コーディネート例:予算50万円、中古マンション購入を機に、カフェ風インテリアに

中古マンションのリビングダイニングをカフェ風のインテリアにする

「こんな暮らしがしたい!」という要望を聞き、家具やカーテン、照明などの幅広い知識を駆使して、かなえるのがインテリアコーディネーターの仕事。タクミさんのもとにも、さまざまな相談が届きます。

今回紹介するのは、中古マンションの購入・リフォームを機に、家族4人でカフェ風のインテリアにしたい!というお部屋のコーディネートです。

カフェ風のインテリアをベースに、小さな子どもも安心して過ごせる部屋づくりを、CGをまじえて解説をします。

まずは要望を整理。掃除のしやすさも考慮した、カフェのような空間に

依頼を受けたマンションの間取り

こちらが新しい家となる間取りです。12.5畳のLDKのインテリアを提案していきます。

まず、相談者からのご要望と、インテリアコーディネーターとして心がけたポイントを整理しましょう。

相談者からの要望

  • 予算は40~50万円
  • ナチュラルな印象の、明るいカフェ風にしたい
  • 子どもが小さいため、掃除がしやすいアイテム
  • グリーンが映える空間
  • 西日を強く遮光しながらも、暖かな光も感じたい

心がけたインテリアのポイント

  • やわらかなナチュラルカラーをベースに
  • 子どもが安心して過ごせるよう、角の丸いインテリアをセレクト
  • ソファやラグを汚しても、ご自宅の洗濯機で洗える機能性を重視

育ち盛りの2人のお子さんがいるため、掃除のしやすさも考慮して提案することにしました。
機能性も重視しながら、カフェのようなくつげる空間にしていきます。

自然の素材感を大切に。ナチュラルカラーで優しいアイテムを選ぶ

カフェ風のインテリアにするために使う家具や照明

こちらは要望に沿って選んだアイテムリストです。ナチュラルなカフェを演出するために、木の素材感を楽しめるようなアイテムをベースにしました。

またアクセントカラーとして、ブルーのソファを取り入れています。ブルーには心を落ち着かせる効果があり、清涼感ある空間になります。

グリーンとブルー、木の質感で、落ち着けるさわやかな部屋になった
光の入らない部屋では冷たい印象になっていますが、リビングに大きな掃出し窓があるので、その心配もありません。
グリーンとブルー、木の質感で、落ち着けるさわやかな部屋になりました。

子どもが汚しても大丈夫!ソファカバーとラグは洗濯できるものに

ブルーのソファの詳細
育ち盛りの子どもがいる家庭では、きれいな状態で部屋を維持しやすくするために、家で洗濯ができるカバーソファとラグを選びました。

ソファカバーとラグは洗濯できて、お手入れもラク

毛足が長いラグはクッション性に優れていますが、汚れやホコリがたまってしまうデメリットがあります。

そこで今回は、肌触りに優れているマイクロファイバー製の、毛足が短いラグを選ぶことにしました。軽く掃除機をかけるだけで、きれいにお手入れすることができます。

遮熱&遮光のカーテンで、光を取り入れながら冷暖房効率アップ

夕方になると西日が入るLD(リビングダイニング)の窓には、遮熱効果のあるレースカーテンと、遮光タイプのドレープカーテンを提案しました。

遮熱カーテンは遮光カーテンよりも室内の気温上昇を防ぐ効果があります。UVカット機能もついているため、日の光を取り入れながら冷暖房効率をアップすることができます。

遮光には等級があるので、どの程度光を入れたいかライフスタイルにあわせて判断しましょう。

遮光カーテンの等級と光の目安

遮光カーテンの性能

※遮光専門カーテン「フクロウのカーテン」より

小さなお子さんがいる家庭では、デザイン性だけでなく清潔に保てるメンテナンス性の高い素材を選ぶと、掃除がとてもラクになります。

ソファカバーやラグ、カーテンが洗濯できるか、汚れが落ちやすいかなど、素材選びにもこだわることも、インテリアコーディネートの大事なポイントです。

●教えてくれた人/タクミさん
インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター2級。インテリアショップにて5年間勤務後、リフォーム/リノベーションのコーディネーターに。男性目線のブルックリン、インダストリアル、西海岸風のインテリアセレクトを得意としている

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です