか?

ひょっとしたらあなたにも起こりえるかもしれません。さて、あなたは正解できますか?

【今回の問題】
次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているのはどれか。

① 土地の所有者は、隣地から木の枝が境界線を越えて伸びてきたときは、自分でこれを切断できる。
② 土地の所有者は、隣地から木の根が境界線を越えて伸びてきたときは、自分でこれを切断できる。

(平成16年試験問題より一部抜粋・改変)

境界線からはみ出した植物

土地に含まれるものはその土地の所有権に吸収される

竹木切除権

正解…①(木の枝は勝手に切断できない)

隣地の土地の木の枝が境界線を越えて伸びてきている場合、枝を自分で勝手に切ることはできません。所有者、つまり、お隣さんの許可を得る必要があります。また、勝手に切れない代わりに、境界線を越えている部分を切り取るよう、所有者に対して請求ができます(竹木切除権)。

枝が伸びているとはいえ、木は隣の土地に生えています。このことから、枝はお隣さんの所有物と解釈されます。しかし、根っこは、こちらの土地にあるので、勝手に切断することは可能です。土地に含まれるものは、その土地の所有権に吸収されるという理由からです。

仮にお隣に竹林があって、境界線を越えて庭に見事なタケノコが出てきたとしましょう。このタケノコを抜いて美味しくいただいても、民法上は何の問題もないのです。

相隣関係には、塀などの費用分担や「目隠し」についても定義

隣地との目隠しを設置

この木と枝や根っこ問題以外にも相隣関係では、隣の土地との間でトラブルが生じたときに、どのようにすればよいかを規定しています。

民法でも明示されている例を幾つか挙げておきましょう。

  • 隣地使用権…土地所有者は、隣地との境界近くで建物を築造または修繕するために必要な範囲内で、隣地の使用を請求することができる
  • 囲障の設置…土地の所有者は、隣地所有者と共同費用で境界を表示するもの(塀など)を設置することができ、その費用は両者等しい費用を分担する
  • 境界線付近の建物の設置…建物を築造するには、境界線から50㎝以上の距離を保たなければならない
  • 境界線付近の建築の制限…境界線より1m未満の距離で他人に宅地を見渡せる窓やベランダを設けるときは「目隠し」を付けなければならない

これらは民法209条~235条に書かれている内容です。もし近隣トラブルに巻き込まれたときに役に立つかもしれません。興味のある方は、読んでみてはいかがでしょうか。

相隣関係に関心のある人はこちらも!

接道してない土地の通行権について公道に接していない土地を買った。お金を払わずに隣地を通行できる?

画像(図以外)/PIXTA

Source: 日刊住まい

ダイニングテーブルは「円形、一本脚、エクステンション機能つき」が便利。ミニマリストの使い方

香村さん宅のLDK

自分の家に合った家具を選ぶのは、なかなか難しいもの。
家具の代表的なものといえば、ダイニングテーブル、ベッド、ソファ、デスク、本棚などが挙げられます。

とくに「ダイニングテーブル」について質問されることが多い、と話すのは、ライフオーガナイザーで家事研究家の香村薫さん。ミニマリストとしての生活を心がけています。

ダイニングテーブルを選ぶ際、どんなことを意識すれば良いのか、また、香村さんはどんなダイニングテーブルを使っているのか、詳しく教えていただきました。

1.円形だとテーブルの上に、ものを置きっぱなしにしなくなる

BoConceptのグラナダという円形テーブル
筆者のインスタグラムあてに、「このダイニングテーブルはどこのものですか?」という質問を頂くことがよくあります。読者の方のダイニングテーブルへの関心の高さを実感しています(なぜか「このソファはどこのものですか?」とはあまり聞かれません)。

筆者がお客様のお宅に片づけサポートに伺うと、こんな様子を見かけることが少なくありません。

  • ダイニングテーブルや椅子に荷物が山積み
  • 椅子に服が何重にも掛かり、さらにバッグなども掛かっている

テーブルの上は、郵便物や書類が散乱。それを、食事のたびにテーブル上で動かして山積みに。山は高くなるだけで、ものは一向に減らない、という状況です。テーブルのサイズが大きすぎるとどうしても物置きになりがち。ちなみに、椅子がたくさんあると、使われない椅子は物置きになりがちです。

また、テーブルのサイズが大きくなると、自分から距離のあるものが取りにくくなるもの。そこで筆者宅が採用したのがBoConceptのグラナダという円形テーブルです。グラナダは直径130cm。

円形だと壁寄せして使いにくいので、却って好都合。テーブルの片隅に書類などを積み上げると下に落ちてしまうので、自然とテーブルの上に載っているものをきちんと定位置に収納し、テーブルの上にものを置きっぱなしにしない習慣がつきました。

2.掃除がしやすく、場面によって使い分けられるのは一本脚

ダイニングテーブル選びでよく考えたいのが掃除のしやすさです。ポイントになってくるのがダイニングテーブルの脚の形状です。4本脚のテーブルは安定感がありますが、どうしても掃除機をかけるのに時間がかかってしまいます。

そこで筆者宅では一本脚のテーブルを探しました。一本脚は掃除がしやすいだけでなく、椅子の数に自由度があるというメリットもあります。よって、隣の人との距離感を状況に合わせて変更できるので、勉強を教えるときは近寄ったり、逆に資料を大きく広げたいときは隣の人と距離を十分に取ったり、と使い勝手がいいように感じます。

長方形のテーブルにありがちな、対角に置いたものに手が届かない…という不便さもありません。

食事を並べたダイニングテーブル

筆者宅が選んだような円形のテーブルであれば、テーブルの反対側にあるものを取りやすくて、食事の際はもちろん、掃除がしやすくなり助かっています。

椅子を壁沿いに並べて配置

ちなみに筆者宅では、椅子はテーブルにセットしておくのではなく、使わないときは壁沿いに並べて配置することに。使いたい人が、使いたいときに自分で椅子を持ち運んで使う、というスタイルにしています。

3.エクステンションテーブルは広げても余裕があるかシミュレーションを

もうひとつ重要なのがダイニングテーブルのサイズです。筆者宅では、ダイニングテーブルを探すときに、「そこでどんなことをして過ごすか」を考えた結果、以上のような過ごし方が挙がりました。

  • 食事をする
  • 仕事をする
  • 勉強をする
  • 会話を楽しむ
  • 読書・スマホをする
  • テレビを観る
  • 来客を招いて講座(最大6名)

あるときはコンパクトにでき、あるときは大人数にも対応できるテーブルが理想だと判断しました。そこで選んだのが「エクステンション機能があるテーブル」です。

テーブルのエクステンション機能

実は今まで片づけサポートに伺ったお宅では、エクステンション機能を使ったことがないお宅が多くありました。原因についてヒアリングすると、使っていないご家庭は「最大限にテーブル面を大きくしたときに部屋が非常に窮屈になる」傾向があることが分かりました。

ダイニング全体

そこで、筆者宅ではテーブルを最大に広げても部屋の広さに余裕があるかどうか、をよくシミュレーションしてサイズを選びました。結果、エクステンション機能をかなり頻繁に活用しています。
ダイニングテーブルの購入や買い替えを検討している方の参考になれば幸いです。

●教えてくれた人/香村薫さん
家事研究家/ライフオーガナイザー、株式会社ミニマライフ代表取締役。大学卒業後、トヨタグループのAT・ナビ専門メーカー・アイシンAWに入社、商品企画・統括業務を担当。結婚後には夫と一緒に、ものの適正数を決め、しくみで維持する片づけ方を考案。「トヨタ式おうち片づけ」と名づける。著書は「トヨタ式おうち片づけ」をはじめ多数

Source: 日刊住まい