【正直レビュー】いきなりステーキの店舗限定弁当『やわらか牛たん重』を “いきステ素人” がいきなり食べてみた結果 → 確かにウマイ。ただし……

「ステーキ食べるならココ!」って感じの社長が印象的な『いきなり!ステーキ』、略して “いきステ”。コスパ系ステーキ店……だと思う。白状すると、私(中澤)はほとんど いきステに行ったことがない。言わば「いきステ素人」だ。

対して、ロケットニュース24には「いきステ通」が結構いる。そんないきステ通の1人がオススメしていた店舗限定弁当『やわらか牛たん重』を素人だけどいきなり食べてみたため、正直に感想をお伝えしたい

・言葉が不器用になるくらいウマイ

まず、この弁当をオススメしていた人物をご紹介しよう。その名も Yoshio。ロケットニュース24の創始者であり、みんなの上司だ。石原軍団で例えるなら渡哲也みたいなものである

『いきなり!ステーキ』ばかり食べているというレベルではないものの、普通に いきステに行っていることはインスタグラムの投稿からも伺い知ることができる。

普段はあまり更新されず、のんびりした内容の多い彼のインスタ投稿。だが、2020年4月27日の更新は、これまでとは一線を画す異常な熱を帯びていた。

「いきなりステーキの牛タン弁当が、チクショーなくらいうめぇじゃねぇか!」

──「チクショーなくらいうめぇ」とは一体どういうことなのか? 言葉の意味は分からないが、圧倒的なテンションだけは伝わってくる。おそらく Yoshio は感動しているのだ。そして、その感動は言葉が不器用になってしまうくらいの勢いだったに違いない。

・グルメな Yoshio

余談だが、Yoshio はグルメである。編集部での昼食も近所のコンビニや松屋などで済ませる者が多い中、1人だけ伊勢丹のデパ地下まで買いに行っていた。

そんな Yoshio の「チクショーなくらいうめぇ」は私ごときには想像がつかない。気になったので Yoshio の言う「牛タン弁当」を調査すべく『いきなり!ステーキ』に向かった。

・牛タン弁当の正体

店頭には弁当の貼り紙。いきステ弁当と言えば、以前の記事で「ステーキ重」をお伝えしているが、新しく「やわらか牛たん重(税別1180円)」という弁当が追加されているではないか。どうやら Yoshio の心を打ったのはコイツのようである。

さっそく、購入し家に持ち帰って開けてみたところ……

ご飯の上に牛タンがズラー

6枚の牛タンが絨毯のように敷き詰められている。さらに、牛タンを箸で持ち上げると米には肉汁が染みていた。食べると、歯に柔らかみを感じるほどの厚み。「やわらか牛たん重」の名前は伊達じゃない。マジで柔らかい

そんな牛タンから染み出す肉の旨みが米と非常にマッチする。ほうほう、確かにめちゃくちゃウマイぞ。こんなにウマイ牛タンはひょっとしたら初めて食べたかもしれない。ただ……

高くね

・正直レビュー

誠に いきステ素人な気がして言いづらいのだけれど、正直言うと弁当で税抜き1180円(テイクアウト値引き込みで税込1140円)は高い気がする。逆に1000円を超えてくるならば、もうちょっとボリューム的にビックリがあって欲しかった

とは言え、これは私が庶民すぎる素人だから気になってしまったことに違いない。そして、そんな素人である私にも分かるくらいウマイことも事実。味で弁当1000円超えを許せるグルメさんは逆に高コスパに感じるかも。

なお、この弁当は店舗限定での販売とのことだが、全国196店舗で取り扱いとかなり手広く販売されている。気になる方はお近くの『いきなり!ステーキ』で販売されているかどうかサイトで詳細を確認してみてくれ。それにしても、うめぇなチクショー!

参照元:いきなり!ステーキ
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【気のせい?】ここ最近で『いきなり! ステーキ』が美味くなってる可能性 / ステーキにおいて「重要なあること」が徹底されるようになった説

最近『いきなり! ステーキ』の「ワイルドステーキ」が美味しくなった……そんな噂をネットで見かける。閉店続きで低迷ぎみなのが明らかな中、社長からの長いメッセージが店頭に貼られて注目を集めてからしばし。最近話を聞かないなと思っていたところでの、美味くなったという噂である。

筆者自身は1年前の2月に初めて行って、微妙な感じだったため、好んで食べに行くことは無いと考えていた。しかし、本当に美味くなっているなら話は別だ。ということでかつて訪れたのと同じ店舗に行ってみたところ……微妙だと感じた原因が改善されていたぞ!

・カットは大事

その改善点とは、単純に肉のカットである。たかがカットと侮ってはならない。もちろん肉の部類やらグレード、熟成方法なども味を左右するが、カットもまたかなり影響力があるのだ。

ご存じの方も多いと思うが、肉質に合わせたサイズに、繊維を分断するようにカットするのがステーキの基本である。もし無駄にぶ厚かったり、繊維に沿ってカットしてしまうと、噛み切るために必要な力は一気に増大。いつまでたっても噛み切れないゴムの塊じみたものができあがるのだ。

初めて『いきなり! ステーキ』に入った時に出てきたステーキは、このカットが微妙だったと記憶している。霜降りでもないのに厚く、繊維の流れへの対応も、ところどころ甘かった。

きっとマニュアルは存在するだろうし、ちゃんとできている店舗もあったとは思う。しかし、少なくとも筆者が最初に入った店舗はパーフェクトではなかったのだ。これが統計などの話であれば、複数の店舗にて何百回もステーキを食べ、クオリティを細かく調べてから判断を下すべきなのだろう。

だが、1人の客がチェーン店に対して抱く評価であれば、最初の1回でNGが出たらそれまでというのはよくある話では? ということで、「微妙だな」という印象でフィニッシュしていた。

ちなみに、繊維に対するカットの仕方でどれほど噛むのに必要な力が変わるのかについては、America’s Test KitchenというYouTubeチャンネルが面白い実験をしている

彼らは繊維に沿ってカットした肉と、繊維を垂直に分断するようにカットした肉を用意。同様の処置を施したのち、CT3 Texture Analyzerという装置を用いて噛むのに必要な力を計測。

繊維に沿ってカットした肉は、繊維を垂直に分断するようにカットした肉よりもおよそ4.5倍の力が必要だった……という結果を出している。詳しくは「Science: How to Slice Steak and Make Cheap Beef Cuts (like Flank Steak) Tender with Only Your Knife」という動画(英語)を見ていただきたい。

・美味くなってた

やや長くなったが、ここまでが前置きである。それでは、およそ1年越しに訪れた『いきなり! ステーキ』のカットがどうなっていたのか。端的に言うと、パーフェクトだった。まず出てきた段階で、横方向に流れる繊維を縦方向にカットしてちゃんと分断しているのがわかる。また、一切れの厚さが前より薄くなっている気がする。

赤身ばかりのステーキは程よく薄くした方がいいと思うので、これはグッドだ。とにかく厚ければいいという人もいるが、赤身に限っては違うと思う。考えてみてほしい。サシ(霜降り的なやつ)の入っていない赤身は、普通に筋肉の塊ではないか。焼いたら収縮して硬くなるものだろう。

前に来たときは、赤身だろうと脂身だろうと、とにかく一切れが厚かった。そのせいで噛みにくさが増していたのが思い出される。次に切り口を見てみると、斜めに繊維が流れるようにカットされており、どこから噛んでも繊維の断面が歯に当たるようになっている

繊維が断ち切られていない面が小さくなるようカットされているおかげだろう。肉が焼かれて収縮する過程で生じる裂け目が、一切れのステーキのほぼ全ての面にできている。この裂け目からソースが浸透し、肉とソースの味が均一になっていて実に美味い

ちゃんと程よい噛み応えがありながら、簡単に噛み潰せる厚さなのも素晴らしい。そして噛み潰せば、繊維同士の結合はあっさりとほぐれて美味い。いやらしく一切れ一切れチェックしながら食べたが、筋切りもされていて抜かりは全く無かった。ステーキ屋として真っ当な仕事である。

肉質については、前に来た時との違いは分からない。ぶっちゃけ肉自体の旨味は、前に食べた時も不満は無かったので。そんなことより、とにかくカットの仕方がめちゃくちゃ良くなっている。

・恐らくは

ここからは筆者の推測だが、『いきなり! ステーキ』の評価が人によって差があり、ある人は絶賛しながらも、またある人は酷評する原因は、理想的なカットが徹底されている店舗で食べたか否か……だったのではなかろうか。

爆発的に人気が出て一気に勢力を拡大したことからも、もともと美味かったはずである。肉質にしても、最初からそれなりに美味いと感じるに十分なものだったのだろう。最初から不味かったら、人気が出るはずは無いので。

しかし成長して店舗を増やしたことで、末端のスタッフの教育や、マニュアルの徹底にほころびが生じたのではなかろうか。そして昨今の低迷による店舗数の縮小で管理がしやすくなったか、あるいはマニュアルを見直して、徹底しやすいように改善したのでは?

その結果、人気が出ていたころのクオリティに戻った……的な。たった1回とはいえ、食通でも何でもない筆者があっさり見限るのに十分なほど微妙だったものが、同じ店舗で全く隙も無くパーフェクトな状態で出てきたのだ。理想的なカットが徹底されるようになった説を主張したい

とはいえ、いくらマニュアルや教育を強化しようがスタッフの真面目さ次第。もしかしたら偶然パーフェクトなスタッフが肉の処理をしている時に訪れただけな可能性はある。

しかしSNSで「美味くなった」という声がちらほらささやかれ始めていることからも、改善が進んでいる可能性は高い気がする。今回食べたクオリティで約2000円なら、たまになら継続的に食べに行くのは全然アリだと思ったぞ! もっと安ければ最高だけどな!

中々に苦戦している『いきなり! ステーキ』だが、全ての店舗でこのクオリティを維持すれば、復活するのも無理ではないだろう。普通に美味かったし、美味ければ客も戻ってくるんじゃないかなと。今後に期待したい。

参照元:YouTube
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【復活レシピ】「いきなり! ステーキ」に足りなかったのはオリーブオイルだったんだ……

肉食いてえ! 衝動はいつもいきなりやって来る。そんな時は「いきなり! ステーキ」だ。ドカンとした厚みのある肉は、いきなり肉を食らうのに最適である。

だがしかし、私(中澤)は思うことがあるのだ。「なんか足りない気がする」と。確かに、いきなり肉を食べたい時には良いのだが、正直1回食べればしばらくはいらない。そんな問題を解決するため、いきなりだがペペロンチーノにしてみた

・レシピ

なぜペペロンチーノなのか? それは私がペペロンチーノを愛しており、これまで様々なものがペペることにより蘇ってきたからだ。きっとペペれば「いきなり! ステーキ」も蘇るに違いない。というわけで、レシピは以下の通りである。

【材料】
・ワイルドステーキ 300g
・ライスM
・唐辛子1つまみ
・オリーブオイル
・ニンニク1欠片
・こんぶだし小さじ1杯

【つくりかた】
1. フライパンを温めオリーブオイルを引く

2. ニンニクを炒める

3. 匂いが立ってきたらワイルドステーキ、ライスM、唐辛子、こんぶだしを投入し混ぜながら炒める

4. 完成!

──コツは、ワイルドステーキの肉汁やつけ添えのコーンも全て入れることだ。そうすることで肉汁とオリーブオイルでつゆができ、米に染み込む。香り立つニンニクの匂いが食欲をそそるぞ。というわけで、食べてみたところ……

いきなりウマイ

ボリューミーな肉の食べごたえはそのままに、肉、オリーブオイル、ニンニク、こんぶだしなどなど、全ての味を吸収した米がめちゃウマイ!! 噛んだ瞬間、材料の旨みが口の中に広がるのだ

そして、そんな旨みがパレードする中、コーンの甘みが口当たりの良さを出し、唐辛子のピリッとした辛さが刺激的な色を添える。仮に肉汁だけで炒めたら、ここまで米と材料の旨みが一体化しなかったに違いない。つまり、このウマさの立役者はいつものあいつ。そう……

「いきなり! ステーキ」に足りなかったのはオリーブオイルだったんだ……

全部自分で食べてしまいたい。このままスプーンを止めたくない。だがしかし、写真を撮ってくれている田代は大のニンニク好きである。そこで、田代にも食べさせてあげたところ……

田代大一朗「これは味のエレクトリカルパレードや!」

──ディズニーランドマニアの田代も毎日食べたいと思うレベルとのこと。バッチリ蘇った「いきなり! ステーキ」。何かが足りないと感じる時や、蘇らせたい時に試してみてくれ。

Report:ペペロン星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【止まらねぇ】いきなりステーキ、今度は「ハンバーグパン」になって登場! 意外とウマそうだけど社長の主張が強すぎるだろ!!

今年になってもっとも世間を騒がせている飲食チェーンと言えば、やはり「いきなり! ステーキ」だろう。当サイトもここ最近、やたらと「いきなり! ステーキ」関連の記事を掲載しており、名実ともに鉄板コンテンツとなりつつある。ステーキだけにね、ってやかましいわ。

さて、連日話題が尽きない「いきなり! ステーキ」だが、今度はなんとハンバーグパンになって登場するらしいぞ。止まんねぇなオイ! とは言え、「いきなり! ステーキ」が監修したハンバーグパン……なかなかどうしてウマそうではないか。

・今度は惣菜パンに

「いきなり! ステーキ」は本日2020年1月29日、「第一パン」と初コラボした新商品『いきなり! ステーキ監修 ハンバーグパン』を2月1日より販売すると発表した。価格はオープン価格で、関東・中部・近畿・四国地区に販売地域が限られるようだ。

どうせならステーキパンを出してくれればよかったのに……という意見もあるかもしれないが、さすがに惣菜パンでステーキは無理でしょう。「いきなり! ステーキ」には『ワイルドハンバーグ』というメニューもあるので、この件に関しては十分セーフと言える。

・あの味を再現

「いきなり! ステーキ」……もう面倒なので「いきステ」と呼ぶぞ。「いきステ」と「第一パン」との共同開発によって生まれたこのハンバーグパンは、ニンニクとオニオンを効かせた「いきステ」らしいパンチの効いた味わいになっているそうだ。

パンに使用したソースは両社で試作・改良を重ねた自信作となっており、「いきステ」のステーキソースとハンバーグを見事に再現しているんだとか。ハンバーグとソースを包み、パン粉をトッピングして焼き上げているらしいぞ。うんうん、普通にウマそうである。ただ……。

・喝

これは割と序盤から気になっていたことだが、パッケージに写ってる一瀬社長の主張強すぎるだろッ! 一番目立っとるやないか!! 扱いの大きさが社長 → パン → ハンバーグの順になってるけど、そこはパン or ハンバーグ → 社長でしょうよ! 出たがりか!!

まあ、店頭でめっちゃ目立ちそうなことを考えれば、ある意味これが正解なのかもしれない。さすが社長、やりおるで……。とりあえずコンビニで見かけたら買ってみるつもりだ。ここまで主張したからには期待しているぞ、社長。

参照元:いきなり! ステーキ
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24

【意味不明】いきなりステーキさん、ガシャポンになる意思を固めてしまう / 本物のステーキを3Dスキャンするという謎のこだわり

ステーキチェーンとしてはおそらく日本でトップクラスの知名度を誇る「いきなり! ステーキ」。ところが最近は業績低迷を報じられたりと、なかなか苦戦しているご様子。今後が心配なファンも多いのではないか。

個人的にはぜひとも頑張ってもらいたいので、新たなサービスの創出・改善など打開策を期待したいところだ。しかし、何を思ったか「いきなり! ステーキ」さん、ガシャポンになる意思を固めたようである。なんでやねん。

・いきなりガシャポン

「いきなり! ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは本日2019年11月8日、バンダイとの初のコラボ商品、ガシャポン『いきなり! ミニチュアマスコット(税込300円)』の発売を発表した。そう、あのガシャポンである。

・主役はステーキ

商品ラインナップは「いきなり! ステーキ」の人気メニューにシークレットを含めた全5種。つまりステーキをガシャポン可しちゃったってわけ。『ワイルドステーキ300g』『ヒレステーキ400g』『リブロースステーキ400g』とマジでステーキなのだ。

・謎のこだわり

いや、ステーキなんて見た目ぜんぶ一緒じゃん! と思うかもしれない。しかし「いきなり! ステーキ」側は肉のディテールに謎のこだわりを見せており、リアルを追及するため、本物のステーキを実際のグラム数で3Dスキャンするなど無駄に気合いが入っている。

一瀬社長による完全監修と聞いた時は「他にやることあんだろ」と素直に思ったものだが、その結果、細部まで忠実に肉の繊維が造形され、脂たっぷりの赤身も見事に再現。ミニサイズながら、ステーキならではの “しずる感” が伝わる仕上がりとなった。

まあ、いるかいらないか聞かれたら微妙なところではあるが、前を歩いている人のリュックにステーキのミニチュアがぶら下がっていたらちょっと笑うのも事実。話のネタにガチャってみるのもアリかもしれない。

・いきなりファンはぜひ

『いきなり!ミニチュアマスコット』は2019年11月11日より「いきなり! ステーキ」の直営30店舗にて順次販売予定だ(全国の玩具売場、量販店、家電店などに設置されたカプセル自販機では11月第2週より順次発売)。絶対欲しい! という殊勝な方は要チェックである。

参照元:ガシャポンワールド
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24

【待望】松屋の最強ステーキ業態「ステーキ屋松」2号店が東京・下北沢に本日オープン! 店舗拡大で「いきなりステーキ」をぶっ壊しにかかる!!

あなたは覚えているだろうか? 今から約半年前、東京・三鷹にオープンした松屋の新業態「ステーキ屋松」の衝撃を。私(あひるねこ)も開店初日に現場へ駆け付けたが、圧倒的なまでの味とコスパには驚かされたものだ。ありゃスゲぇぞ……。

ただ、三鷹という少々行きにくい立地は人を選んだのも事実。指をくわえて見ているだけの松屋ファンも多かったのではないか? 今回はそんなあなたに朗報である! 「ステーキ屋松」の2号店が、東京・下北沢にオープンしたのだ!! 悪いことは言わん、今すぐ行け。

・待望の2号店

本日2019年10月1日、下北沢にオープンした「ステーキ屋松」2号店。前日行われたプレオープンに参加してきたので、その模様をお伝えしたい。小田急線下北沢駅から歩くこと約5分。建物の2階に上がった私を、松屋が誇る最強ステーキ店が出迎えてくれた。

松屋らしく先に食券を購入してから中に入る。料金は一部メニューを除き、基本的に三鷹店とほぼ同じと思っていいだろう。おそらく客のほとんどが注文するはずの『松ステーキ 200g』は税込1000円だ。もちろんサラダバー・スープバーがセットになっているぞ。

・サラダ&スープはセルフ

このダブルバーが相変わらず充実しており、サラダは生野菜の他にコーンやポテサラが用意されている。スープ用にワカメが置いてあるのも嬉しいね。このバーだけでもだいぶ戦えるのは言うまでもない。

・最強ステーキ

ただね、やはり主役は肉なんですわ。牛の肩甲骨付近の部位であるミスジを使った『松ステーキ』……。私も対面するのは半年ぶりだ。紙エプロンを身に着け待っていると、ジュージューといい声で鳴きながら溶岩石に乗せられたステーキが到着! キタキタァァァァァアアア!!

諸君、これが松屋が誇る……

『松ステーキ』だッッ!

200gとは言え、まさに肉の塊的ルックスのミスジステーキは迫力満点。ほとばしる熱気とともに、「ワテ、肉やで!」という熱いドヤ感がひしひしと伝わってくるではないか。そこにナイフを……刺す!

・すべてお好みで

見た目以上に柔らかい肉質の『松ステーキ』だが、中はかなりレアな状態だ。ここからは肉を溶岩石に押し当て、自身の好みの焼き加減に調節していこう。

調味料は各種ソースに塩・胡椒、醤油にわさび、おろしにんにくなど何でも揃っている。つまり焼き加減、味付けは客側がすべてコントロールするわけだ。各自、いろいろ試しながら食べ進めていってほしい。で、肝心の肉だけど、これがやっぱりウマいんだよなぁ。

・絶妙なコスパ

肉っぽいゴツっとした食感ながらも肉自体は柔らかく、なのに脂身がとことん少ないのが『松ステーキ』の特徴である。三鷹店の時も思ったが、これでピッタリ1000円というのが極めて絶妙だ。1000円の割にはちょっとだけ上質で、ちょっとだけ高級。よって客の満足度はすこぶる高い。上手い。

・ぶっ壊す

もうね、ぶっ壊しにかかっていますよ。いきなりステーキを。笑顔で握り拳を作りながら「いきなりステーキをぶっ壊す!」と言っている姿しか見えないではないか。怖えーよ、マジでやりそうだよ。

・拡大予定?

というのも、松屋の広報によると「ステーキ屋松」は、今後さらに店舗を増やす可能性があるようなのだ。新宿や渋谷のような都心、そして東京以外の県への出店も十分あり得るとのこと。もちろん詳細はまだ未定だが、なんとも期待が膨らむ話である。

・頑張れ

しかし、そうなると本気で いきなりステーキのことが心配になってしまうな。それくらい「ステーキ屋松」は圧倒的なのだ。心配なので、とりあえずエールを送っておこう。頑張れいきなりステーキ! 負けるないきなりステーキ! みんな、いきなりステーキを応援しよう!!

– 完 –

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ステーキ屋松 下北沢店
住所 東京都世田谷区北沢2-14-2 ジョー3ビル 2F
時間 11:00〜22:00
休日 なし

参考リンク:松屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24