カインズのガーデンパラソルで、おうちアウトドア&テレワークが結構楽しいよ

庭に設置したガーデンパラソル

心地よい気温になり、わずらわしい虫の活動が穏やかな季節に。庭で手軽にアウトドア気分を味わうのに快適な秋。

そこで紹介したいのが、カインズのガーデンパラソル。お手頃価格なうえに、女性ひとりでも組み立てや設置が簡単。

バーベキューや子どもの庭遊びなどに活用している日刊住まいライターが、使用感をレポートします。庭でリフレッシュしながらテレワーク!そんな活用方法もありです。

庭に合う色やサイズをポイントに。カインズでガーデンパラソルを購入

庭とのバランスを考えて設置したガーデンパラソル

小さな子どもが2人いる筆者宅。なかなか出かけることも難しい今、以前に比べ自宅の庭で過ごす時間も増えました。そんなとき、ガーデンパラソルがあればもっと快適に過ごせるかも?と思い、購入を検討。

「白と黒をベースにした家の外観にマッチするものがいい」「設置する場所に合うサイズのものを2つ置きたい」という点をポイントに選んだ結果、希望に合うガーデンパラソルをカインズで発見!サイズ違いでガーデンパラソルを2つ購入しました。

庭に設置したアイボリーの木製パラソル

こちらはアイボリーの木製のパラソル。サイズは、幅210×奥行210×高さ222cm、重さは約5kg。価格は7980円(税込み)でした。

庭に設置したブラウンのアルミパラソル

もうひとつは、少し大きめのブラウンのアルミパラソル。サイズは幅270×奥行270×高さ242cm、重さは約4.6kg。価格は8800円(税込み)です。

バーベキューや庭遊び、テレワークにも!ガーデンパラソルが大活躍

2種類のガーデンパラソルを設置したわが家。実際の活用法を紹介します。

自宅でのバーベキューがおしゃれになる

ガーデンパラソルを並べて使用

自宅でのバーベキューもガーデンパラソルを使うだけで、グンとおしゃれに。もちろん日よけや、急な雨対策にも大活躍!

日差しが強い日の庭遊びに、ガーデンパラソルが活躍

水遊びの日よけ対策

ガーデンパラソルは強い日差しを避けるのに活躍。そのまま外でお昼ご飯にすると、ピクニック気分が味わえます。子どもたちも大喜びなので、夏はもちろん、秋以降も引き続き利用中。

パラソルと息子

ちなみに息子は、ガーデンパラソルを設置すると毎回このような構図になります。どうやらガーデンパラソルは、子どものワクワクや好奇心を刺激してくれるアイテムのよう。

庭で子どもを見ながら仕事ができる

子どもを見守りながら仕事

2歳の次男はイヤイヤ期真っ最中。「外で遊びたい!」と言い出すと、私のタイミングなど待ってはくれません。そんなときガーデンパラソルを出せば、子どもを見守りながら仕事ができます。また私自身も外での仕事がいい気分転換になるので、子どもも親もストレスフリー。これは予想外の活用法でした!

女性ひとりでも簡単に組み立てや、設置ができるのもうれしい!

今まで庭で使用していたタープテントは、ひとりで設置するのが難しくなかなか大変でした。しかし、ガーデンパラソルを購入してからは、そのストレスから解放!

組み立てはとっても簡単。パラソル本体にポールを差し込みネジで止めるだけでOK。使いたいときに女性ひとりでも設置できます。

ガーデンパラソルのハンドル

クランク式のパラソルなので、ハンドルを回すだけで簡単に開閉できます。重さを感じることなく、こちらも女性でもラクに回せます。

パラソルの角度調整

また、アルミパラソルは、ワンタッチで角度調整ができるチルト機能つき。ですから、太陽の向きに合わせて自分が移動する必要もありません。

強い風が吹いても倒れないよう、ベースは安定感のあるものを!

ガーデンパラソルのベース

ガーデンパラソルは、安定感に不安があります。万が一、風にあおられて倒れてしまうと、事故につながる心配も。

そこで、筆者は別売りのベースも購入しました。売られているベースの重さは、10㎏前後のものから、20kgを超えるものまでさまざま。

重さが増えるほど安定感は増します。しかし今回は、あくまで庭用としての使用なので、扱いやすさも考慮して約13kgのものを選びました。価格は3480円(税込み)。大きさもあり重量もあるため、自宅の庭で使用するなら問題なしです!

ガーデンパラソルは、今やわが家の庭に欠かせないアイテム。おうち時間をもっと楽しくしたいと考えている人は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です