つり戸棚の代わりに、パントリーをつくったら快適キッチンに!でも、一点だけ後悔

フラットキッチンとパントリー

家づくりで、絶対妥協したくないのがキッチン。毎日使う場所だから調理しやすく、片づけもラクな、ストレスフリーのキッチンにしたいと願う人は多いでしょう。

最近家を建てた日刊住まいライターは、じっくり検討してフルフラットキッチンを採用。つり戸棚はつけなかったことで、部屋が広く感じられ、片づけもラクなキッチンを実現。さらにパントリーをつくったことで、ものが散らからず、いつもスッキリさせておくことが可能になりました。

さっそくレポートします。新築やリフォーム検討中の方は、ぜひ参考に!

フラットキッチンとパントリーを採用。つり戸棚をやめたことでスッキリ

戸建て住宅を建てたわが家。「毎日使うキッチンは、とくにこだわりたい!」との思いから、時間をかけてハウスメーカーやショールームで、打ち合わせを重ねました。

ここでは筆者がこだわったポイントを4つ紹介します。

広く使えるフルフラットキッチンを採用

注文住宅のフルフラットキッチン

キッチンを決めるときに最初に悩んだこと。それは、周りに壁のないフルフラットキッチンにするか、カウンターの前に高さのある立ち上がりのついたキッチンにするかでした。フルフラットキッチンは壁でさえられていないぶん、スペースを広く使えますが、手元が見えたりキッチンが散らかっているのがわかったりしてしまうのが難点です。

しかし、結局はフルフラットキッチンを採用した筆者。理由はやはり、毎日使うキッチンをできるだけ広く使い、ストレスなく過ごしたかったからです。

リビングからキッチンが見えるというデメリットに関しても、逆に目につくからこそ、きれいな状態を保つことを心がけるようになりました。

フルフラットキッチンにすることで、リビングからキッチンにかけて仕切りがなく開放的に!部屋が広く見えるので採用して正解でした。

当たり前にあったつり戸棚は不採用

実家にも、今まで住んできた賃貸アパートにも、キッチンには必ずつり戸棚がありました。しかしわが家の場合、つり戸棚は出し入れが面倒で、ほとんど使っていませんでした。

そうした経緯から、標準仕様でついていたつり戸棚を外してもらうことに。つり戸棚がないことで圧迫感がなく、部屋がスッキリ見えます。

ゴミ箱置き場を考えたつくりに

キッチン背面のゴミ箱収納

キッチンのゴミ箱の位置はとても重要です。捨てたいと思ったときにすぐに捨てられる位置にあるか、動線のじゃまにならないか、など考慮すると使いやすさもグンとアップします。

キッチン側の全景

わが家はキッチンの背面につくったカウンターの下に、ゴミ箱を置けるようにプランしてもらいました。出っ張らないので、じゃまになることもありません。コンロの後ろ側にあるので、ゴミを捨てる動線もコンパクトに!

便利なパントリー

キッチンの近くにあるパントリー

買い物は、週に一回、夫が休みの日に行くと決めています。食品や日用品を大量に買い込んで、すべてキッチンうしろに設置したパントリーに収納。棚は可動式なので高さの変更もできて便利です。

パントリーの壁はマグネットのつく壁を採用しました。冷蔵庫に貼ってしまいがちな保育園のお便りもここに!マグネットフックをつけて、エプロンや掃除用具もかけられます。

わずか一畳ほどのスペースですが、パントリーがあることで、キッチンをスッキリと見せることができました。

タッチレス水栓&深めの食洗機!キッチンにつけてよかったオプション

標準仕様からランクをアップしてでも、つけてよかったオプションをふたつ紹介します。

汚れた手でレバーに触れるストレスなし!タッチレス水栓

キッチンのタッチレス水栓

ハンバーグをこねた手や、洗い物中の泡のついた手で、レバーに触れたくないもの。そこで、手をかざすだけで水を出すことができる、タッチレス水栓を採用しました。

汚れた手でレバーに触れる必要がなくなったので、ストレスから解放され、衛生面も安心。洗い物をしているときも、手をかざすだけで水を出したり止めたりすることが可能に。節水効果も期待できます。

フライパンや鍋も入る!食器洗い乾燥機・深型タイプ

深型タイプの食器洗い乾燥機

食器洗いが苦手な筆者。洗ってふいて食器棚に戻す、という工程を一日何回も繰り返すのは苦痛でしかありません。食器洗い乾燥機をつけて本当に助かりました。

こちらの深型タイプは値段が少し高くなりますが、フライパンや鍋を入れることもできるのでとても便利。頻繁に食器洗い乾燥機を使うようであれば、深型タイプの食洗器を選ぶことをおすすめします。

便利だけどリビングから丸見え!パントリーの位置だけは後悔

扉がなく、中が丸見えのパントリー

わが家のパントリーは、扉もなく中の収納がリビングから丸見え。当初はかわいい鍋や雑貨、グリーンなどを置いておしゃれに見せようと思っていました。しかし、いざ飾ろうと思うと、センスよく並べるのはなかなか難しい…。

むしろ入り口部分はものを取り出しやすい場所でもあるので、よく使うものを置いてごちゃついて見えてしまいます。パントリー自体は満足していますが、リビングから見えないよう、プラン変更してもらえばよかったと後悔しています。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です