ダイソーのキッチンレトルトスタンドを万能使い。食品以外に、絵本や靴下の整理も

ダイソーのキッチンレトルトスタンドとキッチン小袋スタンド

かさばりやすく収納しにくいレトルト食品や、ふりかけなどの小袋。大量に並べていると、なだれを起こしてプチストレスに!そこで活躍するのが、ダイソーの「キッチンレトルトスタンド」。レトルト食品などを、立ててスマートに収納することができる、優れものの100均アイテムです。

日刊住まいライターは、この商品でレトルト食品だけでなく、冷蔵庫内や子どもの絵本収納、靴下収納など幅広いシーンで活用しています。さっそくアイデア満載の活用法をレポート。ぜひ参考にしてください。

ダイソーで手に入る!「キッチンレトルトスタンド」を収納に活用

レトルト食品のなだれ問題に悩んでいた筆者。そんなときダイソーで見つけたのが、「キッチンレトルトスタンド」でした。

この商品は、ストックしているレトルト食品をきれいに収納することができる便利アイテム。仕切りの裏側は粘着テープがついており、収納場所のサイズに合わせて長さをカットできます。仕切りの間隔は約2.4㎝で、箱タイプや袋に入ったレトルト食品の収納にぴったり。

また、キッチンレトルトスタンドとともに、仕切りの間隔が1㎝の「キッチン小袋スタンド」もいっしょに購入!こちらは、ふりかけなど小さな袋の収納に向いています。
どちらも2個入りで、価格はもちろん110円(税込み)です。

購入してみると、思っていた以上にいろいろな活用法が!ここからは実際に試してみた実例を紹介します。

レトルト食品やベビーフードの収納に!立てても崩れずにキープ

なだれを起こしたレトルト食品の収納

レトルト食品のパッケージの形状は、箱や袋でパウチされているものなどさまざまですが、大量に並べているとこのようになだれを起こしやすい…。

整理後のレトルト食品の収納

そこで「キッチンレトルトスタンド」と「キッチン小袋スタンド」の両方を、戸棚の底に貼りつけました!仕切りができることでそれぞれが独立し、ひとつ取り出しても残りのストックが崩れることなくストレスフリー!

ちなみに、粘着テープの跡残りが気になったため、筆者は先にマスキングテープを貼りました。

冷蔵庫内に使えば、小袋も取り出しやすく調理の時短に!

積み重なった小袋食品の収納

冷蔵庫内でふりかけやだしの素などサイズが違う小袋をたくさん収納していると、より小さな袋が倒れ込んでしまい行方不明になることが多々ありました。

整理後の小袋食品の収納

「キッチン小袋スタンド」をケースの側面に使用し、小袋をひとつひとつ自立させることで取り出しやすさが格段にアップ!料理するときに手間取らず、時短につながります。小袋の場所をしっかり固定させたい人は、ケースの底面にも本品を貼りつけるとよさそうです。

短くカットして使えば、高さの違う絵本も倒れない!

棚の中で倒れた絵本

絵本は、きちんと並べていても、なにかの拍子にすぐ倒れてしまい、片づかないことが悩みでした。

絵本を整理して収納

そこで、絵本収納にも「キッチンレトルトスタンド」を活用!そのまま本棚の奥の壁に貼りつけて使うこともできますが、絵本の厚みや大きさはバラバラのため短くカットして使ってみました。

こうすることで、絵本のラインナップにあわせて仕切りの幅を調整できます。さらに、貼りつける位置の高さを変えると大きな絵本でも小さな絵で本もベストな位置に仕切りをつくれます。

結果、厚みや大きさがバラバラ&少ない冊数でもきれいに収納できるように!今後、絵本が増えても貼りつけ位置を変えながら都度調整していけます。3歳の子どもも読みたい本をスムーズに取り出せるようになりうれしそう。

棚の側面に貼りつければ、完成させたパズルを崩さず片づけられる収納に!

ばらばらになったパズル収納

これまでは、子どものパズルを袋に入れカゴに立てて収納していました。この方法では、袋の中でパズルが崩れてしまうので、子どものやりたいパズルがどれかひと目で判別するのも難しい状態でした。

パズルを整理して収納

「キッチンレトルトスタンド」を棚の両側面に貼りつけることで、パズルを寝かせて収納できるようになりました!せっかく子どもが完成させたパズルを崩すことなく片づけることが可能に。

さらに子どもも目当てのパズルがひと目でわかることから、自分で取り出して遊ぶ回数も多くなりました。

靴下の収納も細かな仕切りでスッキリ!収納スペースに余裕も

タンスの中の靴下

たくさんあって乱雑になりがちなわが家の靴下収納。履きたい靴下が埋もれて発掘作業を行うこともありました。

靴下を整理して収納

そこで、「キッチンレトルトスタンド」をタンスの側面に貼りつけ。細かく仕きれるので見た目もスッキリ!整頓できたことで収納スペースに余裕が生まれました。
今回はそのまま貼りつけましたが、地厚の靴下やタイツなどの収納であればカットして間隔を調節してもよさそうです。

「キッチンレトルトスタンド」は、レトルト食品の収納だけにとどまらず、さまざまな収納の場面で活用できます。とくにサイズ違いのものをストックする際には、活用してみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です