ボックスタイプの衣類カバーを使ったら、ホコリ対策&省スペース化に大正解だった

衣類カバーをかけた洋服を収納したクローゼット

クローゼットはどうしてもホコリがたまりやすいもの。衣類カバーをつけていても、隙間からホコリが入ってしまい、洋服にホコリがついてしまうことも。

日刊住まいライターが愛用するのは、複数の洋服をまとめて収納できるボックスタイプの衣類カバーです。ホコリが入りにくいだけでなく、省スペースにもなって大正解。実際の使い勝手をレポートします。

衣類カバーの穴から入り込むホコリがストレスだった

以前使用していた1着ずつつけるタイプの衣類カバー

以前使用していた衣類カバーは、1着ずつ上からすっぽりと洋服にかぶせるタイプでした。ある程度のホコリを防ぐことはできても、上部にハンガーを通す穴があるので、どうしてもその穴からホコリが入り込んでしまいます。

クローゼット内の掃除をさぼると、いざ着るときにハンガーだけでなく洋服のエリにうっすらホコリがついていることがあり、ストレスを感じていました。

ボックスタイプの衣類カバーはマチつき。下からのホコリも防げる

アストロ クローゼット衣類カバー

もっといいアイテムがないかと探した結果、複数の洋服をまとめて収納できるボックスタイプの衣類カバーを発見しました。「アストロ 洋服カバー ワイド」という商品です。筆者が購入したのはスーツタイプで、サイズは奥行60×幅35×高さ110㎝ほど、価格は税込752円。筆者宅ではスーツだけでなく、コートやワンピースなども収納しています。サイズ展開が豊富で、いろいろなタイプのものがあるので、収納したい洋服に合わせて選べます。

マチつきなのでホコリが入りにくい

素材は不織布なので、通気性がよく丈夫。1着ごとの衣類カバーは下部がオープンになっているものが多いですが、こちらはマチつきなので下から舞い上がるホコリも防ぐことができます。

ハンガーごとすっぽりと被われるホコリ除けカバーつき

パイプの左右2か所にヒモで結びつける

本体についているヒモをパイプにしっかり結び、ホコリ除けカバーをその上からかぶせます。

ホコリ除けカバーを上からかぶせる

ハンガーごとすっぽりと被われるので、パイプとハンガーの隙間からホコリが入りません。今までのようにエリにうっすらとホコリがたまることもなくなりました。

上下に開閉できるファスナーや防虫剤ポケットが便利

衣類カバーのファスナー

上下に開閉できるファスナーがカバーの真ん中についているので、端に掛けた洋服も取り出しやすく、複数の洋服が掛かっていてもスムーズに出し入れできます。大きな透明窓つきで、中になにを収納したかがひと目でわかるのも嬉しいポイント。

防虫剤を入れるポケットが内側についている

内側には防虫剤を入れるポケットもついていて気が利いています。着る機会が少ない礼服なども、安心して保管できます。

1着ずつの衣類カバーより省スペース

スーツ3着、ワイシャツ7枚を収納

こちらには夫のスーツ3着とワイシャツ7枚を収納していますが、まだ余裕があります。1着ずつの衣類カバーをつけていたときよりも収納スペースに余裕ができました。

厚手のコートやダウンを収納

厚手のコートやダウンなどは6着ほど収納しています。シーズンオフのコート類が1つの衣類カバーにすべて収まりました。色やデザインがシンプルなので、ごちゃごちゃしていたクローゼットの見た目もスッキリ。クローゼットのホコリが気になる方や、スペースがたりないとお困りの方は、検討してみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です