コロナ禍のショールーム見学は先手必勝で。オンラインも組み合わせて効率よく

ショールームがあるビル

家づくりのプロセスで欠かせないのが、建材や住宅設備のショールーム見学です。夫婦+小学生の子ども2人の4人家族で暮らす日刊住まいライターは、上の子どもが小学校高学年になったタイミングで、横浜市内に家を建てることを決意。

でも、家づくりの時期とコロナの流行時期が重なってしまい、最初はなかなか思うようにショールーム見学ができない事態に。そこで、早めに予約をしたり、オンライン見学も利用したりするなど工夫することで、納得のいく建材・設備選びができました。

今振り返り、ショールーム見学でやっておいてよかったことや後悔したことを語ります。

ショールーム見学は、契約前にひとりで行ってもよかったかも

スケジュール帳

ハウスメーカーとの契約までは、土地探しやハウスメーカー選びに全力投球。土地の引き渡しを経て、着工までは約3か月半。その3月半の間に、できるだけ効率よくショールーム見学をしたいと思っていました。

わが家がショールーム見学をした時期は2021年の春。コロナの影響で多くのショールームが完全予約制になってしまい、また平常時より予約人数を絞っていたため、なかなか予約が取れません。

とくに、土日休みの夫に合わせて予約をしようとすると、行ってみたいショールームの予約が取れるのは1か月後、2か月後に…。

今思えば、ハウスメーカーとの契約前に見学しておいてもよかったのかな、と後悔しています。また、なんとなく「夫婦で決めた方が早いし、あとからの変更が少なくて済みそう」という理由で夫婦で見学していました。でも、自分ひとりでもどんどん行ってみればよかったのかも、とも思います。

ショールーム見学はやはりメリットが大きい

キッチンやユニットバス、トイレ、外壁、床材、クロスなど、注文住宅で選ぶべき建材・設備は多岐に渡ります。わが家が訪問したのは以下の6社です。

  • クリナップ(キッチン)
  • TOTO(キッチン、トイレ、ユニットバス、洗面化粧台)
  • DAIKEN(床材、建具など)
  • YKK AP(玄関ドア、サッシなど)
  • ニチハ(外壁)
  • KOIZUMI(照明)

さらに、オンライン相談でサンゲツ(クロス)のショールームも利用しました。

床材のサンプル

ショールームに行くメリットは、実物を見て確かめられることだけでなく、カタログを見ているだけではわからないことを、スタッフの方に直接質問できること。自分たちの好みに合ったセレクトのコツなども聞くことができ、とてもためになりました。

「相談したいこと」がはっきりしているならオンラインもアリ

オンライン面談のイメージ

最初のうちは、なるべくたくさんのショールームに行きたい、とつい張り切ってしまいがちですが、小さい子ども連れでの移動はなかなか大変です。そこで、クロス選びは「サンゲツ」のオンライン面談を利用してみました。これがとってもラク!

そのオンライン相談で、わが家がお願いしたのは以下の2点でした。

  • スタディースペースと寝室のアクセントクロス選び
  • 水回りに合ったクロス選び

いずれも、事前に図面を送っておき、メインで使うクロスや建具の色を伝えながら意見をもらいました。また、希望のクロスを貼るとどんな雰囲気になるのか、といったことについて相談。面談後に、気になるクロスのサンプルを送ってもらいました。結果は大満足。ほかのショールームもいくつかはオンラインにすればよかったと思ったくらいです。

オンライン面談の場合、「実際に見て触ってみたい」「全体をじっくり見てまわりながらイメージをつかみたい」というニーズには合わないかもしれません。逆に、「相談したいこと」「見てみたいもの」がはっきりしている場合は、実際に足を運ぶよりずっと手軽。リアルの訪問とオンラインをうまく組み合わせれば、もっと効率良く回れたのかも、と少し後悔しています。

何度も行くより一回一回を「濃い訪問」にする工夫を

実際にショールームに行ってみて、とくによかったなと思うのは、DAIKENとニチハ。どちらも小さな面積のサンプルはハウスメーカーの担当者から見せてもらっていました。でも、DAIKENでは施工された床を見て質感をじっくり確かめることができ、建具との相性などもチェックできました。

また、ニチハでは、選んだ外壁に屋根やサッシ、玄関ドアも組み合わせて3Dパースをつくってくれたので、より立体的な外観イメージをつかむことができ、納得のいく選択ができました。

ショールーム見学をしてみて感じたのは、早い段階でスケジュールを立てることの大切さ。場合によってはオンラインも組み合わせることで効率よく回れると思います。

また、やみくもに何度も行くより一回一回を「濃い訪問」にする方がいいということ。事前に図面を送っておくのはもちろん、キッチンやユニットバスであれば標準仕様をあらかじめ確認しておく、オプションにいくらくらい使えるのか予算を伝えておく、など先にこちらの情報を伝えておくと、自分に合った情報が得られやすいと思いました。

写真/PIXTA(4枚目)

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です