【あつ森】「念願のリング完成」の巻 / 第11回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。率直にお聞きしたいのですが、発売当初からあつ森をプレイされているみなさん……飽きてきていませんか? 私の化身「サンチェル少年」はと言うと、飽きてはないのですがやや目標を見失っていたところです。

あつ森は自分のペースで楽しめる一方で、自分でモチベーションを維持しなければならないゲームですよね。ある意味で “燃え尽き症候群” に陥っていたサンチェル少年はどうやって復活を果たしたのでしょうか? 今週もあつ森日記をご覧いただきましょう。

・やや燃え尽き症候群

長くツラかった花の交配を完了させ、いよいよ「理想の島作り」にリーチを賭けたサンチェル少年。ぶっちゃけ、島クリエーターをガッツリやらない日は「レシピ回収」「木ゆすり」「石叩き」の3つをこなせば最低限のノルマを達成できる環境になりました。

化石も全部揃いましたし、カブのおかげでベルにも困っていません。テンションが上がるのは つねきちがやって来たときか、月が替わって生き物が増えるときくらいですかね。もちろん、島クリエーターに取り組んでいる最中は燃えに燃えまくっています。

ただ、がっつり時間が取れない平日は、上述したノルマだけで1日が終わることも多くなりました。そうすると、何と言うか “ときめき” 的なものが徐々になくなってきちゃうんですよね。「ロケッ島をどうしてやろう?」と胸を高鳴らせていたあの頃のサンチェル少年はどこに行ってしまったのでしょうか?

・まさかのログインミス

それに追い打ちをかけて、先週はとてもショックなことがありました。プレイし始めた初日から更新されていたログイン記録が途切れてしまったのです。その日は朝からバタバタしていたこともあったんですが、結局子供を寝かせたまま私も朝まで寝落ち。目覚めた時は白目になるほどショックでした。

別にいいんですよ、1日くらい。そもそもあつ森は、ゆっくりまったりプレイするゲームです。ただ、タヌポートの連続ログイン記録が1日(50マイル付与)だったときは凹みましたよね。ここままじゃヤバい……! そこで取り掛かったのが当初からの念願だった「リング作り」です。

私があつ森に興味を持ったのは、プロモーションビデオにチラッと映ったリングがきっかけでした。プロレスファンの私は「リングもあるのかよ!」と痛く感動し、ニンテンドースイッチ本体を買いに走ったのです。リング作り以上に私のモチベーションを高めてくれる作業はありません。

・炎の島クリエーター開始

というわけで、週末の真夜中、サンチェル少年は厳かに島クリエーターを開始しました。これまで小規模なリングは2つ作っていますが、今回はメインのリング作り。過去のリングが後楽園ホールクラスだとすると、今回は武道館クラスを目指すしかないでしょう。

崖を作っては掘り返し、水を引いては埋め立ててを繰り返すこと数時間。おぼろげに形だけは見えてきました。やはり、理想の島作りに集中しているときほど楽しい時間は無く、明け方を迎えても目は爛々と輝くばかり。島クリエーター、最高です。

んでもって、翌日の真夜中もコソコソと島クリエーターに取り組んだ結果……出来ました! メインリングの完成です!! この日のために用意しておいた「パイプ椅子」や「スポットライト」を全て配置し、ゴングを置けばそこは完全にメインリング。収録を想定してテレビカメラまで置いちゃいました。



そういうプロレスはあまり好きじゃないんですが、リングの近くに配置する柵は「有刺鉄線」が似合いますよね。スペースの関係であまり取れなかったのですが、花道的なスペースも作れて個人的には超満足しています。いいんです、いいんです。自分が気に入っていれば。あつ森ってそういうゲームですから。

・モチベーション回復!

こうして、ややモチベーションが低下していたサンチェル少年は一気にやる気を取り戻しました。もし同じような症状に陥っている人がいたら「とにかく島作りに集中してみる」のもいいのかもしれません。リング作りの効果もあってか島の評判は星5に……ヒャッハーーー!

というわけで、モチベーションの低下はどこへやら、残り2つ大きく空いている土地をどうしてやろうかと考えている今週のサンチェル少年でした。やっぱり和風ゾーンを作ろうかな~。それとも果樹園にしちゃおうかな~。それともそれとも~。

参考リンク:あつまれ どうぶつの森公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch)


Source: ロケットニュース24

【あつ森】あつまれ どうぶつの森「異常なことあるある」50連発

ニンテンドースイッチ専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』が発売され、およそ3カ月を迎えようとしている。社会現象と言ったら大げさかもしれないが、ここ数年で最も話題を集めるゲームの1つであろう。まだの人はぜひプレイしてみて。ホント、楽しいから。

さて、私、P.K.サンジュンもプレイ初日から1日も欠かすことなくログインしているあつ森民だが、みなさんはあつ森に隠された「異常なこと」にお気付きだろうか? 今回はあつ森民ならきっとわかってもらえる「あつ森 異常なことあるある」を50連発でお届けしよう。

・あつ森 異常なことあるある50連発

1: 序盤のたぬきち商店開店資材「鉄鉱石30」のハードルの高さは異常
2: 石を連続で叩けることを知ったときの感動は異常
3: 初めて金鉱石が出てきたときの感動も異常
4: 家や店の場所を適当に決めてしまったときの後悔は異常
5: せっかく引っ越ししたのに、1マスずれてたときの後悔も異常
6: はしごを使って初めて崖の上に登ったときの冒険感は異常
7: 序盤の高跳び棒の爽快感は異常
8: あれだけ活用してたのに、橋がかかり始めると一気に使われなくなる高跳び棒の早熟感は異常
6: 島クリエーターが解放されたときの喜びは異常
7: エンドロールで流れる「みんなあつまれ」の感慨深さは異常
8: せっかくお招きしたのに、毎週土曜日1人ぼっちの とたけけさんの寂しさは異常
9: あれだけ熱烈にオファーしておいて、1度も土曜ライブに顔を出さないたぬきちさんの冷たさは異常
10: 通信中のたぬきちさんの鉄仮面感は異常。もはや冷酷。
11: しずえさんが初登場したときの「待ってました感」は異常
12: 博物館のクオリティの高さは異常
13: ドヤりたくてウズウズしているときのフータさんの愛くるしさは異常
14: 寄贈した魚や虫を観に行くときのワクワク感は異常
15: もちろん化石発掘のワクワク感は異常
16: イースターエッグだったときのガッカリ感は異常
17: イースターイベントの「ぶっちゃけ早く終わって欲しい感」は異常
18: 通常モードに戻ったときの安定感は異常
19: 初めて巨大魚を釣り上げたときのテンションのブチ上がり方は異常
20: 新種の魚を釣り上げたときのワクワク感も異常
21: スズキが釣れる頻度は異常
22: 釣れ過ぎて逆にガッカリしなくなったくらい異常
23: ミイロタテハの素早さは異常
24: オニヤンマのギンヤンマの「風を切ってる感」は異常
25: オニヤンマとギンヤンマの見分けにくさも異常
26: オケラのやかましさは異常
27: この辺にいるハズなのにオケラの掘り当てにくさは異常
28: ヨナグニサンを初めて発見したときの「とんでもないヤツが現れた感」は異常
29: サソリやタランチュラと遭遇した時の緊張感は異常
30: 新しい魚や虫が登場する月替わりのテンションは異常
31: つねきちの胡散くささは異常
32: つねきちから芸術品を買うときの用心深さは異常
33: ほぼほぼ大丈夫なハズなのに、フータさんに芸術品を寄贈するときの緊張感も異常
34: レシピのダブり方は異常
35: 花の交配に取られる面積の広さは異常
36: 狙った色の花が咲いた時の嬉しさは異常
37: 青バラの咲かなさは異常
38: 黒バラのアッサリ感も異常
39: Bダッシュで花を潰してしまったときの罪悪感は異常
40: 新しく住人が引っ越してきたときのドキドキ感は異常
41: 住人が島から出ていくときの寂しさも異常
42: カブへの経済依存度は異常
43: カブが爆上がりしたときのテンションは異常
44: 逆にカブが下がり続けているときの寒さは異常
45: YouTuberさんやフレンドの島のクオリティの高さは異常
46: 島そのものが同じ広さとは思えないほど広大で異常
47: 上空から見るフレンドの島の「すげえところに来ちまった感」は異常
48: 自分の島のショボさは異常
49: それでも「上手にできた!」と勘違いしている自分の能天気さは異常。むしろ気の毒
50: それでもそれでも自分の島の居心地の良さは異常

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch)


Source: ロケットニュース24

【あつ森】「月が替わって魚釣りが楽しい」の巻 / 第8回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。ニンテンドースイッチ専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』が発売されて2カ月ちょい、私の化身「サンチェル少年」は今日もロケッ島(ろけっとう)での生活を満喫中。正直、全然飽きないス。むしろまとまった時間が欲しいス。

さて、早いもので6月に入りましたね。南半球にあるロケッ島では、木々もすっかり赤くなり、最近では雪もちらついて参りました。今回もここ1週間で起きたトピックをゆるゆると振り返っていきたいと思います。どうぞ、最後までお付き合いください。

・パンジーの交配完了

ここ1週間でロケッ島に劇的な変化は……起きていません。相も変わらず花の交配がメインの生活で、全色が咲いていないバラ・アネモネ・パンジーを整え、そして水やりをする日々。ただ、まさにこの記事を書いている当日、パンジーの交配が完了しました。

これである程度の土地が空くことになるので、いよいよ和風ゾーンの工事に着手する……と言いたいところですが、あとは時間ですよね。週末あたりでもまとまった時間が取れたら、一気に和風ゾーンを完成させたいと思っています。本当、島クリエーターはとんでもない時間泥棒ですから。

そうそう、これが早いのか遅いのかはわからないのですが、ついに化石もコンプリートしました。ここ数週間は化石を鑑定してもダブりばかりだったのですが、最後のピースがようやく埋まったところです。とはいえ、毎朝の化石掘りを楽しみにしていたので、やや寂しい気も……。しばらく化石は発掘せず、フレンドに掘らせてあげようと考えています。

・博物館が大好き

さてさて、化石の話とも被るんですが、サンチェル少年は博物館が大好きです。あつ森をプレイし始めた直後、まず感動したのが博物館のクオリティの高さでした。コレクター気質があるサンチェル少年はロケッ島に移住した直後、ひたすら魚釣りと虫取りに没頭していたものです。

冒頭でもお伝えした通り、ロケッ島は南半球にあるんですが、妻は北半球でプレイしているんですね。なので、美味しいことにサンチェル少年は “両取り” が可能なのです。もちろんコンプリートしているわけではありませんが、博物館に関してはなかなか充実しているのではないでしょうか。当初は時間があれば博物館で魚や虫を見てニヤニヤしていました。

ただ、5月は花の交配に夢中だったこともありますが、ある程度の生き物は捕まえたので、やや魚釣りや虫取りがおろそかになっていたことも事実です。カブのおかげでベルの心配もありませんし。ぶっちゃけ、1日1回も魚を釣らないことだって珍しくありませんでした。

・6月はアツい

そこへ来て6月の到来ですよ。もうみなさんおわかりですよね? 南半球はそうでもないんですが、6月の北半球は激アツ! 多くの虫や魚が登場して、サンチェル少年も再びハンター生活に。妻が寝静まったら北半球へ出かけ、コソコソと釣りをしまくっています。

ご存じの方も多いと思いますが、南半球のプレイヤーが北半球に出かけても魚や虫ってそこまで出ないんですよ。当然、逆も然りです。なので、数少ない生き物を追い求め、サンチェル少年は妻の島を夜な夜な徘徊しているところ。完全に野生児です。

つまり、ここ数日は昼間大量に作ったエサを持って妻の島に出かけ、妻にエサを撒いてもらいながら釣りをしています(自分で撒いても魚が出ないため & 操作は私)。新種の魚が釣れた時の喜びはグッと来るものがあり、寄贈が楽しみで仕方ありません。ちなみに、語りたくてウズウズしているフータさんの顔も大好きです。

おそらく向こうしばらくのサンチェル少年は、いま捕れる魚と虫を集めるまでハンター生活をエンジョイすることでしょう。ただ、難関は虫なんですよね……。魚はエサで何とかなるんですが、虫は完全ランダムですから。昼はあまりプレイできませんし、まだ捕っていない蝶も結構います。頼む、ヒラヒラと俺の前に現れてくれ……!

・花壇が完成

最後に、ほぼ完成したロケッ島の施設をご紹介しておきましょう。凄腕YouTuberさんたちには到底かないませんが、ロケッ島にも花壇が出来ました。当初は花壇を作る予定は無かったんですが、交配した花を処分するのが忍びなくなったのが大きな理由です。


ロケッ島らしくリングを設置し、柵や低木(ヒイラギ)で周囲を囲い、その外は広葉樹で埋めてみました。木って見晴らしが悪くなるので、本当に植え方が難しいですよね。そのため視界を遮っても問題ない崖の手前に木を植えました。木の配置って本当に奥が深いと思います。

というわけで、サンチェル少年は向こうしばらく、青バラと紫アネモネの交配をしつつ、昼はあさり堀り、夜はハンター生活を送ることになることでしょう。まとまった時間が取れれば、がっつり島クリエーターもやりたい……! なんだかんだで充実している、今週のサンチェル少年でした。

参考リンク:あつまれ どうぶつの森
執筆:P.K.サンジュン
ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch)


Source: ロケットニュース24

【あつ森】「住民が入れ替わらない」の巻 / 第7回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。ニンテンドースイッチ専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』が発売されて2カ月が経過しました。社会現象は言い過ぎかもしれませんが、近年稀に見る大ヒットゲームであることは間違いないでしょう。まだしばらくは “あつ森ブーム” が続きそうな気配です。

さて、発売開始から2週間遅れであつ森民になった私の化身「サンチェル少年」も、変わらずロケッ島(ろけっとう)での生活を満喫しています。ただ、最近はマンネリ気味というのでしょうか? あまり変わり映えのしない毎日が続いており、その一因が「住民が入れ替わらない問題」だと思うのです……。

・交配メインの生活

まずはここ1週間のトピックをご報告しましょう。花の交配に土地を取られ、思うように開発が進まないロケッ島ですが、ユリとコスモスに続き、キク、ヒヤシンス、チューリップの交配が完了しました。新しい色の花が咲いた時の喜びは筆舌に尽くしがたく、最近は「花の交配ゲーム」としての比重が非常に大きいです。

残りはバラ・アネモネ・パンジーの3種類で「青バラ」と「紫アネモネ」が最大の難関となるハズ。島によって咲きにくい花と咲きやすい花があるようですが、ロケッ島は「紫バラ」が咲きにくいんですよね。白バラ同士をびっしり交配させているものの、いまだに4本しか咲いていませんから。青バラへの道は険しそうです。

もう1つ、ロケッ島に移住した直後から空港近くにあった我が家を、思い切ってお引越しさせました。プライベートビーチも捨てがたかったものの、今回は高台をチョイス。いずれまた別の場所に引っ越そうと思っていますが、高台は高台で気に入っています。

・同じことの繰り返し…

さて、冒頭でお伝えした「住民が入れ替わらない問題」とも関連するのですが、サンチェル少年の1日の流れをざっと説明させてください。移住当初は深刻なベル不足に陥っていたものの、現在はカブのおかげでベルの心配はありません。そのうえで、最近はこんな1日を過ごしています。

朝ログイン: 浜辺と住人からレシピ回収。化石の鑑定。
昼ログイン: 住民からレシピの回収(2回目)。タヌキ商店などで買い物。
夜ログイン: 住民からレシピの回収(3回目)。花の整理、木のゆすり、石叩き、花の水やりをして終了。

3歳の娘がいる関係で、サンチェル少年の活動時間は主に深夜。再三お伝えしている花の交配の関係で、これだけでも結構な時間がかかってしまうんですね。開発にまとまった時間が取れるのは週末くらいなので、どうしても同じような1日になってしまいがちなのです。

・新しい住人に会いたい

加えて「住民が入れ替わらない問題」です。みなさんはこれまでどれくらい住人が入れ替わりましたか? この記事を執筆中、まさに明日引っ越そうとしている住人を含め、ロケッ島からは3人が巣立ちました。ロケッ島生活53日目ですから、ざっくり2週間で1人が入れ替わっている計算です。

これが多いのか少ないのかはわかりかねますが、個人的には週1くらいで住人が入れ替わって欲しいところ。仲良くなった住人との別れは切ないものもありますが、それ以上に「次は誰が来るんだろう?」というワクワクの方が個人的には大きいのです。

なので、住人から「引っ越しを考えている」と言われても基本的には引き止めません。だって、あつ森の住人って300匹以上いるらしいじゃないですか? まだ見ぬどうぶつ達との出会いも “あつ森” の魅力であると同時に、マンネリ感を打破してくれる大切な要素だと思うのです。

また、調べてみたところ「時間操作をして住人を追い出す方法」があるらしいのですが、そこまではしたくないんですよね。ごくごく自然にナチュラルに、ロケッ島の住人が入れ替わって欲しいのです。おいでよ、新しいどうぶつたち。ロケッ島で待ってます──。

・ロケッ島の一部

最後に、人様にお見せできる範囲でロケッ島の一部をご紹介しましょう。以前の記事で「博物館」「第1リング」「おみやげ広場」をご覧いただきましたが、今回は「釣り堀」と「住宅街」です。なお、凄腕YouTuberさんたちのレベルではありませんのであしからず。

まず「釣り堀」ですが、島クリエーターでガンガン埋め立てを進めていたところ、池が無くなったことに気付いたんですね。そのまま池を作っても良かったんですが、せっかくなのでちょっとデコレーションを施して「釣り堀」に仕立てあげてみました。釣竿を道具ではなく、飾りとして使用しているのがポイントです。

住民たちの住宅は、9軒ズラリと並べて「住宅街」にしてみました。1つ1つの住宅を作り込むか悩んだのですが、そこまでのテクニックはなく……。また、住宅が並んでいるとレシピの回収が楽でいいんですよね。物干し竿やホースリールを配置して、生活感を演出しています(YouTuberさんの受け売り)。


というわけで、マンネリ気味とは言いつつも、ロケッ島での生活を満喫している今週のサンチェル少年でした。島の評価が☆4のままなので、まずは☆5を目指してコツコツと開発に着手したいと思います。

参考リンク:あつまれ どうぶつの森公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch)


Source: ロケットニュース24

『あつまれ どうぶつの森』 憧れのファッションブランドから美術館まで! 企業・団体コラボのマイデザインまとめ

海の向こうのどこかに、月明かりと数張りのテントしかなかった無人島から、世界中が注目するリゾートアイランドに発展した奇跡の島があるという。アパレル界からは有名なファッションブランドが続々と進出。美術館も作品の貸し出しを申し出ており、ついには東方の伝統的武道もコラボした。

……というわけで、Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』内で使える、企業・団体の公式マイデザインを一挙紹介! なお、利用には「Nintendo Switch Online」への加入(有料)が必要。「エイブルシスターズ」に設置の「マイデザイン・ショーケース」で作者・作品IDを入力するか、スマホ連動機能「タヌポータル」でQRコードを読み込むと使えるぞ!

・ファッションブランド

ブティックで1度は言ってみたいセリフ「この棚、全部」……あるいは天井まで靴でいっぱいになったウォークインクローゼット……筆者は海外ドラマの見過ぎかもしれないが、ファッション好きなら1度は妄想したことがあるかもしれない夢のシチュエーション。「どうぶつの森」ならその夢が実現するぞ。

リアルでは買えそうもないハイブランドも参入。ファンメイドの緻密なマイデザインもたくさんあるが、やはり公式は嬉しい。以下、特別な記述がない限りInstagram内の画像スワイプでIDが表示されるので活用して欲しい。

1:VALENTINO(ヴァレンティノ) ※IDはこちら

2:MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)

3:ANNA SUI(アナ スイ) ※IDはこちら

4:PEARLY GATES(パーリーゲイツ)

5:ADEAM(アディアム)

6:10匣(テンボックス)

7:ACDC RAG

View this post on Instagram

❤Animal Crossing x ACDC RAG❤ . Now as you know, it's a really hard period for everyone. Staying home, can't go to work and do any fun things. So we would like to do something fun with our followers! We believe Animal crossing is one of the best ways to communicate online and connect with you and us. Also we think this is in line with our brand concept "No Borders"! so we decided to share our design clothes on this game! We hope you will be happy with wearing ACDC RAG in Animal Crossing and we will be happy if you enjoy it💛💚💜💙 . The first design is POP CANDY🍬🍭🌈 Kimono : MO-JSB5-TV3N-6H84 T-shirt : MO-BY6W-BQRX-XQSJ Hat : MO-DPQM-NSSF-QTWJ . We are planning to have a fashion show and exhibiton in near future! Now our designer Rimma Doi is working on it. So please wait! (Let us know if you have any requests!!!) . Please share our post and codes if you like our project! . ❤あつまれどうぶつの森でACDC RAGのマイデザインを作っちゃいました!❤ . 今、新型コロナの影響で私たちの生活が苦しくなり、楽しみもどんどん無くなっています。とても大変な時期ですよね。けど何か楽しいことしたい!と思い、どうぶつの森でACDC RAGの洋服をマイデザインしてみました😊 無料でゲットできますので、ぜひIDで検索してみて下さい!そして好きな服を着て、ゲームの中でたくさんお出かけして下さい!💛💚💜💙 . まず最初のデザインはポップキャンディーです🍬🍭🌈 . もし少しでもいいなと思ったらお友達にシェアしていただけると嬉しいです😊 また、あれ作って欲しい!などご要望があればコメントください! . #acdcrag #どうぶつの森 #あつ森 #あつまれどうぶつの森 #マイデザイン #animalcrossing #animalcrossing #nintendo #acnl #animalcrossingpocketcamp #acnhdesigns #animalcrossingnewleaf #pocketcamp #acnhdesign #nintendoswitch #animalcrossingfandom #animalcrossingnewhorizons #animalcrossingcommunity #newleaf #pocketcamper #animals #decora #decorakei #decorafashion #decorakid #kawaiifashion #harajuku #harajukufashion

A post shared by ACDC RAG (@acdcrag_harajuku) on Mar 29, 2020 at 8:19pm PDT

・企業・団体

ファッションブランドではないが、企業・団体提供のコスチュームもいくつか。Xboxファンを公言したり、ラグビーのユニフォームで日本代表になりきったり!

1:Rugby World Cup(ラグビーワールドカップ)公式Twitter[その1][その2]

2:Microsoft(マイクロソフト)公式Twitter

3:Discord(ディスコード)

・美術館&博物館

続いては世界の美術館・博物館から美術品のマイデザイン。いずれもスマホ連動機能「タヌポータル」でQRコードを読み込む。いくつかの美術館では自分で正方形にトリミングできるので、好みの位置を選ぼう。

1:メトロポリタン美術館(アメリカ)

メトロポリタン美術館の場合、まずは「Hokusai」など作者名で作品を探す。出てきた作品のシェアボタンを押すと、おなじみ葉っぱのアイコンが出てくるのでクリック。好きな位置、拡大率でQRコードを作成してスマホ連動機能「タヌポータル」で読み込めば、ゲーム内スマホのマイデザイン「ダウンロード」から呼び出せる!

2:J・ポール・ゲティ美術館(アメリカ)

3:国立故宮博物院(台湾)

4:三菱一号館美術館(日本)

・おまけ「日本相撲協会」

5月24日から15日間、日本相撲協会が「あつまれ大相撲」と題してマイデザインを公開。記事執筆時点ではIDは公開しておらず、「中の人」が作成したと思われるマイデザインをTwitterで参照する形だが、真似することで大相撲の世界を再現できる。今後、ダウンロードできるようになることに期待!

「おとしあなのタネ」を使った相撲ごっこの遊び方も紹介されていたぞ。ユーザーのアレンジも歓迎していて、「#あつまれ大相撲」ハッシュタグつきの投稿も盛り上がってきている。

・広がるファッションの世界

いかがだっただろうか。実は筆者は家具だけでベル的にも収納的にも手一杯で、ファッションまではとても手が回っていなかった。着ぐるみとか制服とか、コスプレ的な衣装ばかり手元に残ってしまっているが、好きなテイストの洋服を集め出したら止まらないような気がする。カラーバリエーションも多彩だし、もしファンメイドのマイデザインを導入したら、まさに無限の世界が広がっていく。どうぞファッションの世界を楽しんで欲しい!

執筆:冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【あつ森】「いらない花が捨てられない」の巻 / 第6回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。私の化身「サンチェル少年」がロケッ島(ろけっとう)に移住してかなりの月日が経ちました。プレイし始めたその日から、最低でも1日2時間はロケッ島で過ごしています。

おかげ様で徐々にではありますが、ほぼ完成したエリアや施設も出てきました。今回はその辺りをお披露目しつつ、あつ森民ならば誰もがぶち当たるであろう「花が捨てられない問題」についてお話させてください。

・交配の日々

まずはざっくりと、ここ1週間のロケッ島の様子をご報告しましょう。花の交配にスペースが取られ、思うように開発が進んでいないことは前回とあまり変わりありません。ただ、7種類の花を同時進行で交配していましたが「コスモス」は無事に全色が咲きました。

近日中に「チューリップとヒヤシンスは何とかなるかなぁ~」といった感じで、アネモネ・パンジー・バラ・キクについてはまだ時間がかかりそうな気配です。Twitterなどで花をもらってもいいんですが、各色3本ずつくらいは自力で何とかしたいところ。というか、みなさん本当に交配がお上手ですよね。

私も攻略サイトを参考にしつつ交配を進めていますが、欲しい色が咲いてくれることはごく稀です。ベストフレンドが水やりをしてくれると交配する確率が上がると知って以来、妻のアカウントで夜な夜な水やりをしていますが、それでも思うようにはいきません。ただ、欲しい色の花が咲いたときは、思わずグッとくるものがあります。

・いらない花だらけ

さて、そうやって交配を進めていくと、どうしても不必要な色の花が増えてきてしまいますよね? そんなとき、みなさんは花をどうしているのでしょうか? 潔く売ってしまうのか、それともフレンドにあげるのか? はたまた、他の使い方があるのでしょうか?

妻も含め2人しかフレンドがいない私は、基本的に花の貰い手がいません。また現在ロケッ島の評価は☆4なんですが、花を処分しすぎると評価が下がってしまいそうで、なかなか売っ払えないんですね。もちろん、頑張って咲いたお花ちゃんたちが忍びない感情もあります。

現在のところ、処分できない花は砂浜に仮置きしてあるんですが、もう1週間もしたら砂浜も埋め尽くされることでしょう。本来は必要ないと思っていたんですが、大きな花壇でも作るしかないのかなー、と思っている今日この頃です。

・空港前のリング完成

さてさてさて、冒頭でもお伝えした通り、ロケッ島でもいくつかではありますが、ほぼ完成した施設(エリア)が出てきました。その1つが空港のすぐ前に設置した「第1リング」です。

サンチェル少年はロケッ島にいくつかのリングを作りたいと思っているのですが、やはり空港の前って大事だと思うんですよね。誰かが遊びにきたとき「この島はこういうコンセプトなんだ!」って打ち出す効果があるというか、看板的な機能を果たすと思うのです。

とはいえ、あくまで予告程度なので、空港前のリングは最小サイズに設計しました。あといくつリングを作れるかわかりませんが、1つくらいはガツンと大規模なリングを作りたいなー、と。ちなみにリングは「あかコーナー」「あおコーナー」「ニュートラルコーナー」の3つの家具を使用しています。

また、マイデザインをダウンロードして「ステージ」も作ってみました。平面ではなく段差があると、それっぽく見えていいのではないでしょうか。加えて、ノームのにんぎょうなどをオーディエンス役として配置し “フェス感” を演出。結構お気に入りのエリアです。

あ、そういえば空港前には「おみやげゾーン」も作りました。交配しないと咲かない色の花や、被ったレシピが置いてあり、ロケッ島に遊びに来たフレンドさんに自由に持って帰ってもらうコーナーですね。ほら、レシピって捨てるのもったいなくないですか? レシピだけは絶対にシェアすべきだと思うのです。まあ、2人しかフレンドいないんですけどね──

というわけで、花の交配をメインに進めつつ、ゆるりとロケッ島の開発を進めているサンチェル少年でした。ええい、俺の知り合いにあつ森やってるヤツはいねえのか! どうぶつ達がいるとはいえ、サンチェル少年は孤独でたまりませんよー!!

参考リンク:あつまれ どうぶつの森公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch)


Source: ロケットニュース24

【6月30日まで受付】「どうぶつの森 amiiboカード」再販決定! 受注生産なら確実に購入できるが注意点も

無人島、発展しているかな? この度『あつまれ どうぶつの森』で使える「どうぶつの森 amiiboカード」の再販が発表された! ゲーム内に好きなどうぶつを呼び出せる便利なアイテムだが、発売が2015〜2016年だったため、新たに入手することが難しくなっていた商品だ。今回は通常販売の他に受注生産も行われ、6月30日までに予約した人は全員が購入できる。

再販されるのは「どうぶつの森 amiiboカード」第1弾、第2弾、第3弾、第4弾(それぞれ全100種類)、そして『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』amiiboカード(全50種類)の5シリーズ。カード総数なんと450枚だ! ただし注意点もあるので十分に考慮して欲しい。

・注文前に確認すべき注意点! 

受注生産の場合、予約さえしてしまえば品切れなどなく確実に入手できる。ただし「10月末日までにお届け」とのことなので、最長の場合は今から5カ月後。すぐに手に入るわけではない。

一方で「全国の販売店には8月までにかけても順次出荷を予定しております」とのことなので、店頭で購入した方が早いケースが考えられる。かつカードは1パック(330円)に3枚のランダム封入。開封するまで中身はわからない。1シリーズ100種類(または50種類)なので、狙って特定のカードを引き当てることは不可能である。カードが増えるにつれ、せっかく買ってもダブりも出てくる。

店頭なら開封して希望のものでなければまた購入というサイクルを回せるのだが、最初に注文数を決めなければならない受注販売ではそれができない。どのシリーズをどれくらい予約するか、どれくらい予算をかけるのか、の判断が難しいところ。

ギリギリまでよく考えて……と言いたいところだが、悩ましいのが「注文受付を中断する場合もございます」との注意コメント。最近の社会情勢を考えると、予期せぬ中断や終了、発売延期などあっても誰も責められない。

また、トレーディング要素の強いアイテムなので、人気キャラクターを手に入れるための買い占めや高額転売などの懸念は消えない。開封してSPマークのついたメインキャラクターが出るとやはり嬉しいし、住民のどうぶつにも人気・不人気があるという。ファン同士の平和的なトレードは楽しいが、競い合ってカードを手に入れるというスローライフゲームとは真逆の現象が起きてしまうのは本末転倒。受注生産が競争を抑制できるかどうかは未知数だ。

・amiiboカードでできること

順番が逆になったが、『あつまれ どうぶつの森』内でのamiiboカードの機能をおさらい。購入を迷っている方は参考にして欲しい。

一見、なんの変哲もない厚紙のカードのようにも見えるが、何やら科学の力でデータが書き込まれていて、描かれたどうぶつをゲーム内に呼び出すことができる!

タッチする場所はRスティック・Rスティックボタンか、プロコントローラーの場合はコントローラー中央部分。

まずはキャンプサイト。通常、キャンプサイトや離島に登場するどうぶつはランダム。好きなどうぶつを呼ぶことはできないのだが、amiiboカードでキャンプサイトに呼ぶ → 勧誘する、というプロセスで住民にすることができる。

ただし、しずえなどゲームの進行に関わるメインキャラクターたちは誘っても丁重に「お断り」されてしまいキャンプに来てくれない。よって住民にもならない。当たり前なんだけど。

もう1つ、パニーの撮影スタジオでamiiboカードを使うと、そのどうぶつを呼び出して記念撮影ができる。この場合はメインキャラクターも呼び出せる。ただし、他のどうぶつのようにお着替えはできないし、「かっぺい」など本作に未登場のキャラクターは呼び出せなかった。今後の登場に期待!

おまけの機能として、1度撮影スタジオで呼び出したキャラクターは「ポスター」が作成され、タヌポートの「たぬきショッピング」で注文することができる。この場合は「かっぺい」など、呼び出せなかったキャラクターもポスターになるぞ!

・予約どうする?

確実に手に入るが先に数を決めなければならない受注販売、品切れのリスクがありつつも購入数を調整できる店頭販売と、一長一短があり判断に迷うところ。十分に店頭に流通するのであれば後者がいいと思うが、私たちは「買えない怖さ」「品薄の怖さ」を経験してしまっている。

もし予約をするなら、信頼のおける友人知人とカードをトレードしながら遊ぶのがもっともいい方法かもしれない。ダブりが出たり、つい店頭で先に買ってしまっても「○○にあげよう」と思うだけでグッと気分が楽になる。じっくり検討してみて欲しい。

参考リンク:任天堂
執筆:冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【3月20日発売】『あつまれ どうぶつの森』に期待したい5つのこと

Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』の発売まで残り1カ月となった。日本中のファンが予約や「あらかじめダウンロード」を済ませ、指折り数えて当日を待っていると思う。かくいう筆者もその1人だ。長かった……ここまで長かった……。

どんなシステム? 登場するどうぶつは? 無人島の開発ってどうやるの? まだまだ明らかになっていない情報も多いが、「こうだったらいいな〜」という要素を勝手に予想して挙げてみる。

1. 無人島サバイバル要素

サバイバルゲーム(エアガンでやるのでなく、ビデオゲームね)が好きなら、「無人島」「作業台」「レシピ」なんていう単語が大好物のはず。

前作『とびだせ どうぶつの森』では「村」とはいえ、すでに商店街があり、鉄道まで走っている近代的な土地に引っ越してきた。もしこれが、何もないところに道をひらき、街灯を置いて、インフラを整備し、行けるところが増える……なんていうシステムだったら、筆者はそれだけで徹夜できる自信がある。

自宅のインテリアをいじるのもハマるけれど、島が少しずつ発展していき、住民が増えて賑やかになっていくのはきっとめちゃくちゃ楽しい。もちろん自分のやったことによってちゃんと変化が起きる、例えば島のビジュアルが変わる、というのは大事な要素なのでぜひ充実させて欲しい。

2. 夜でも遊べるように!

どうぶつの森シリーズの大きな特徴は、現実と連動したゲーム内時間。現実世界が夜ならゲーム内も夜だし、季節も連動している。自分とどうぶつたちの生活がリンクしているようで、大きな没入感が得られるのだけれど、困った点もあった。

『とびだせ』では、筆者は仕事が終わった深夜にゲームを始めたのだが、夜になるとゲーム内でも商店が閉まる。「まめつぶ商店」が閉店したために「あみ」や「つりざお」のような基本装備が手に入らず、リサイクルショップ「R・パーカーズ」が閉まると採集したものも売れなくなり、初日の夜にいきなり「やることがない」状態になったのだ。(ゲームが進むと夜間営業もできるようになるが、そこまで現実時間で数日かかる。)

その他、リアルで翌朝にならないと進行しない、あるいは商品が補充されないなど、時間経過に左右されるイベントも多かった。スキマ時間にやれるスマホゲームと異なり、学校や仕事が終わってから、特定の時間や曜日にしかゲームを起動できない人も多いと思うので、なかなか使いこなすのが難しいシステムだった。

そのため、苦肉の策として本体設定をいじって時間を操作する、という強硬手段も登場したわけだが……誰も本意ではなかっただろう。

楽しさを「足し算」していくのは一向に構わないので、特定の時間にイベントが起きたりするのは筆者としてはOK。そうでなく、特定の時間しか遊べない人が「損する」「つまらなくなる」ような引き算のシステムはやめて欲しい。「夜でもちゃんとプレイできる」システムを熱望!

3. 博物館や図鑑は欲しい!

切手でも昆虫でもモンスターでも、何かをコレクションするってワクワクするよね? どうせ集めるなら、ただリストに載るだけじゃなく、きれいに展示したい!

『とびだせ』のフータの博物館はよかった。魚を寄贈すると水族館のように水槽が賑やかになり、化石を寄贈すると少しずつ骨格標本が出来上がる。欠けているところがあると気になって気になってしょうがない。もうこれだけで、つりやムシとりや化石掘りのモチベーションが上がる! 人の「集めたい」「揃えたい」っていう気持ちを上手く刺激していた。

他ゲームでたまに見かける「まだ持っていないアイテムはシルエットだけ表示」という図鑑システムも筆者は好きだ。完全に見えているとつまらないし、ただの「?」マークだったりすると、リアリティがなくて物欲がわかない。シルエットだけのものが、アイテムゲットでカラーになることで「こういうデザインだったのかー!!」と嬉しくなるシステムがよい。どうぶつの森シリーズは凝ったデザインの家具が多いので、コレクションしたくなる工夫はぜひして欲しい。

4. 『ポケットキャンプ』の長所を取り入れて!

スマホゲームとして登場した『どうぶつの森 ポケットキャンプ』。家庭用ゲーム機とは根本的にビジネスモデルが違うが、グッジョブと思うところもたくさんあった。とりわけスマホゲームが得意とするのは、プレイヤーを離脱させない、つまり飽きさせない工夫だ。

例えば、毎日ログインしたくなるように、次々と発生するイベント。本家がまさしく「スローライフ」であるのに対し、ちょっと忙しすぎるほど「やること」が発生する。作業ゲーになってしまう危険性もはらむけれど、『とびだせ』では筆者は「もう少し忙しくてもいいなぁ」と思う方だったので、季節のイベントがたくさんあるのは歓迎だ。

それに、コンテンツをどんどん増やしていく、というスマホゲームの特徴のおかげで、細かく作り込まれた家具や洋服やオブジェクトが大量に生まれた。条件を満たすとキャラクターのアニメを観られる「エピソード」機能も、どうぶつたちのバックグラウンドを掘り下げていたと思う。スマホゲームの「コンテンツ量」と、家庭用ゲーム機の「自由度」が組み合わさったら最強じゃないだろうか?

もうひとつ『ポケットキャンプ』で進化したなぁと感じたのが、設置したオブジェクトにどうぶつがアクションを起こすこと! 置いたものを「使ってくれる」姿を見るだけで、それまでの苦労が吹っ飛ぶというものだ。『とびだせ』では、公共事業でオブジェクトを置くと画面は賑やかになるが、装飾のような意味合いが強かった。

昨今のゲームのNPC(ノンプレイヤーキャラクター)のAI進化はめざましく、時間や季節ごとに行動が変わったり、プレイヤーの外見や性別や親密度によって会話の内容が多彩に変化することも珍しくない。どうぶつたちが本当にそこに暮らしているような、自然な行動に期待している。

5. しずちゃんはどうなる?

みんなの永遠のアイドルしずえ。パッケージイラストではアロハ姿のしずえが確認できるので、登場することはほぼ確実。前作ではひょんなことから村長に就任したプレイヤーをアシストする秘書として活躍し、「いかにも村役場」な事務服もキュートだったが、今作ではどんな役割で登場するのだろうか。

シリーズでは他にも「エイブルシスターズ」の3姉妹や、ミュージシャンとたけけなど「職業を持っているどうぶつ」が登場する。彼らのようなゲストどうぶつたちとも仲良くなりたい、というのはファンの夢だよね? まめつぶ兄弟と一緒に遊べたりしたらキュン死するかも……。

・新映像も公開予定

以上、勝手に大予想してみたが、んなこと書いたってもうゲームは完成しているって? アップデートでもいいですよ、任天堂さん! 泣いても笑ってもあと1カ月。そろそろカウントダウンを始めよう。

なお、2月20日(木)23時〜Nintendo Directで新映像が公開予定! 約25分間、「無人島生活についてくわしくご紹介します」とのことなので、ここに挙げた疑問にも答えが出るかも? 忘れずチェックしよう!

参考リンク:任天堂
執筆:冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24