重ねやすいザル&ボウル、キャップ一体型歯磨き粉…いつもより便利な生活アイテムを紹介

無印良品「ステンレスボール・ステンレスメッシュザル」

料理や洗濯などの家事や、毎日の暮らしで使う道具、どうやって選んでいますか?見た目だけで選ぶと使いにくかったり、片づけしにくかったりと、思わずイラッとしてしまうことも…。

毎日、頻繁に使うアイテムこそ、使いやすさを最優先に選んでおくと、日常のプチストレスが減ります。インテリアブログを主宰するワトコさんがこだわって選んでいる、日常使いのアイテムを教えてもらいました。

ボウルとザルは無印のシリーズで重ねやすく

無印良品のザルとボウル

キッチンで使うボウルとザルは無印良品のシリーズ、「ステンレスボール・ステンレスメッシュザル」を愛用。ボウルやザルはシンク下の収納スペースに重ねて片づけるため、シリーズでそろっていると大きさがきっちりと合います。狭いスペースを少しでも広く使うには、ものの大きさやしまいやすさを考慮して選ぶのがコツ。

お玉は注ぎやすい形を選ぶ

フェリーチェのお玉

わが家で使っているお玉は、「La cucina felice オリジナルソースレードル」。以前使っていたお玉だと、ソースを注ぐときによくこぼしてしまっていたので、液体がこぼれにくく注ぎやすい形のお玉に買い換えました。自分の注ぎ方が悪いのでは?とも思っていましたが、欠点を補ってくれるアイテムを使うと、料理中もストレスフリーに。

菜箸は1組だけでなく十分な量を準備

菜箸

菜箸は1組あればいいかなと思っていましたが、料理中に何度も洗う手間を考えると、ある程度量をそろえておいた方が便利。個人的にはシリコンの菜箸が使いやすいのでおすすめです。また、組み合わせを考えずにサッと手にとって使えるように、菜箸はすべて同じものでそろえています。

ペットボトルの買い置きは2Lより500ml

500mlのペットボトル

ペットボトルの水やお茶の買い置きは、2Lの大きなものの方がコスパを考えるとよいですが、収納や使い勝手の面で考えると、案外500mlの方が便利なこともあります。ボトルが小さい分、収納場所にも困りませんし、大きなものは結局、賞味期限内に飲みきれないことも…。そんなわけで、わが家でのドリンクの買い置きは基本的に500mlの小さなボトルにしています。

バスタオル1枚よりフェイスタオル2枚

フェイスタオル2枚

とくに狭い洗面所では収納場所に限りがあって、大きなバスタオルなどはしまう場所に困っているというご家庭も多いと思います。そんな場合はバスタオルをフェイスタオルに変えてみるのも手。

バスタオル1枚よりフェイスタオルを2枚。体と頭をふくのに2枚必要だとしても、バスタオルよりかさばらず扱いやすいです。

歯磨き粉や基礎化粧品はキャップ一体型

キャップ一体型のボトル

家族が歯磨き粉のキャップを閉めてくれない、忙しい朝に小さな仕事を増やしたくない、といった悩みがあるなら、キャップは一体型のものを選ぶといいです。片手で閉められる簡単なアクションなら、迷わずやってくれるはず。家族が面倒がる作業が省けるアイテムで、お互いのストレスを減らしましょう。

計量のいらない洗剤を使って洗濯する

プッシュボトル洗剤

最近は洗濯用洗剤もいろいろあります。キャップではかって…などという面倒な作業を省きたいなら、計量のいらないものを選べばOK。プッシュ式のものや、ジェルボールなどを使えば、洗剤をはかる工程がなくなります。この小さな工程があるのとないのとで、意外と洗濯へのフットワークが違ってきます。

毎日使うアイテムは、見た目よりも使い勝手を考慮して選ぶと家事の時短につながります。作業工程がシンプルになるアイテムを積極的に取り入れたり、逆にストレスになりそうなものは使わないなど、上手にもの選びをして、無理なく楽しく家事ができる仕組みをつくってみましょう。

●教えてくれた人/ワトコさん
WEBライターとしてインテリアや収納に関する執筆を行う。「ワトコさんのDIYでカフェインテリア」で、インテリアにまつわる情報を発信中

Source: 日刊住まい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です