夏を快適に過ごすインテリアに模様替え!簡単にできる5つのアイデアを専門家が紹介

夏を快適に過ごせるように模様替えしたリビング
いよいよ夏本番。外は厳しい暑さでも、ちょっとした部屋の模様替えで、家での時間を快適にすることができます。

季節の花やグリーンを取り入れる。冷房が効きやすいよう、家具の配置を替えたり、カーテンやのれんで部屋を仕切ったりしてみる。水を使わないディフューザーでさわやかな香りを取り入れる…。北欧式整理収納プランナーの安藤佳世子さんが実践している、5つのアイデアをご紹介しましょう。

1.さらっと触り心地のいいリネン、気軽に洗えるラグにチェンジ!

クッションカバーもサラッとして触り心地のよいものにする

まず簡単に取り入れやすいものはクッションカバーです。筆者宅では、夏場は麻の素材や薄手の綿のものに替えています。サラッとして触り心地がいいです。色はホワイト系で統一すると、見た目にもさわやかに。

床に敷くラグは洗濯機で洗えるものにする

床に敷くラグは、洗濯機で洗えるものを基準に選んでいます。使用しているものはキルティングマットで綿100%の生地(中綿はポリエステル)。

洗った際に、綿だけのものだとシワになりやすいのですが、中にポリエステルが含まれていると、シワが目立ちません。夏は汗ですぐ汚れ、ニオイも気になるので、とにかく簡単に洗濯機で洗えるものを選び使っています。

2.夏の季節の花や、さわやかなグリーンを取り入れる

夏を涼しげに、また季節も感じられるインテリアになるよう、観葉植物などのグリーンや季節の花を飾っています。

枝もの1本だけでも、ホッとする空間になる

観葉植物を育てるのが苦手な方には、枝もののグリーンをひとつ加えてみることをおすすめします。夏の時期にきれいなグリーンを楽しめるドウダンツツジが人気。

ドウダンツツジは、長く楽しめて手間かかりません。インターネットでも購入は可能ですが、筆者は花屋さんで自分の好きな形や長さを選んで購入しています。

夏を感じさせてくれるフラワーアレンジメント

夏を感じられる生花もおすすめ。今回制作したフラワーアレンジメントでは、夏を感じさせてくれるアンスリュームやグロリオサなどを使用しています。情熱的な赤を基本に白や黄色を加えてトロピカル風に生けました。

アンスリュームは真夏でも1か月ほどは持ちます。切り花が弱りがちな夏でも、長く楽しませてくれる生花。ほかの花も茎の下部分を毎日少しずつ切ってあげると持ちがよくなるのでぜひ試してみてください。

3.風の通る、エアコンのききやすい家具の配置換え

ソファは壁側につけて窓に向けて配置

筆者宅では、リビングやダイニング、そしてキッチンが一室空間になっているので、夏場はエアコンで部屋全体が効率よく冷えるよう工夫しています。

夏になる前にソファの位置を変え、壁側につけて窓に向けて配置。変える前の位置だと、エアコンの風をソファがじゃましていている感じでしたが、これだけでエアコンの風が部屋全体に行き渡ります。

反対に冬の季節は、床暖房でリビングを暖かくしているので、ソファはリビングの中央に。季節ごとに家具の位置を変えるのは、そうした効果だけでなく、空間の印象も変わってリフレッシュできます。

4.オシャレなカーテンやのれんなどで冷房部屋を仕切る

少しでも冷房の効率をよくするためにカーテンで仕切る

筆者宅の寝室はウォークインクローゼットを含めた部屋になっています。ただクローゼットにはドアなどの仕切りがないため、就寝時は布で仕切りをつくっています。

刺繍が入った少しアンティーク風なカーテンを見つけたので、それを突っ張り棒につけてつるしています。実際、クローゼット内は日中かなり熱がこもっているので、夜もまだ暑いと感じるスペースです。そこを仕切ることで余計な熱が寝室に漏れないよう、また冷風も寝室のみにとどめて快適な温度を保てています。

少しでも冷房の効率をよくするためには、使っていない部屋やスペースはこうして簡単に布などで仕切りをつけて部屋も分けてみるとよいでしょう。

5.水を使わない木のディフューザーで、さわやかな香りを取り入れる

視感で夏を感じるインテリアをご紹介してきましたが、最後に香りで暑い夏を涼しげに過ごせるインテリア「ディフューザーと香りのアロマ」をご紹介します。

木のディフーザーとアロマオイル

夏は湿気が多いので、水蒸気の出るタイプのディフューザーは使用せず、ナチュラルな木でつくられたディフューザーを使用しています。木の上部にアロマオイルを垂らすだけ。木にアロマオイルが染みこみ、ふんわりとアロマの香りを放ってくれます。このディフューザーなら、お手入れもいりません。

夏におすすめの香りは「ペッパーミント」や「レモン」などの柑橘系です。とくにミントは夏に重宝されるアロマですが、スッキリと清涼感のある香りで暑さが和らぎます。またレモンなどの柑橘系もさわやかな香りなので、ミントと合わせてお好みの香りをつくってみてはいかがでしょうか。

インテリアでは布などの素材を少し変えるだけで一気に夏仕様になります。また、目や鼻から涼やかさを感じる、花や香りを取り入れるインテリアも簡単でおすすめです。紹介した簡単にできる5つのアイデアを試して、快適な夏を過ごしてください。

●教えてくれた人/安藤佳世子さん
北欧式整理収納プランナー、アロマテラピー1級。実家を二世帯住宅に建て直し「よりよい暮らし」をつくるため家やインテリア、生活について発信中

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です