お金は戻る?廃屋同然の家を自己負担でリノベしたのに、大家が契約更新しない場合

田舎暮らし

田舎で古民家を借りて、リノベーションしながらリモートワークを…。そんな話もチラホラと聞く昨今。 ちなみに、家を借りるときには、賃貸借契約というものが結ばれるもの。あまり知られていませんが、この契約には「必要費」と「有益費」というものが存在します。

今回はそのことについての問題です。

里山暮らしにあこがれて廃墟同然の家を借りました。雨漏りもするし、床が腐っている部分もあったので、きれいに直し、キッチンも新しくしました。ところが大家さんから契約更新しないと連絡が!かけたお金は戻って来ないのでしょうか?

では、さっそく答えを解説していきます。

雨漏りや床の不具合などを直すのは、本来、所有者の義務

答え…賃貸終了時に請求できる

雨漏りのあと

借りて住んでいる家が雨漏り。床もところどころ抜けている。そんな状態では、住むことに大きな支障が生じます。そもそもこんな家を貸すのかという疑問は残りますが、ここでは一般的な賃貸契約として解説します。

結論から言うと、これら賃貸契約にかかわる部分の不具合は、大家さんが直す義務があります。しかし、大家さんと連絡が取れない、修理を任されたなどの理由で、借り手が修理費用を支払うケースもあります。このような、本来、大家さんが負担すべき費用を「必要費」といます。

必要費は、立て替えているのと同じですから、借り手は大家さんにすみやかに請求できることができます。

大家さんにも利益があることは「有益費」として請求できる

廃屋同然の古い家
キッチンは使用に耐えられる状態だったか、そうでないかで変わってきます。

もし、使用できる状況でなければ必要費として請求が可能。しかし、使いづらいキッチンを新しくした場合は、大家さんの義務ではないので、大家さんが支払う必要はありません。

とはいうものの契約を更新してもらえず出なければならないとすると、少し話が違ってきます。次に借りる人(住む人)にとって、家の価値が増加されています。大家さんにとっても利益があるということになります。

このような費用のことを民法では「有益費」といい、借り手が賃貸借終了時に請求できることになっています。そして有益費の金額は、工事費または物価上昇分のいずれかを大家さんが選択することになります。

原則、賃貸借契約では、修繕や改良は、借り手が勝手にやっていいものではありません。大家さんの承諾を得て、適正に支出された金額なら、必要費、有益費として戻してもらうことができるということです。

隣地から枝や根っこが伸びてきたら切っていい?知りたい人はこちらも!

相隣関係の問題
切ってOKなのはどっち?お隣の木の枝と根が、自分の敷地に侵入してきた

画像(図以外)/PIXTA

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です